« 生垣 | トップページ | お仕事 »

2012年3月 2日 (金)

不安

3月3日、4日にCHILLスノーボードイベントが開催されます

詳しくはコチラ 

2012jan12chill2466x657

2日間の日程で開催されます

私は3月3日に仕事が入っているので、4日の1日間だけでもお手伝いが許されるのならば伺いますと、加藤校長にお伝えしていました

私が日程にこだわるのには理由があります

(このイベントは一泊二日で行われるのです

2日間の日程であるのに、後半1日しか参加しないということは・・

 ①前半1日で子供たちとスタッフの信頼関係が構築されているところに割り込むことになる

 ②私自身が前日の様子を見ていないので、イベント(レッスン)の内容(流れ)を理解しにくい

 ③子供の技術を確認するところからイベント(レッスン)を始めなければならない

子供にとっては急に「変なオジさんが増えた」といった感覚でしょうか

逆に前半1日だけの参加というのも問題があります

 ①信頼をおける大人が帰ってしまうと「見捨てられたという感覚」が少なからず生まれる

 ②大人がイベント(レッスン)の引き継ぎをいくらうまく行なっても、子供は新しく来た大人が自分を理解できるはずはないと壁を作ってしまう

 ③前日の大人の方が良かった など比較してしまう。(思い出は美化されるものデス

いろいろ考えると、1日だけの参加は控えるのが正しいように思えてきました

そうこうしていると、加藤校長から連絡が

「どーもー 晴天さん、お疲れ様デース

やはりパワフルです

早速、加藤校長に今までの私の考えを伝えてみると

「全然OKです」だって

その自信はドコカラ生マレルノ? これが経験というものでしょうか

続けて、当日のスケジュールは郵送されることを確認しました

「あとは・・・」

加藤校長の話が続きます

その話を聞いて晴天は急に不安になるのでした

「班分けは5人から6人です

「各班にバートンのスタッフが2人くらい付きます

「あっ、バートンのスタッフはデモンストレーションとかは無理です社員なだけなので

「スタッフは靴ひもの結びとか、ビンディングの取り外しを担当します

「2日目は多分子供たちも滑れると思うので、晴天さんのいいようにリフトを使って滑ってください

「お菓子や水分はスタッフが持っていますので、適宜よろしくお願いします

おや??

いくらなんでも私が1班を持つことはないでしょう(不安いっぱい)

ボランティアが他にもいることを願います

« 生垣 | トップページ | お仕事 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

ありがとー!
どうなるかわかりませんが、できることを頑張ってきます

んまぁ、不安いっぱいでしょうけど
晴天さんなら大丈夫じゃない?

子供って意外と順応が早く、知らないおじさんが登場しても
一発目で「○○ジャー」や「仮面ライダー」的にチョーかっこ良く滑って見せたら
もうヒーロー
そこに晴天さんのやさしさと、面白さが加われば完璧と思います。

なんて、無責任コメント ごめんの~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不安:

« 生垣 | トップページ | お仕事 »

日にち

  • イチゴdeカウントダウンブログパーツ

マイワークアウト

Strava

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ