« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月29日 (月)

敬老会

自治会の副会長を務めているため、行事が沢山あります

9月最終の日曜日は敬老会

Dsc_0702

40歳のワタシが居ることがフ・シ・ギ


参加されたみなさんが、隣の人とワタシのことを話しています

「あの若いのは、ドコのにいちゃんだ?」

そりゃそうだ。

ワタシもみなさんのことはわかりません

だって、引っ越して4年しか経ってないもの

その上、共働きとくれば約2年は家に居ないことになる


わからない訳です


しかし、みなさん芸達者

Dsc_0706


最後は老人クラブの合唱で〆

Dsc_0710


多くの方とお話しできたので、少しはワタシのことを知ってもらえたと思います


「マート三沢の裏の煙突のある家のにいちゃん」ってことで

煙突のシミ

薪ストーブと煙突の接続部分が濡れたようにシミています

Dsc_0700

明らかな異常を感じます


そして錆びてるし

Dsc_0697

なぜだ なぜなんだ


今年はプロに煙突掃除と点検をお願いしようかな

職場菜園

休日には職場菜園の整備がお約束になりつつあります

今日は、夏野菜から秋野菜への切り替えと、チューリップの球根を植えます

立派な庭は、とてつもない手間と時間がかかっていることを実感します

さて、みんなが集まる前に準備を始めますか

Dsc_0674


石灰と肥料を混ぜて、ウネを作ります

Dsc_0679

なかなか上出来


本当は石灰を一週間前に混ぜてから肥料を入れるのですが、なにせ時間がないので強行突破


みんなからは大根の種を蒔いてもらいました

Dsc_0684

boy & girl も大活躍

Dsc_0683


昨年植えたチューリップの球根は、驚くほど増えています


今回は昨年より間隔を短くしました

Dsc_0693


これで来春に向けた準備が整いました


みなさんお疲れさまでした



しかし、なぜboy & girlは狭い所を攻めるのか・・・

Dsc_0696

研修会

秋晴れの休日、山形で研修会です

Dsc_0672_1

Dsc_0671

食物の栄養素に加え、食べる「時間帯」の研究が進んでいます


食事は大切だってみんなわかっているのですが、結果がすぐに出ないから継続するのが難しいですね

2014年9月25日 (木)

花壇整備

夏場に大きな花を咲かせてみんなを楽しませてくれた向日葵

Dsc_0665

ワタシの背丈まで成長しています


まだそのままでも良さそうですが、病院という特殊な場所のため枯れたり汚れたりしているものは歓迎されません

そんなことで、向日葵撤収


本来はサークルのみんなで行う作業なのですが、なにせワタシの時間が無い


みんなからは、この後にチューリップを植えてもらうことにして作業開始


向日葵の種を回収して・・・

Dsc_0663_1

しかし、花が大きすぎ


誰かハムスターとか飼ってませんか



上司は、「炒って酒のつまみだな」とか言ってますが、誰が炒るんじゃ


あまりからむと全ての作業がワタシに回ってきますので、ささっとスルー


向日葵が無くなった花壇は寂しいですね

Dsc_0667


ここから、草むしり → 石灰・鶏糞投与 → 耕し作業を進めます


約2時間で作業は終了

Dsc_0670

やっぱり、手の行き届いた花壇は気持ちいいね



後はチューリップの球根をみんなで植えましょう

2014年9月22日 (月)

復活の湯 「夏油温泉観光ホテル」

奥さんと二人揃っての週末休み

いろいろと計画した結果、温泉目当てのバイクツーリングに決定

近すぎず、遠すぎず、、

PCで検索を重ね、目的地は夏油に決定

夏油といえば、5年以上も前に行ったことがあります
あの時はスノーボードのインストラクター更新講習で、たしか2月だったと思います
いけどもいけどもスキー場に着かず、迷っているかと思いました
しかも、猛吹雪
スノーボードのソールが凍りつき、講習が短縮された記憶があります
外気温は-9℃だったなぁ


すごく寒くて、つらい思い出しかない夏油
一緒に来てくれた彼女(今の奥さん)は、施設内の温泉をゆっくり堪能していたそうです
夏の夏油はいかに



道中は見どころ満載

Dsc_0623

かなりの高さからダムを見下ろせば・・・



金○マがすくむそうです・・・

Dsc_0621




本日お世話になる夏油温泉観光ホテルは東日本大震災で営業を中止し、今年の6月から再開したホテルです


経営者が変わったのかな?

営業を中止したホテルを地元出身者が買い取り、営業を再開したそうです


素晴らしいですねぇ~


だから「復活の湯

Dsc_0629_2


非常に手作り感があります

Dsc_0631

倉庫の奥にはペンキの缶が山になっています


たぶん、自分たちで塗ったのでしょう



すごいですねぇ~



各所に驚きポイントが散りばめられていますが、「復活の湯」へGO



早くもジブリ感が溢れています

Dsc_0633


ワタシはヘビが出てこないか心配で心配で・・・




遠くに見える小屋の奥が温泉ですかね?

Dsc_0635



まさか、


すだれを上げると、「どっきりカメラ」とか言うんじゃないでしょうね

Dsc_0637


「開けますよ?」

Dsc_0638


そこには大人が5人くらい入れそうな露天風呂がありました

Dsc_0639


浮いている桶はご愛嬌


ぬるめのお湯でした

内湯は

Dsc_0642

かなりデカく、熱めの温泉です


奥のお湯に行くためには忍者のように左端を走り抜けるか、手前の浴槽を泳いでいくしかないようです


お楽しみの夕食は、山の幸が盛りだくさん

Dsc_0647


後方から女将の視線を浴び続けながら、楽しい夕食です

Dsc_0649



温泉も料理も大満足の宿でした


手作りで補修を重ねている雰囲気でしたが、応援したいなぁ~と思いました


ちなみに、冬期は積雪が多量のため営業は休止するそうです



しっかり気分転換できました

Dsc_0656



また明日からがんばるぞー

Dsc_0658

2014年9月16日 (火)

にんにくを植える

いつもより早いですが、にんにくを植えました

Dsc_0613

なにか違いはあるのかな?


成長が楽しみです

続きを読む "にんにくを植える" »

ペンキ塗り

モーリー師匠、奥さん、ワタシの3人で屋根のペンキ塗りです

Dsc_0610

前に塗ったのはいつだったかなぁ・・・


全面サビだらけです


サビ止めを塗って仕上げます

Dsc_0611

さすがモーリー師匠


仕上がりがきれいですねぇ~


これで当分の間は大丈夫かな

2014年9月12日 (金)

佐渡へGO

佐渡両津港では佐渡おけさのモニュメントがお出迎え

踊っているのか? 困っているのか? ワタシ

Img_6592a

コースを下見しつつ、受付会場に向かいます


大勢のスタッフの皆さんが温かく迎えてくれます


佐渡で大会が開催できること、そして大会に参加できることに本当に感謝です

Img_6610a

この大会中は、リストバンドを付けていなくてはいけません


「病院の患者みたいだね」って、なんてこと言うの奥さん


受付の佐渡マダムとパチリ

Img_6611a

さすがみなさん、ノリがよろしゅうございます


会場をプラプラすると、カッコイイバイクを発見

Img_6613a

価格 ¥1,500,000-  マルが多すぎ


ワタシの愛車であるFELTのブースもありました

Img_6616a
こちらも乗用車が買えるお値段となっております


おっ 奥の自転車は15万だって


ねぇ、ねぇ、奥さん

Img_6617a

奥さん、聞いてないし



ブースを楽しんだら腹ごしらえ
Img_6618a

島と言ったら海鮮でしょう

Img_6622a

そして、糖質補給でしょう

Img_6624a


めおと岩でパチリ

今年も奥さんと一緒に来ることができて嬉しいです

Img_6626a


・・・前方にZ坂発見


愛車のプラ子がキックダウンしながら登ります

Img_6632a

どうなることやら


コースの下見を終えて、早々と就寝



大会当日、2時起床


お風呂で体を温めて、会場に向かいます


まだ周りは暗いです

Img_6659a


今回から奥さんの休息場所はテントをご準備しました

実はこの場所、バイクやランコースの真ん前なんです

Img_6668a


さてお次はナンバリング

Img_6679a

ゼッケン別に並びます


準備は万全


後は無事にココに戻ってくるだけ

Img_6686a


少し明るくなりましたが、時間は5時すぎです


Img_6703a

ウェットに着替えて、スイムチェックです


行って参ります

Img_6711a


あれよあれよと時間はすぎ、スイム終了


感想:「佐渡の海にはサザエがたくさんいました


次はバイクです

Img_6724a

190㎞を走破します


途中のエイドステーションに奥さんが居てくれました

Img_6732a

おにぎりを食べながら、失礼


まさか、奥さんが居ると思わなかったので元気がモリモリ湧いてきました

Img_6733a

奥さんは応援バスで駆けつけてくれたんだね


ありがとー

Img_6735a



それそれ、Z坂もなんのその

Dsc_0590


って、んなわけない


写真では伝わりにくいですが、ライダーが見えますか


みんなの息づかいが聞こえてきそうです


コース脇では、住民の皆さんが盛大に応援をしてくれます


一斗缶を鳴らし続けて、「頑張れ― 頑張れ―」と声を嗄らしている人


CDを大音量で鳴らし続けて、「負けるな イケーーーー」と叫び続ける人


そんな中・・・


「佐渡に来てくれてありがとー また、来年も待ってるよー」という声が


ひとりふたりではなく、集落に入ると必ず耳にしました



一人だけど、孤独じゃない大会だなぁ



みなさんの応援のおかげで、なんとかバイクを終了しました


感想:「佐渡はデカイ


最後のランです

Img_6748a

陽もだいぶ落ちてきました


20㎞地点のエイドステーション

Img_6758a
膝が反対側に折れそうです


立ち止まると、痛みとシビレが襲ってきて前に進むことができなくなります


エイドステーションもなるべく止まらないで脚を動かし続けます


「さて、あと半分・・・



前方を見ると、そこには奥さんの姿がっ


遠くまで自転車で応援に来てくれました


よっし 元気でた

Img_6760a

できる限りペースを維持して走りました


真っ暗い道を誘導灯だけを頼りに走るのは寂しいものです


後ろを振り向けば回収車が近づいています


急げ 急げ


ペースを確認しようと時計を見ると、電池が切れてるし


時間もわからないまま、ただただ前に進みました


そしてゴール

Img_6766a

終了時刻まで、あと20分でした あぶねー



終了のカウントダウンと同時に花火が打ち上げられます

Dsc_0601

心の底からググッと熱いものがこみ上げてきます


ワタシ、決めました


来年もエントリーします


そして、13時間台を目指します




翌朝のフェリー乗り場は多くのアストロマンで溢れています

Dsc_0602

結果速報を手に乗船を待ちます

Dsc_0603


フムフム。


やはり、ランが弱いことは致命的です


徹底的に強化する必要がありそうです

Dsc_0605


終わってみればあっという間ですが、15時間以上の長い時間を応援してくれた奥さんに感謝です


エイドで奥さんの姿を見れなかったら、きっとリタイアしていたと思います


奥さんと二人で走った佐渡は最高でした

2014年9月 9日 (火)

2014佐渡国際トライアスロン 完走

佐渡に向かうカーフェリー、「おけさ丸」での一コマ

Img_6580a

気合だけは十分



レース終了後は・・・

Dsc_0594

死んだ


GPS付きの時計も電池切れだし


どんだけ時間がかかっているのやら


途中経過はゆっくりUPします

2014年9月 5日 (金)

目標タイム(佐渡トライアスロン)

スイム 3800m   1:30:00

バイク 190km    7:00:00

ラン   42km    5:40:00   

start 6:00  
goal 20:30


スイムではバトルに巻き込まれないように・・

バイクでは調子に乗って走りすぎないように・・

ランでは歩かないように・・

Img_4999

今年の集大成

行ってきます

2014年9月 4日 (木)

ディープホイル

佐渡に行く前の御挨拶

そう思って、軽ぅ~い気持ちで木戸銭さんへ立ち寄りました

Dsc_0557

すると、話は思わぬ方向へ・・・
「今からバイクを持ってきたほうがいいよ 持ってきて
はい
いぎなり変身

Dsc_0558

Reynolds Aero46 クリンチャー 装着


かっこいいですねぇ~

Dsc_0559

なんでも、ただ今試乗キャンペーン中なのだとか


でも、試乗って普通は短時間でしょ

200㎞のレースに貸してくれるって・・・

「よっ マスター太っ腹


乗ってみると違いが明らかです

回る回る 進む進む


このホイル、いいっすね



いろんな場面でアドバイスをもらえるエキスパートの方々に出会えることに感謝です


本当にありがとうございます


佐渡で存分に頑張ってきます

2014年9月 3日 (水)

準指導員

早いもので雪の話題が出てきました

ワタシが所属しているスキークラブ「遊雪会」はスキーメインのクラブです

そこに数名のスノーボーダーが加入しています

スキークラブですから、もちろん全日本スキー連盟(SAJ)に加盟しています。


ワタシは昨年、SAJの1級を取ったのですが、その上を目指せとスノーボード部長からの厳命が・・・


そのため、本加入しました

Saj


指導員検定の日程が仕事と重なりませんように・・

ゆれにくい

佐渡トライアスロンに向けて絶賛休養中

腰と膝の奥深くから、「痛いよぉ~ 痛いよぉ~」と悲鳴が聞こえてきます
体重を落としきれなかったのと、体が硬いことが理由ですね
さて、ここまで来たらやることは一つ
「お祈り」です
機材チェックと持ち物確認です
最も苦手なランパートを少しでも快適にクリアできるようにします
今更ですが、ワタシは脱水になりやすい体質なのかしら? と思い始めました
奥さんもそう言っていたので間違いないと思います


そうなれば、水分は持って走りたい
そして、昨年の佐渡Bタイプでお世話になったエアーサロンパスも持っていたい


エアーサロンパスが給水所に置いてあってとても助かったのです
コレが無ければ完走できなかったかもしれません
あとは、エナジーバーとロキソニン
奥さんと連絡を取る携帯も忘れてはいけません
使用していたウェストバックが壊れてしまったため、これらを収納できるものを以前から探していました


同じことを考えている人はいるんだねぇ~

2014061706

ランニング・スタイル×ラン・ウォークスタイル
コラボモデルボトルポーチ「YURENIKUI」



これ、優れものです

荷物がたっぷり入るし、ペットボトルも揺れない

身体がぶれることもないです


これで完走への道がひとつ開けました

2014年9月 1日 (月)

草むしり からの

レース前の最後の休日

身体のメンテナンスと機材の調整をしたいと思いつつ、職場の畑の草ボーボーが気になる

とりあえず、朝一番は草むしりからstart

まさに、草ボーボー

Dsc_0552

2時間かけてこの通り

Dsc_0554

敷地の半分しかできませんでした


草むしり からのぉ~

チャリンコ

in 松山

Dsc_0556

ギアが増えた分、少しは楽になったような気がします

しかし、夏でもスキーを楽しんでいる人がいるんだね

スノーボードも10人くらいいるね

みんな上手です

冷静に分析してみると、ズレとキレで人工芝が発する音が違います


これは、意外とトレーニングになりそうです


少し興味が湧いたので、板を調べてみました

キスマーク社から、サマーゲレンデ用の板が発売されています

5810710114_1

ソールは傷まないように加工されています

5810710114_2


ほうほう


ワタシの体がもう3つくらいあったら、やってみたいものです


スポーツの世界は日々進化しているんだなぁ・・

そんなことを考えながら下山


そしてトドメの水泳

もう、やりすぎだっちゅ~の

ビアガーデン

職場のビアガーデン

佐渡トライアスロンを一週間後に控え、飲んで良いものか迷う

・・・やはり、飲む

Dsc_0547

毎度のことだけど、アホやなぁ~と思う

スキルアップ

サマーバーゲンにつられて購入

実は、1年前から発売されていたものの、高額なため断念していました

今回、14,800円のところ5,000円

Dsc_0546

買っただけでやった気になるのは悪い癖です

さて、がんばりましょう

続きを読む "スキルアップ" »

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

日にち

  • イチゴdeカウントダウンブログパーツ

マイワークアウト

Strava

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ