« 会議へGO | トップページ | 畑整備 »

2014年4月28日 (月)

東北風土マラソン

初のフルマラソンに出場です

ワタシ、すごいタイムで完走できそうです

理由はありません

ただ、そう思うんです


さて、前日の会議終了後、ダッシュで山形市から帰宅して21時に就寝
1時半に目が覚めてスパゲティーを食べます
この際、タバスコの使用は控えめにしなければいけません


胃内の食物が消化されても、香辛料は残っているような気がするからです


その時の体調にもよりますが、走っている最中に具合が悪くなることは避けなければいけません



コンディション作りは慣れたもんです


そして出発

Nec_0246

奥さんは日勤のため一人で会場に向かいます


仕事なのに起きて送り出してくれた奥さんに感謝です


途中の気温は2℃でしたが、この朝日ではグングン気温が上がることは間違いありません

Nec_0251

会場ではむすび丸が出迎えてくれました

Nec_0253


今回のユニフォームは、仕事の都合で出場できなかった桜マラソンのTシャツです

Nec_0260

がんばって行きまーす



開会式ではサンプラザ中野くんがスタートに合わせて、「Runner」を熱唱

Nec_0273

見えますか


その時、ワタシはエヴァの初号機?に夢中です


この初号機さんも中野くんの歌声に聞き惚れている様子です


ずーっと持っていた武器?を地面に置いて、戦いを放棄したのでしょうか

中野くんにスリスリと寄って行きます



このあとはみなさんの想像の通り・・・

Nec_0274

周辺の子供たちは武器に気づき・・・

Nec_0275

触る、触る、触る



子供の声を聞きつけた初号機の行動は・・・

Nec_0276

子供の手の届かない所に吊るす


うん。正解です


電信柱の後ろのお父さんは、笑いを噛み殺しているし



我慢しすぎ


ワタシといえば、これからカラオケに行った際には「Runner」を定番曲にしようと心に誓いながらスタート地点に移動するのでした

Nec_0278

スタートは安全を考えて数分おきに出走します


すごくスムーズな運営で、とても第1回大会とは思えません

スタッフのみなさんは、相当綿密なミーティングを重ねられたと思います

「素晴らしい」 この一言に尽きます


コースはほぼフラットで走りやすいです


途中の補給所では東北の名産をいただくことができます

Nec_0282


給水は日本酒の仕込み水が使われています

Nec_0283

スゲー


そりゃ、初号機も走るわな(笑)

Nec_0284

のどかなコースが続きます

Nec_0285

ここまで、写真を撮ったり給食を食べたりしながらですが、5分30秒/kmペースを維持しています


「このペースだと3時間台にゴールしちゃうなぁ~


朝の自信は揺るぎないものになりそう・・・・


そう思い始めた35km地点


手と脚がシビれて動かなくなってきました


明らかな脱水兆候


同時に前脛骨筋(スネのわきの筋肉)が痙攣を始めました


こうなるとツマ先を持ち上げることができなくなり、唯一の歩行はカニ歩きに限定されます


イメージはアホの坂田


マジで痛みに耐えられん


でも恥を忍んでカニ歩き


この一歩がタイムを縮めるんだ あと一歩、あと一歩


奥さんにはいい所を見せたいのである


大変でも辛くても、楽勝的な顔で、「こんなもんかな」と言いたいのである


そのためには、1秒でもタイムを縮めたいのである


鬼の形相


たぶん、そうだった。


前も後ろもたくさん歩いている人がいるのに、すれ違った人が「大丈夫ですかと言って駆け寄るくらいだもん


「手を出してください


「?


「痛み止めです 楽になると思います がんばりましょう


よく見るとロキソニンって書いてある


解熱鎮痛、炎症止めに処方される薬


「パクっ。 飲んじゃった


どうなるかもわからないのに薬を飲むなんて危険行為ですが、その時はワケがわかりませんでした


「今のはなんだったんだろう・・・

また、トボトボカニ歩きです


し・か・し、20分を過ぎたくらいから足の痙攣が収まってきました


そして、40kmを過ぎたあたりから歩幅が大きくなって走り出せるじゃありませんか



カニから人間への成長


ロキソニンをいただいた親切な方、ありがとうございます


最後の2kmは足を引きずりながらゴール

Nec_0290

結果は4時間50分

Nec_0289

まぁ、えーやないか、えーやないか


会場では日本酒の試飲販売が盛大に行われていました

Nec_0291


今回のマラソンで学んだことはペース配分と塩分・水分補給


あと、驚いたことはロキソニンを常備している人がいるということ



あっ、


もっと驚いたことは、メグミさん(地元のトライアスロン界では超有名人)がフルマラソンを終えて、自転車で帰ることでした


会場から地元まで、約170km


鉄人にはフルマラソンも練習の一環でしかないのだろうか


全ての毛穴から汗が吹き出すくらいビックリしました

« 会議へGO | トップページ | 畑整備 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

フルマラソン後の自転車なんて考えられません

すごいねーー

完走おめでとうございます!
足の痛みとの戦いお疲れ様です。
その後が心配です。

鉄人は自転車で帰った後、プールにでも行くんですかね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北風土マラソン:

« 会議へGO | トップページ | 畑整備 »

日にち

  • イチゴdeカウントダウンブログパーツ

マイワークアウト

Strava

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ