« lesson day1 | トップページ | 役員会 »

2015年1月 8日 (木)

lesson day2

AM 4:00

夜中中、吹き荒れていた風がピタリと治まり目を覚ます

絶好のスクール日和

Dsc_1416


生徒にも、昨日の猛吹雪では見られなかった笑顔が溢れています

Dsc_1417

お前らっ 時間がねーぞ


モトムラ ジンノウチ  行けぇ~


12名の名前は覚えきれないので、グローブにカンペをスタンバイ

Dsc_1415

名前で呼ぶと、モチベーションが格段にUPしますからね


どうよ どうなのよ 行けるのか

Dsc_1418

「行けません」なんて回答があるわけないじゃんね


よし 行くぞ

Dsc_1419

レッスン時間、正味5時間でリフトに乗れます


みんな余裕じゃないか

Dsc_1420

約5時間のレッスンでリフトに乗るなんて、雪国育ちだったら普通じゃないの? って思うでしょ


ところがドッコイ


みんなは、福岡県から修学旅行に来てくれたんだよ


大量の雪を見るのは初めてだし、もちろんスノーボードも初めて



ロッジの屋根に下がっている氷柱を取ろうと頑張っている生徒もいるし・・・


「ちょっと、来いやぁぁ~ ガルルル

「あの氷柱と氷の塊が落ちてきたらどうなる?」

「・・・? わかりません

「頭直撃したら、死ぬよ



「えぇぇ~  本当ですか



まぁ、こんな感じで雪国のHOW -TOを叩き込みましたわ



みんなは運動部に所属しているので、体幹がしっかりしているね



全員が滑れているし

Dsc_1423

完璧や


みんなが通う学校は、九州の中でもかなりの進学校だそうです


先生に話を聞くと、授業のコマ数を減らさないように冬休みに修学旅行を行うのだとか


修学旅行が終わると、大学受験に向けて一心不乱に勉学に励むのだと・・



きっと、みんなが高校時代に思い切り遊べるのは、これが最後なのかな

Dsc_1422


ワタシはみんなの思い出を作れたかな

Dsc_1426


はい、みんな集合


「2日間、お疲れさまでした  まさか、ゴンドラにまで乗れると思わなかったのでびっくりしています


「たっぷり滑ったので、受験は絶対滑らない 自分を信じて進んでいけっ


ワタシ、ベタですねん


いつだって、別れは寂しいよね

Dsc_1430


最後に、お世話になったイントラのみなさんと

Dsc_1427

どうです? 明らかにニセモノ感がでています


ってか、みなさんのオーラが半端ないっす


これが走り続けている人だけが持つ魅力なんだなぁと痛感しました


レッスンを受ける方が初めにイントラと巡り合うのは、「縁」しかないと思います


そのイントラが指導力に長けて、高い技術を持っていれば楽しいスノーボードライフが待っている


でも、もしその逆だったら・・


イントラは自らの滑走能力の他に、初心者が見ても分かる表現力を身につけています


今のワタシはどうですか


久々に読んでみます

Dsc_1433


時は流れている


人間に現状維持は無い


あるのは、「進化」と「退化」だけ。


立ち止まらずに、歩き続けよう

« lesson day1 | トップページ | 役員会 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: lesson day2:

« lesson day1 | トップページ | 役員会 »

日にち

  • イチゴdeカウントダウンブログパーツ

マイワークアウト

Strava

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ