« 奥さんとサイクリング | トップページ | ハーブの発芽 »

2016年5月16日 (月)

トマトのポットごと植え

今年の我が家の家庭菜園は、ゆっくりめのスタートです


Dsc_1246

薪ストーブから出た灰ともみ殻は、数週間前に混ぜています





畝を作って苗をセット

Dsc_1249

全体のバランスを見て植え付けます




トマトだけで4種類になっちゃいました




面白がって、いろんな種類の種を取った結果ですね




3株ずつを4畝に植える予定でしたが、畝間が狭いと収穫する時に大変な思いをします


Dsc_1250_2

大切に育てた苗を選別するのは心が痛みますが、グッとこらえて作業を続けます




1種類だけ3株にして、他は2株に選別しました





そして、畝は4つから3つへ変更

Dsc_1252


これで、だいぶ作業スペースを確保できるんじゃないかな




さて、植え付けです



「ポットごと植え」という農法にチャレンジです

以下、ルーラル電子図書館HPより

ポットを付けたまま野菜の苗を定植する方法。とくにトマト農家のあいだで広まっている。育苗ポットの底には事前にキリで穴をあけたり、ハサミで切り込みを入れておく。定植後に根がポットの底から下方へ伸びていくので、上根にならずに地中深く張るようになる。

果菜類、特にトマトは一般に、初期に樹勢をつけすぎてしまうと栄養生長型の生育となり、いい花や実がつきにくい傾向がある。ポットごと植えは初期の上根を制限して養水分の吸収を抑え、樹を暴れにくくすることでこの課題を解決。さらに、根の基部がポットで守られているせいか、土壌病害にも強くなる。自根栽培でもセンチュウ害や根腐萎ちょう病が出なかった、という農家もいる。

神奈川県農業大学校の校長を務めた児玉政廣氏が、ポットのまま放置したトマトの余り苗が見事に生育したことから考案した。トマト以外にキュウリやナスで取り組む農家も出てきている。

Dsc_1253


ポットごと植えと従来の植え方の2つを試します



理論的には根域制限と水分制限が可能となるので、肥料多過や実割れを防ぐことができるんだろうね



ただ今年は、我が家の畑には肥料を投入しないので、ポットごと植えがどのように影響するのか楽しみです


Dsc_1255_2


きゅうり、モロッコインゲン、つるなしインゲン、ピーマン、唐辛子、白茄子の植え付けは来週かな

« 奥さんとサイクリング | トップページ | ハーブの発芽 »

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トマトのポットごと植え:

« 奥さんとサイクリング | トップページ | ハーブの発芽 »

日にち

  • イチゴdeカウントダウンブログパーツ

マイワークアウト

Strava

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ