« 乾燥塩わらび(完成) | トップページ | 奥さん、松山を登るの!! »

2016年8月19日 (金)

ソチ → リオ五輪 メダルラッシュに思う

連日のメダルラッシュに沸く日本



選手から口々に発せられる言葉は、「日本のために頑張った」である。



そこには自分や家族の時間を押し殺して、1秒を惜しんで努力した者だけが知る重みがあると思う



『重責』 とてつもないプレッシャーであろう




ワタシなら・・・ と例えて考えてみるが、あのステージに立った瞬間にOPP(お腹ピーピー)であることは容易に想像できる



ストッパを10錠飲もうとも、何人もワタシの下腹部症状を止められないのである



もし、その瞬間に一本背負いを決められたら・・・

ウンが出たから宝くじを買ってみよう などというレベルではない



・・・。


それはさておき、スポーツは素晴らしい



メダルを得た選手もそうでない選手も、日本を代表してオリンピックというステージに立った全ての選手に惜しみない称賛を送りたい




ワタシ、とっても感動しました




オリンピックが開催されるたびに選手のみなさんに背中を押され、ワタシのトレーニングにも変化が見られます

Dsc_2159

床に段ボールを敷いてみました



小さいことからガンバロー



話を戻します


オリンピックに出場する選手は想像を絶するトレーニングの日々を送っている訳ですが、その中で選手しか知らない「あるある」が多数存在すると思います



佐渡トライアスロンまで約半月となった今、ワタシレベルで感じている「あるある」を記したいと思います



レースが終わって、加筆修正が行われることを願って・・



1、スカウターが発達しているため、大体目の前のトライアスリートの実力が分かる。

2、上記は思い込みであるため、目の前の見た目普通の人間が異様に速いことを全く見破れないことが多い。

3、目の前のトライアスリートを見て、『コイツよりは俺の方がまともだな』と思う。目の前のトライアスリートは自分を見て、『コイツよりは俺の方がまともだな』と思っている。

4、バイクのタイムはお金で買えると35%ぐらい思っている。

5、うっかり高いホイールを買った暁には、やっぱお金じゃないよね、実力だよね、ということに65%ぐらい気がつく。

6、『ちょっとバイク乗ろう』が大体100km単位。

7、人にやたらと決断を迫る。

8、お互いの仕事を知らない。

9、場合によってはお互いの名前も知らない。

10、反射的に「大丈夫!」と答えてしまう。しかし、その返事に根拠はない。

11、『トライアスリートに悪い人はいない』と思っている。

12、自分もその一人だと思っている。

13、ママチャリに乗ってもついDHポジション(空気抵抗の少ない前傾姿勢)をとってしまう。

14、無駄に食い込んでるウェアの人がいる。そういう人は大概速い。

15、第一印象はふくらはぎで決まる。

16、なんでこんなに金持ちばっかなんだよと思っている。

17、人生の坂は4つある。『登り坂』、『下り坂』、『激坂』、そして、『まさか』。



・・・変なの

« 乾燥塩わらび(完成) | トップページ | 奥さん、松山を登るの!! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

おー! 何が起こったのかわからなかったZ!
ありがとーー

ソチって


トライアスロンは冬季オリンピックですか( ´∀` )

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソチ → リオ五輪 メダルラッシュに思う:

« 乾燥塩わらび(完成) | トップページ | 奥さん、松山を登るの!! »

日にち

  • イチゴdeカウントダウンブログパーツ

マイワークアウト

Strava

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ