« 畑整備 | トップページ | 入魂!WAXがけ »

2015年9月27日 (日)

鳥海山ツーリング

お世話になっている自転車屋さんのツーリングに参加します


朝練など、ずーっとお誘いを受けていましたが、今日が初参加です


ワタシ、集団走行の経験がほとんどありませんのでドキドキです


集合時間の15分前に到着するものの、人影はあらず

Dsc_3615

バイクラックがスタンバイされていますから大丈夫でしょう


しばらくして、皆さんが集合



ほぼ皆さん初対面です



挨拶もソコソコ、早速出発



今日は鳥海山の紅葉を楽しみながら登るのだとか

お~ この感じ、いいですねぇ~

Dsc_3616


張り切っていきましょう

Dsc_3617


ここから、写真を撮る暇もない壮絶な戦いが始まる



十六羅漢までは問題なく走行



登り始め、胃のあたりに違和感  



前方の人が見えなくなる



焦る



ずーーーーーーっと後ろからスタートしたマスターに追いつかれる




残り半分(約1.5km)をマスターと二人で登ることになる



もう、呼吸することも辛い



肺からは、「ホヒィ~ ホヒィ~」と聞きなれない音がする




マ : マスター

ワ : ワタシ



マ 「スゴイよ ホラホラ、紅葉が始まっているよ

ワ 「ハヘ~ ホヒ~ ハッ (そうですね)」



声にならない会話が続く 




会話で盛り上げてくれるマスターの気持ちが嬉しいけど、今はそっとして欲しい



マ  「ホラホラ、ガンバレ あの右カーブを抜ければ


ワ 「ホヒ (マジ) ハフヒ(終わり?)」



気合でちょっとダンシング



マ 「つづら折りが始まるよ


ワ 「ホヒー(ウソー)」



勝手にゴールだと思い込んだのはワ・タ・シ



自転車乗りのあと少しは、発言するその人のレベルに反比例するのである




「ホヒィ~ ホヒィ~」 肺は鳴る



ワタシ、大丈夫ですか?



ワ 「マホシー (マスター)  ホシハハ(脚攣った)」



マ 「大丈夫だ 止まるな 頑張れ コゲ、コゲ、コゲ



鬼軍曹、現る




結構な勾配の坂道でペダルから足を離すこともできず、ただただ、どうにかしようともがく



きっと、攣った反対の足をつかって、引き足だけで登ったんだと思う



辛すぎて辛すぎて覚えていないけど、なんとか大平山荘に到着

Dsc_3619


みなさん、超待ちくたびれています



ごめんなさい



「さて、帰るか



えっ。ワタシ、今着いたんですけど



全く走れる気配のないワタシを察して、少しだけ写真撮影の時間となりました

Dsc_3618

綺麗だねぇ~

Dsc_3620


素敵だねぇ~


写真撮影をしているのはワタシしかいません



そうだよね、みんな待ちくたびれているもんね




その後、安全に下山してお店でBBQ

Dsc_3625


とっても勉強になった一日でした



今日の一言


「脂肪はただの重りでしかない

« 畑整備 | トップページ | 入魂!WAXがけ »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥海山ツーリング:

« 畑整備 | トップページ | 入魂!WAXがけ »

日にち

  • イチゴdeカウントダウンブログパーツ

マイワークアウト

Strava

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ