« 忘年会 | トップページ | 職場菜園の冬支度 »

2015年12月19日 (土)

リベンジ! 塩引き鮭(購入)

どうしても諦めきれない


先日、仕込んだ鮭を腐らせてしまい、落ち込む日々


持てる力の限り川を遡上してきた鮭に申し訳ない


反省、反省を重ね、情報収集を続けます



ワタシの尊敬するアニキから、「鮭から出た汁に身を付けないようにして、塩が噴き出るように仕上げるのがBEST」とアドバイスをいただき、やる気は十分


それプラス、塩漬け3日当たりでもう一度塩をすり込むという手法で挑みます


鮭を腐らせてしまった過去を繰り返さないためにも、我が家の手法を確立しなければいけません


では、鮭を購入しにいきましょう



あれ?  静か・・・

Dsc_0111


川に鮭の姿はありません

Dsc_0113


し~ん




これは、もう終わったかもしれません




作業場も、すごく静かです

Dsc_0115


恐る恐る中に入ると、わずかに鮭を加工している姿が見えます





「すみません・・・。鮭を買いたいんですが・・・。」



「あ~。まだあっが?(あるか)」


作業されている方々が声のバトンを繋ぎます




「5本あっぞ





キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!




日々の行いは、こんな形で還元されます





いや、待てよ





こんなところで運を使っているという、もったいない感もあるけど・・・






まずは、無事に鮭GET

Dsc_0112



自宅に戻り、早速加工開始




鮮度が命なんです、セ・ン・ド

Dsc_0121



鮭の加工には、モリワークスさんの軍手が最適です

Dsc_0123


なんて言いながら、勿体なくて使えませんでした





鮭の加工は過去の記事をご参照ください

そして、前回と何が違うかと言えば、完璧な水切りと保管システムを確立したことです





これ、灯油タンクが4個入ります


Dsc_0125



もしかすると、奥さんも入れちゃうかもしれません




で、DIY

Dsc_0126


テレビでやってました





夫にやって欲しいことナンバー1がDIYだそうです

Dsc_0127


あ~、そうなんだ。




とか思いつつ、作業は続きます

Dsc_0128



こんな感じでINします

Dsc_0129



夫にやって欲しいことに、「塩引き鮭を作る」はランクインしないだろうね




さて、塩をすり込みます




今回から、これを使います

Dsc_0133


衣装ケースです




作業効率は道具で決まるんです





ほい

Dsc_0134_1



ほい

Dsc_0136


ほ~い

Dsc_0137



重石をして水抜きをしっかりと

Dsc_0138


うん


ここまでは完ぺきだ






次は3日後




再度、塩をすり込みます

« 忘年会 | トップページ | 職場菜園の冬支度 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

もう鮭は終わりなんですね。
滑り込みでGETしてきました!

いがった、いがった

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リベンジ! 塩引き鮭(購入):

« 忘年会 | トップページ | 職場菜園の冬支度 »

日にち

  • イチゴdeカウントダウンブログパーツ

マイワークアウト

Strava

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ