« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月29日 (木)

残念だネー

来年開催される日本静脈経腸栄養学会から採択の返事が来ました。

2013jspen


ポスターで採択されました。
時間は発表3分、質疑2分
超短いっ
久しぶりに口演をやりたかった
次回は内容をグレードアップしなければいけませんね
全国がダメなら、東北学会で口演を目指しましょうか
そんなことでPP作成中

Nec_1549

2012年11月27日 (火)

マッチョに首ったけ

研修最終日

朝ごはんは和食です

Nec_1545

1日目の食事とどこが違うのか? わかったあなたはかなりの「さぬき倶楽部」通です

早めの朝食を食べてスタンバイはOK
実習のためシューズやウェアを持参します
かなりの荷物を持って会場に移動です
本日の会場はこちら

Nec_1547

かなり大きな建物です

研究施設が入っているのかな

今日は3つの実習があります

①自転車エルゴメーター

②マスターダブルツーステップ / ホルター

③トレッドミル

いづれも運動負荷試験です

約100名ずつ、3班に分かれます

この試験には被験者が必要だそうです

被験者はどの試験も上半身裸 100名の前で裸姿で運動を行います

Images

         (イメージ)

心電図、血圧、脈拍が大スクリーンに映し出されるので、緊張度合いがバレバレです

講師が被験者を探し始めます

やっぱり、公衆の面前で裸姿をさらすことは誰だって嫌なんです

「誰か、被験者をやってもらえませんか?」

講師の声がシーンとした会場に響きます

「・・はい

晴天の登場です

私は水泳、自転車、ランを繰り広げるトライアスリートです

東京に来て若干飲みすぎではありますが、38歳の体にしてはまずまずと自負しています

顔色一つ変えずに前方に歩みだします 

ジャージに手をかけ、前のステージに到着する頃にはTシャツも脱ぎ終わっています

どこからか「すげぇbody」という声が聞こえてくるではありませんか

講師から心電図を取り付けられ、前方のスクリーンに映し出される波形を見ると大きな乱れはありません 

「おおぉ~」 会場から大きな歓声が上がります

脈拍は70台をキープしています 100人の目があっても緊張はしません

8つに割れた腹筋、水泳で鍛えた広背筋、自転車で培った背腹筋・ヒラメ筋が嬉しそうです

「3・2・1・GO

講師の掛け声とともに走り始めます

息切れ一つしない、笑顔満点で走り続ける晴天に会場の女子はメロメロです

大スクリーンに映し出される心電図は少しの乱れもありません

講師が慌てて話しかけます

「晴天さん? 運動は毎日どのくらいやってるの? オリンピック選手レベルだよ」・・と。

「週に2~3回ですよ。量より質でしょうかね。」

私の会話に会場は「おおぉぉ~」と大きな歓声に揺れます

15分の試験を終えて席に戻る私を、みんなが熱い視線で見守ります

「継続は力なり。・・だね

私の一言にこれだけ説得力があるのは、後にも先にもこれが最後かもしれません

会場のみんなが立ち上がり、私を向いて大きな拍手をしています

「ありがとう  講師の先生が困っているじゃないか。さぁ、講義を始めよう

私の一言で講義は再開されたのでした。

・・・そんな妄想を膨らませつつ、絶対俺に当たるなっ 頼むっ と後ろの席で祈っている晴天がいました

横3段に割れた腹筋?をグイっとつまみ、心拍数を150くらいに上げながら

この時ほど自分の食生活を後悔したことはありません

「明日から頑張るから!神様お願い!」 結局は神頼みである

思いが通じたのか被験者は見事パス いがったよー

しかし、被験者になったみなさんの体は凄かった

体脂肪5%は切っているんじゃないのかな? 思わず惚れ惚れ

いろいろありましたが、3日間の研修も無事に終わりました

最終の試験は少し早めに終わったようです

現在の時刻16:10 ここからの最寄駅 ⇒ 田町駅 

目標 ⇒ 東京駅発16:32発 MAXとき

迷っている暇はない いけ いけ いけぇぇ~

ジャージ姿のまま会場を後にします

ダッシュのスピードは今年一番のはずです

田町駅から山手線に乗り込みます

ダッシュしたため異様に汗をかいています

みんながこちらを見ています でも気にしません 勝負はこれからです

東京駅に到着すると時計は16:30でした

「がんばれ 俺

この電車に間に合えば、2時間早く地元に帰れます

東京駅の人ごみを大きな荷物を抱えて走り抜けます

その様は一昔前の恋愛ドラマの織田裕二 氏を連想させる熱いものでした

(ぶつかったみなさん、本当にスミマセンでした

なんとか、なんとか飛び乗ることができました

しかし、超混んでる 乗車率170はいってると思われます

3連休。そりゃ指定席も取れないわな・・

しかし、ミラクル的に席をGet いがったぁ~

額から流れる汗を拭きまくります

少し落ち着いたので読書タイム

Nec_1548

前作が面白かったので買ってしまいました

これを読む前に、前作を読むことをお薦めします

かなり面白いです。コレ

余裕をかまして読みふけっていると新潟に到着

「さて。」と乗り継ぎの改札口に行くと驚愕の事実が

ほとんどの人が乗り継ぎ口に集中しているではありませんか il||li _| ̄|○ il||li 

はい。立ち乗り決定

結局、余目まで立っていました

「これでいいんだ。神様がお腹のお肉を減らすために仕組んだミッションなんだ。」

立位 2METs(メッツ)

時間 2時間

私の体重80kg

⇒消費カロリー 

2(メッツ)×2(時間)=4(エクササイズ)

4(エクササイズ)×80(体重)×1.05=336(kcal)

 研修で習った公式が大活躍

 3日間が無駄ではなかったとホッとしました

twin tower

今日の朝食はうどんです

宿名が「さぬき」倶楽部というからには期待が持てます

食券を出して待つこと数分

Nec_1532

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! ビジュアルは完璧です

脇のご飯は想定の範囲内です

もう、何があっても驚きません

「いっただきまーす

・・・明日は和食にしよう。

本日も会場は同じです

Nec_1521_2

3日目の実技に備えた座学です

講師は著明な教授が名を連ねています

「一体、講師料ってなんぼやねん」と心配になるほどです

多分、各講師の個人研修ならば1コマ数万円は下らないはずです すげー

黙々と講義を受けていると、最終コマが空くという情報をキャッチ

「ギロッポンで迷子 part2」を実行しようとしましたが、アホくさっってことで却下

池袋に行こうかなぁ~と思いましたが、電車で30分くらいかかるようです

(池袋には奥さんが大好きな服屋さんがあるんです

いろいろ考えていると、今の私の原点を作り出した先輩が近くに住んでいることを思い出しました

早速連絡します

「もしもーし。これからご飯でもどうでしょ?

数年ぶりに会うとは思えない切り出しです

まさか会えるとは思っていないので適当でいいんです

すると思わぬ展開が

「おーー久しぶりっ 迎えに行くか? 最寄駅に来れるか? 我が家に来ればいい

さすがというか、なんというか、フットワークの軽さは衰えていません

急な連絡だったので、お宅訪問は次回にします

さっそく最寄駅に移動して合流

Nec_1534

OH エビスBARです

先輩のSatoruさんです

Nec_1535a

私が20代のころ、スノーボード店で出会ってからいろいろ面倒を見てもらいました

スノーボードやウェイクボード、水上スキーはSatoruさんがいなければ始めていなかったかもしれません

水上スキーの特訓で山中湖へ一緒に行ったこともあります

そして、飲みにも随分連れて行ってもらいました

私は10歳以上離れている後輩をSatoruさんのように可愛がることができるかなぁ・・と考えることもしばしばありました

本当に先輩の鏡のような人です

このお店の料理はつまみ系が中心ですが、結構おいしいです

Nec_1536

昔話やお互いの近況を話していると・・

地震です

Nec_1537a

Satoruさんも固まっています

震度4のようです 幸い耐震構造の建物にいたので混乱することもありませんでした

たくさん料理も食べてお腹いっぱいです

さて、帰ろうかなぁ~ と考えていると、

「ラーメン食べないの? 美味しいと評判のお店があるんだけど

だって

そういうことは最初に言ってください

美味しいと言われれば無視はできません ぶらぶら歩いてお店へGO

Nec_1538a

かづ屋さんです

Nec_1539

麺は細麺、スープは魚介系かな

つるつるした麺は美味しかったです

まぁ、地元のラーメンにはかないませんけどネ

たくさんご馳走になりました Satoruさんありがとうございます

今度は奥さんと一緒に来ることを約束して宿に帰ります

Nec_1540

(メ・ん・)? 先ほどの地震でダイヤが乱れています

地下鉄に乗るか迷いましたが、宿まではかなり距離があるので乗車

無事に宿に到着です

明日の朝食は、もちろん・・

Nec_1543

和食です

明日は研修最終日 実習です

どうなることやら

2012年11月26日 (月)

赤坂デビュー

研修会初日 3日間の研修が始まります
まずは朝食をいただきます
今回の宿は、和食、うどん、洋食が選べます
初日は和食をチョイス

Nec_1520

美味しそうですねぇ~ ちなみにお値段は840円

決して安くはないと思うのですが

まぁ、東京だしね

お腹いっぱいです
さぁ、行きますか

私もとうとう赤坂デビューです

今回の研修会会場はこちら

Nec_1521

入場の際に受講票を提示します

警備が厳重ですねー(普通か?)

会場は300席くらい準備されています

Nec_1522

研修中は写真を撮るどころではありませんでした

運動負荷試験や病理学、解剖学が入り乱れて頭がパンパンです

あっ。私は運動指導士の研修に来ています

Nec_1533

研修終了後に頭と体のクールダウンを兼ねて歩いて宿に向かいます

Nec_1523

少し遠回りして「ギロッポン」経由で帰ります

Nec_1524

東京タワーが真正面です

イエーイ 田舎もん丸出しさぁ~

その直後、携帯の電池が激減 ピーンチ

・・・携帯ナビ、使用不可

当然、

迷いました。

20分くらいで帰れるところを、1時間以上さ迷いました

もうクタクタです

でもお腹は空くんです

またしても・・

Nec_1528

コンビニ飯

誰ですか? 管○栄養士だろ?なんて言ってるのは

私は机上派ではなく実践派です(たぶん)

「体は食べたもので出来ているんだぁ~」

そんなことで、何事も実践するんです

今回は「不摂生な生活 アルコール漬けver.」です

いいんです、コレで

明日の朝食は「うどん」を選びました

Nec_1531

840円のうどん定食はいかに

乞うご期待

研修会(TYO)

徹夜明けからの研修会です

日光が眩しいぜ

Nec_1503

駅は閑散としています

奥さんに見送られて、イザっTYO

Nec_1504

のんびりした時間が流れますぅぅ~

Nec_1505

ささっと乗り換えして

Nec_1506

読書

Nec_1509

ほほーっ サプリメントですね

Nec_1508

日々研究が進んでいますので情報収集はかかせませんね

その次は・・

Nec_1544

ふと目に止まった本です

疲れた心に沁みますねぇ~ 損のない本でした

列車の雑誌を手に取ってビックリ

Nec_1510

ここにも栄養補助食品の広告がっ

時代は変わってきているなぁと実感します

東京に到着して宿に向かいます

今回は研修会場の関係もあり、麻布に宿をとりました

携帯ナビを頼りに進みます

Nec_1511

東京タワーが綺麗に見えますね

さらに奥に進むようです

Nec_1512

マジで?

民家しかないんですけど

歩くこと数分。

本日の宿とご対面です

Nec_1513

怪しい・・

Nec_1514

非常に怪しい・・

なぜ「さぬき」か?

Nec_1527

こういうことね

カードで支払いを終えてキーを受け取ろうとすると、

「禁煙室のご希望でしたが、あいにく満室のため喫煙室となっております。」だって

支払いが済んでから言うあたり、計算されていますねぇ~

私もあいにく足が棒のようなので、「・・・そうですか。」と短い返事をして終了

今回も波乱の幕開けとなりました

お部屋は

Nec_1515

洗面所、風呂は共同のようです

値段重視で選んだらこんな感じになりました

良い子のみんなはちゃんと説明を見ようね

お風呂があるようなので見に行きましょう

Nec_1516

もう大丈夫 想定の範囲内です

(写真写りがめちゃくちゃいいです

そのまま今日の夕食を食べに出かけます

東京ってお店がいっぱいあるけれど、美味しいものに当たったためしがないんですよね

そんなことで、お約束の・・

Nec_1518

コンビニおでんです

結構旨いもんねぇ~

食事をしながら部屋を眺めていると、これまた昭和の風が吹きまくっています

Nec_1519

消灯台。(ラジオ搭載の最新型 しかし、音は鳴らず

・・・おやすみなさい

2012年11月22日 (木)

正月以来の・・

哲也です

間違えました 徹夜です

Nec_1502

そろそろ明るくなります

出張の連発でどうにも仕事が進みません

Nec_1500

とりあえず、ギリ完成

次は出張の準備に取り掛かります

眠いよー

家に帰ろう

朝食をもりもりいただきエネルギー充電

Nec_1463

早めに宿を出発します

帰りになると晴れるのね

Nec_1466

街は来週に控えたマラソン大会を待ち望んでいるようです

Nec_1465

帰りはベイライナーという船に乗って関西空港を目指します

Nec_1479

「うみ」ってベタベタじゃん

船内は広々

Nec_1474

海を走るのは気持ちがいいです

Nec_1476

関西空港に到着

Nec_1480

国際空港なので海外旅行に行く人たちが目立ちます

Nec_1482

なんだかウキウキしてしまいます

さて、少し時間があるのでお昼にしましょう

何にしようかなぁ~

Nec_1489

やっぱり?

Nec_1483

ラーメンでしたー

大盛りのネギ

Nec_1484

inします

Nec_1485

やっぱり細麺です。

スープは鶏がらととんこつかな

あっさり風だけどパンチがあります

でも、地元のラーメンには敵わないねー

羽田に向かう飛行機はblack bodyの憎いやつでした

Nec_1491

羽田もChristmasモードだね

Nec_1494

時間つぶしに本を購入

Nec_1492

まずまず笑えます 実践したら怒られます。間違いなく

地元に向かう飛行機は満席のようです

Nec_1496

お家までもう一息

早く帰りたい

Nec_1498

空港に到着すると奥さんが迎えに来てくれていました

いつも私のことを優先してくれます

本当に感謝です

お土産話、たくさんあるからねぇ~

研修2日目

今日が本当のミッションである。

研修会開始は8時40分

研修会会場は昨日の会場(三宮駅周辺)から50Km以上離れている郊外である

無論、歩ける距離ではない

電車を乗り継ぎ会場に向かいます

朝5時30分に起きて駅へ

Nec_1405

真っ暗

駅に人の姿はナシ

Nec_1406

迷うことを想定して時間はたっぷり余裕があります

Nec_1407

乗り継ぎ

Nec_1409

乗り継ぎ

最寄駅に到着です

Nec_1410

誰もいない。バスもない。

少し待っていると、わが班のリーダーがやってきました

時間もあるので会場までの10㎞を歩くことにしました

歩きながら1日目のおっちゃんとの出来事を話しました

「いきなり血液型を聞かれてびっくりしました

そういったら

「あー、関西人が初対面の人に話しかける定番やな

・・・そうなんですか。

「あと、おいしいラーメン屋さんと神戸牛のお店も教えてもらいました

なぜか、おっちゃんのことをフォローしようとしている私

「店の名前、なんて?」

「ん~。もっこすラーメンとバッファローハンター ここに行っとけば間違いないっていってた

リーダーが目を細めて遠くを見ているのを私は見逃さなかった

これは憶測だが、東北人を傷つけない最善の言葉を探しているようだった

「どっちも学生レベルやで 安くたくさん食う店や バッファローはOG(ビーフ)やで

意外とストレートな回答に東北人のガラスのハートは崩壊

「おっちゃん、マジか。」目を細めて遠くを見る私・・。

その先には、今日の研修会場があった

Nec_1411

ここは震災に関わる体験ができる施設だそうです

でも、まずは座学です

Nec_1412

その後、周辺の施設を見学します

大きな競技場の観覧席の下は災害時の物資倉庫になっているそうです

Nec_1418

Nec_1419

さまざまな物資が収納されています

しかし、広い

Nec_1421

トイレも準備してありました

Nec_1425

ボートに

Nec_1427

カッターまで

Nec_1429

外の競技場では子供たちがラグビーの試合を行っていました

Nec_1434

その後、地震体験を行ったのですが間違いなく「死ぬ」と思いました。

日ごろの備えは万全にしなくてはいけませんね

Nec_1449

無事に研修も終わり修了証をいただきました

Nec_1499a

リーダーってことは、今度は研修会を主催する側になるのかな

さて、「もっこすラーメン」でもいただきましょうか

電車を乗り継ぎ総本店に到着です

Nec_1456

お店の外観

Nec_1454

閑静な住宅街にあるお店でした

人通りはまばらですが、店内は混んでいます

普通に中華そばを注文

Nec_1455

とんこつベースですが意外とあっさり

麺は細麺です。

やっぱり地元のラーメンには敵いません

つくづく地元はいいなぁ~と思ってしまいます。

三宮駅前はChristmasモード全開です

Nec_1458

明日は元気に帰るぞー

・・・続く

2012年11月20日 (火)

研修1日目

20121116a

右側がみどりくんである。

一軒目から徒歩数分のスナックに入って、カラオケを歌ったようである

私が歌うと店内は大きな笑いに包まれた

たぶん、すごく上手だったからだと思う。

・・・たぶん。

一番鳥で会ったおっちゃんは社長って言ってた

若者は三宮でガールズバーを4件経営しているって言ってた

・・・。夢だ。間違いない

研修初日なのになんてこった 少し、少しだけ頭が痛い ・・・辛い

寝不足の体を気力で起こし、朝食を食べます

Nec_1392

待てよ? 夜、電話が来たような・・

若者が「みどりさんの金をお店に置いておくから、また夜に寄ってよ」って言っていたような・・

携帯には若者からの着信歴が残っている。

謎だ

あっ。そういえば、おっちゃんが電話番号交換しようって騒いでいた

「みどりくんも」って言われてた

・・・繋がった

前日に読んだ本の影響で、すっかり気分は探偵である

支払ったお金をお店に預けてあるって、そんなことあるわけないでしょ

若者よ。10歳も年上の人間を騙そうなんて、そうは問屋が卸さないのである

いろいろな事を考えながら出発準備を始めます

今日は三宮駅からほど近い大学が会場です

Nec_1393

神戸の街って、海と山から挟まれているのね

すごく山が近い

Nec_1394

私が神戸に来た目的はこれです

Nec_1395

災害支援を行う栄養士のリーダー研修会です

Nec_1397

初日は座学と聞いております

睡魔と格闘し、午前の部が終了

ふと見ると、スタッフがカロリーメイトを配っています

私も2本入りのものをいただきました

弁当はまだかなぁ~と待っていると、スタッフが

「今日のお昼はコレです

と言って、カロリーメイトを指さしているではありませんか

猛烈な殺意をむき出しにしていると、雰囲気を感じ取ったのか

「・・・冗談です」だって。 おんどりゃぁ~ 許さへんでぇ~

無事に弁当をGetしてお腹を満たします

Nec_1398

フェイントをかけられた分、弁当がおいしい

「それでは会場を移動しまーす

スタッフが班分けをしたリーダーに次の会場の地図を渡しています

私は8班。

この研修は災害時を想定して、不慣れな土地でもあらゆる手段を使って目的地にたどり着くことも組み込まれています

これを「ミッション」と呼んでいました まだまだいろいろなミッションがあるようです

でも、うちの班のリーダーは地元の人間だし。意味ないじゃん

まあ、細かいことは置いておいてドラクエのように連なって目的地を目指します

歩くこと20分

会場に到着し、今度は震災を想定したシュミレーションを行います

Nec_1399

考えられた震災を元に、資材の確保や救護の方法、インフラ整備をシュミレーションします

これって、意味あるのかなぁ~。 そう思ったのは私だけじゃないはずです

でも、いろいろな意見が出て少しだけ勉強になりました

時間は19時を過ぎようとしています

またスタッフが「ミッション」を発表しています

懇親会の会場が発表されたようです

だ・か・ら、リーダーは地元の人間だってばぁー

近道を通って会場に到着です

Nec_1401

お酒を飲んで楽しんでいると、また「ミッション」が発動されました

「なんでやねん

推理クイズをみんな一生懸命やっていました

もちろん、私も

早く帰って寝たいよぉ~

と思っていると携帯が鳴りました

登録していない番号です

無視しようと思いましたが昨日のこともあるので出てみました

「・・・はい?」

「リンです。」

私に中国人の知り合いは居ないのである

電話を切ろうとすると

「みどりくん?リンです。」と電話口から聞こえます

あっ リン→凛です。 昨日2次会で行ったお店です。

話を聞くと、昨日のお金を預かっているからお店に寄ってほしい

支払いはおっちゃんが全て行ったと・・。

私の番号は若者がメモを残して行ったのだと。

明日、電話してほしいと言い残して

マジ?

怪しい。非常に怪しいのである。

「今日は用事があるので明日寄ります。」

そう言って寄り道せずにホテルに帰ったのである。

おやすみなさい

・・・続く

東北人だもの

「いらっしゃーい

ビールくださぁ~い
私はビールが大好きです
一番鳥は男マスターが一人で切り盛りする焼き鳥屋でした
店内には4人の常連らしき人たちがいます
妙に楽しそうです
完全なアウェー状態です
退出するわけにもいかないので、一番離れた席に座ります
「はい、どーぞ
今日一日おつかれさん頑張ったぞ、俺
運ばれたビールに口をつけようとした瞬間、大きな声が店内を包みました
「みどりくん 君は血液型、なんやねん
大きな声に驚いて常連サイドを見ると、皆こっちを見ています
状況を把握するのに時間はかかりませんでした
みどり色の服を着ている自分が、今、一番鳥で噂の「みどりくん」だということに・・ 
「・・・A型、、です。」
ビビリながら答えると、スーツ姿のおっちゃんがまた大きな声で、
「俺B型。隣はO型。そんで隣がA型。しまいがB型。 はい、みどりくん。もういっぺん言うてみて
「えぇ~っと、B、O、A、B
「ほんじゃ、マスターは?
「ん~、A
「ところで、みどりくんは何でここにおるんや?」
マスターの血液型を教えてもらえないまま、東北から来たこと、仕事であることを説明しました
「しかし、なんでこんな店にくんねん ごっつマズイで あっ、みどりくんが頼んだ湯豆腐、それ、一番マズイで
神様ヘルプ 俺の今の状況は何なんだ???
もしかして、ドッキリ?
店内を見回してもカメラは見当たらず
キョロキョロしていると、おっちゃんが、
「みどりくん、こっちきて飲もうや」と隣の席を指さします
断る理由が見当たらないため、ササッと移動。
すると、
「近っ みどりくん、なんでここにおんねん
・・・僕、泣いてもいいですか?
東北人はガラスの心なんです
「しかし、東北からとはのぉ~
おっちゃんは悪びれもせず話を続けます
聞けば、4人は初対面だそうです
なんやねん、この雰囲気は 東北ではありえへん
その後も頼んだモノをことごとく、「それはメッチャまずいでぇ~ やめときぃ~」と言われ続け、気がつけば・・

Nec_1388a

めっちゃいい人たちやん

ビールも進むよね

なんだかんだ、神戸の話を聞いていると、

「マスターは芸能人に似てんねん 2人おるで 当ててみぃ~

突然のクイズタイム 展開が読めへんねん

自信たっぷりに、「お笑いですか」と前フリを入れると

「あん (メ・ん・)?」

って、マスター怒ってます?

小声で「小杉」って言ったら無視

Nec_1390a

正解は永ちゃんと石原裕次郎だって

そりゃ、見えなくもない・・。

「よし みどりくん 二次会にいくでぇ~

おっちゃんが大声で叫びます

キタ━(゚∀゚)━! ぼったくりバーに連れて行かれるパターンだぁ~

おっちゃんに続いて、若者も行こう行こうと騒いでいます

マジ。(゚д゚lll)

みんなが店を出てからマスターに確認しました。

「あのおっちゃん、いい人?」

コクり(うなずき)。

マスター、信じるからな

そして5人は2軒目に向かうのでした

・・・ 続く

県外で研修

曇り時々雨

そう、私はなにげに雨男
3日間も留守にするので、いろいろな事が心配です
でも、私はスタートラインに立ちます
庄内空港

Nec_1368

親友である加トPの弟が見守る中、機内へGO

Nec_1371

羽田空港で栄養補助食品の看板を見つけてチョット感動

パッと見るとなんだかわからないけどね

そして乗り継ぎ

Nec_1372

そうです。今日は神戸に向かっています

どんなところなんでしょう?

間違いなく地元よりは暖かいと思われます

Nec_1376

約1時間で到着

夕焼けが眩しいゼっ そして、寒いぜっ なんてこった

空港からはポートライナーを使って三宮駅を目指します

Nec_1377

誰も居ないし

意外と神戸は田舎なのか?

地元を愛する私は他県をナメにかかります

・・・医療センター

Nec_1378

反射的にパシャリ

ポートライナーからは海が見えます

Nec_1379

穏やかな海ですねぇ~

20分ほどで三宮駅に到着

Nec_1380

ごめんなさい。地元とはケタが違います

そうだよねぇ~ そうだよねぇ~ 

とりあえずホテルに向かって歩きます

ホテルは価格重視で予約するので、大抵駅から離れたところです

「なんか、足が痛い

靴擦れです

Nec_1382

ホテルで足を確認すると、水膨れになってるし

荷物を広げると、出発するときに買った本が出てきました

Nec_1383

20ページくらい読んだあたりで妙な違和感を感じました

なぜって??

「この本の実写をテレビで見たことがあったから」です

なぜ気がつかないか、オレ

でも、とりあえず全部読みましたよ

伏線が妙に絡み合って、非常に引き込まれる本でした

「靴擦れは起こすし、内容の知っている本は買っちゃうし、どうなってるんだ?」

自分の行動を棚に上げ、晩御飯に繰り出します

お店はホテルと提携している所が安くていいと思っています

そんなことでサービス券がある「一番鳥」へ

Nec_1384

この扉の向こう側にある伏線に気がつかず、足を踏み入れるのでした

Nec_1385

・・・ 続く

マラソンの景品

地元で行われた第一回マラソン大会の景品が送られてきました

Nec_1367

送ってくれるなんて最高

来年は頑張って出場します

2012年11月15日 (木)

初雪

すごい天気が続いています

恐ろしいくらいの雷です
そして、ガラスが割るくらいの雨が降っています
その雨が、ミゾレに変わりました

Nec_1362

どうりで寒い

先日植えたにんにくは絶好調

Nec_1363

りんごの木の雪囲いもしなければいけませんねぇ~

Nec_1365

2012年11月13日 (火)

自転車練習場

自転車の練習はすごく汗をかきます

そのため、自転車コギコギは車庫で行います
最近、日に日に寒くなり、練習スタイル(半袖・短パン)で車庫に出るのが辛くなってきました
気温10℃を切る中、HGスタイルでウロウロ
限りなく変態に近いわけです
「セイセイセイ、フォ〜
さて、そんな訳で奥さんが留守の隙に自転車を家の中に持ち込みます
場所を探したところ、薪ストーブの煙突わきが有望です
かなりの高温になることが予想されます
そこで、「夏の風物詩スダレ」の登場です
何をするにも情緒が大切です

Nec_1358

OH Japanese style 

いいじゃないですか

汗が床に落ちるとよろしくないのでビニールシートを敷きます

Nec_1357

いいよぉ~ いいよぉ~ 

最後に自転車をセット

Nec_1360

正面から

Nec_1361

窓から差し込む朝焼けを見ながらコギコギしますか

2012年11月12日 (月)

トキワマンサクの生垣

そろそろ雪囲いをしなければいけません

我が家のトキワマンサクを見て悩みます

Nec_1333

はたして屋根をかける雪囲いだけでいいものかと?

一応、生垣にしたくて植えたのですが手入れの仕方がわかりません

このままではモサッと横に広がってしまいそうです

PCで情報収集するものの不発

サッパリわかりません

でも、感覚的に・・・

①このままでは上方向には伸びそうもない

②どうにかして支柱を立てる必要がありそうだ

③不要な枝は剪定しても良さそうだ

④何にしろ雪囲いはしなくてはいけない

自分のDIY嗅覚を頼りに生垣作りを始めます

そうと決まればムサシへGO

Nec_1332

資材を多量に買い込みました

早速、トキワマンサクと向かい合います

「ここは切ってもいいよ

はっトキワマンサクの声が聞こえます

お言葉に甘えてチョキチョキ

Nec_1334

ばっさり

そして支柱を交換します

手前が今までの支柱です。70㎝だったかなぁ?

交換するものは180㎝です

Nec_1336

ガッツで支柱を叩き込み、竹を結んでトキワマンサクを挟み込みます

Nec_1337

まずまず形になったじゃありませんか

この調子で北側のトキワマンサクにも手を加えます

Nec_1342

自由気ままに成長しています

そこに杭を立てていき・・・ たい の ですが・・

石があるみたいで、なかなか叩き込むことができません

格闘を続け、なんとかできました

Nec_1343

だんだん夕暮れが近づいています

スピードUP

Nec_1348

まぁまぁでしょうか? 良しとしましょう

仕上げに寒さ対策の土を根元にかけてあげます

奥さんが大活躍です

Nec_1347

早く大きくなれよぉ~

Nec_1349

作業を終えてホッとしました

片づけを始めると、指先に違和感が

Nec_1354

あれまっ 皮がめくれています

慣れない作業に指先もびっくりしたようです

2012年11月11日 (日)

にんにくの芽

黒マルチで覆ったにんにく達

Nec_1338

予定では芽が出てマルチを押し上げるはずである

どうかな?

Nec_1339

おっもっこり キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

Nec_1341

ハサミでもっこり部分を切ってあげると元気な芽が見えました

来年も豊作な予感

ジョギング

久しぶりにジョギング

海岸沿いに出ると、風車の建築が始まっていました

Nec_1326

こうやって作られるんですねぇ~

Nec_1328

これは、風車の中心部分なのかな?

Nec_1329

数日後には完成するんでしょうね

(隣の風車)

Nec_1327

鳥海山に雪が降っています

Nec_1331

冬将軍の到来は近い

2012年11月 9日 (金)

にんにくを植える

先日、黒マルチで防寒対策をバッチリしてにんにくを植えました

でも、その後の大雨でにんにくが地表に出てきてしまいました

Nec_1319

あれまぁ~

そこで、仕事前に土を盛りなおします

Nec_1320

奥さんが率先して動いてくれます

働き者の奥さんです

素早く黒マルチを「ぺろっ」と剥がします

Nec_1322

にんにくの姿が現れました

これに土を盛って黒マルチをかけ直します

Nec_1324

なかなかいいじゃないですか

黒マルチの張り方も上手くなっています

これで作業は終了

にんにくが発芽して、黒マルチが盛り上がってきたら破ってあげようと思います

一応、新しいにんにく栽培方法になるのかな? てか。

2012年11月 5日 (月)

油断

健康運動指導士の受講が決定してから数か月。

テキストも開かず日々の業務に追われ・・

「あっ 今月研修があるんだっけ」なんて余裕をかましていました。

先にネタバレします。 猛烈に反省です

テキスト

Nec_1315

上・下セットです

上・中・下と3点セットでなかっただけありがたい

しかし、その厚さ

Nec_1316

500円玉レベルです

内容はどうなんでしょ?

Nec_1317

_ノフ○ グッタリ

心電図あり 関節可動域あり モーメントあり モハメド・アリ・・ ゴメン

これって、ヤバい

数々の試験を「鉛筆ころがしの術」でクリアしてきた私ですが、今回はマズイ

いろんな技術屋の寄せ集め試験じゃーん それも超専門屋の

とりあえず、この試験の合格率をググッと

(絶句) 平均50%

趣味受験の方々を入れたとしても、70%を切る試験は難しいでしょ

これは、相当なご褒美を設定しないといけませんね

BIGな講師

本日は(も)、お仕事です

場所は、山形市です。朝6時に出発です

月山の降雪におびえながら・・・

今日は市内でハーフマラソンが開催されます

準備のためか陸上競技場も電気がついています

私もエントリーしていましたが、お仕事のため不参加

車の中で、不参加の場合はリザルトにリタイアと明記されるのだろうかと心配したりして

時折雨が降ったものの、無事に山形へ到着

会場は小白川にある山形大学キャンパスをお借りしました

ここまで写真はナシ それは撮り忘れていたのもあるけれど、それどころではないんです。

今日の講師はBIGなんです

講師に粗相があってはいけません

全身全霊で準備を進めます

今日の講師は「宮澤 靖 先生」です

私の業界では知らない人は居ません。絶対に

超有名な先生です

前日に長野県で講演を終えて、夜遅くに我々の地区に入っていただきました

かなりハードなスケジュールにもかかわらず快諾して頂き感謝感激です

先生は高知県の病院に勤務されています

その先生が我々の地域に来てくださるのだから人も集まります

Img_3628

学生の参加もあって100名を超えました

通常の研修会が40名程度ですから、皆さんの関心の高さがわかりますね

Img_3639

以前にも先生の御講演を拝聴しましたが、今回はプロとしての魂が注入されたように思います

私もこの職業に就いて15年を迎えようとしています

まだまだ、勉強中の身ですが気持ちと素振りは偉くならないように心掛けています。

いつでも謙虚に、ごめんなさいと言える自分であり続けたいと思っています。

先生のお話の中に山本五十六氏の言葉がありました Σ( ゜Д゜)ハッ!

そうくるか! 興味津々です

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、

ほめてやらねば、人は動かじ。

話し合い、耳を傾け、承認し、

任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、

信頼せねば、人は実らず。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

苦しいこともあるだろう。

言いたいこともあるだろう。

不満なこともあるだろう。

腹の立つこともあるだろう。

泣きたいこともあるだろう。

これらをじっとこらえてゆくのが、

男の修行である。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

実年者は、今どきの若い者などということを絶対に言うな。

なぜなら、われわれ実年者が若かった時に同じことを言われたはずだ。

今どきの若者は全くしょうがない、年長者に対して礼儀を知らぬ、

道で会っても挨拶もしない、いったい日本はどうなるのだ、

などと言われたものだ。

その若者が、こうして年を取ったまでだ。

だから、実年者は若者が何をしたか、などと言うな。

何ができるか、とその可能性を発見してやってくれ。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

男は天下を動かし、

女はその男を動かす。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

先生の後身育成のモットーだそうです

今日の講演はいろんなことを考えました

今の職業に距離を置こうとしていた自分

自分の時間が無いといら立つ自分

遊びたい自分 飲みに行きたい自分 バイクに乗りたい自分

誰か代わってくれよ・・ とダダをこねる自分

もう精一杯やったからいいだろ と逃げる自分

でも そんな気持ちに反して

自分をしたってくれる役員のみんな

自分を犠牲にして 私を前面にそして全国に押し上げてくれる役員のみんな

私が会長の間は役員を引き受けると言ってくれるみんな

それから

ツーリングや飲み会を企画してくれる多くの仲間たち

・・・俺は、何をして何を残せているんだろう

「1㎜でも前へ」

ブログ読者であるみなさんなら解るはず

先日のレースで苦渋を舐めた私のセリフ

今日から1㎜づつ進もうか

やるか 俺っ

Img_3644_2

研修会終了後に先生と

もう10年もすると、先生と同じくらいの年齢になります。

その時、私は何をしているんだろう。

広い視野を持って志を高く、しっかり何かに打ち込んでいる自分でいたい

今日はとても充実した時間でした

「宮澤先生、今回の御講演を快諾いただきましてありがとうございました。」

2012年11月 4日 (日)

薪の冬支度

我が家の庭には生垣の代わりに薪棚があります

薪ストーブをやっている家では薪棚から薪を必要な分だけ取ってくるのが普通ですよね?

我が家のある地域は冬の突風が強烈に吹き付ける、精神鍛錬にはもってこいの環境にあります

私もそろそろ40歳。薪を取りに行くたびに修業はごめんなのです

そこで、自転車の練習スペースに薪を運び込んで冬に備えたいと思います

とりあえず、第二薪置き場から薪を持ってきます

Nec_1290

昨年調達した、梨と柿の木を積み込みます その前の年に集めたのも混じっているかな?

Nec_1291

トレーラーが大活躍します

Nec_1292

トレーラーを一杯にすると薪棚はがらんとしてしまいました

すごく切ないのは真の薪ストーブユーザーに近づいたからでしょうか・・。

同時に今年は薪集めに行く機会が少なかったなぁ~と反省したりして

最後に薪を積み込むと、ピンクのテープが巻いてある木がありました

Nec_1294

これは、家を建てる前に奥さんと山奥に薪を集めに行ったときに頂いた木です

懐かしいなぁ~

薪ストーブを導入するって決めてから、薪をどうやって確保しようか・・・

二人で随分頭を悩ませた記憶があります

休みの日に山奥に行って、伐採作業をしている方々に缶コーヒーを差し入れして、ようやく貰えた我が家の最初の薪じゃないかな

オークションで安く買ったチェンソーで木を恐る恐る切っていると、近所のおじいさんが座り込んで私たちの作業をじーーーっと見ていたなぁ

奥さんが頑張ってくれるから、たくさんの薪を集めることができたと本当に思う

いつもいつもありがとうね

今年初のヤモちゃん

Nec_1295

結構大きいのね

じっと見ていたら、慌てて車庫の中に入っていってしまった

ゆっくり休んでね

HOTトースト

買っちゃいました

Nec_1299

BAW-LOOです

8枚切りの食パンを2枚使って、チーズやらを挟んで焼きます

Nec_1301

去年から狙っていました ついにGetです

Nec_1302

ストーブの準備はOKです

Nec_1303

奥さん、何を挟もうか

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

日にち

  • イチゴdeカウントダウンブログパーツ

マイワークアウト

Strava

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ