« ヨトウガの捕獲 | トップページ | 乾燥塩わらび(完成) »

2016年8月17日 (水)

ロードバイク レプリカジャージ?を購入

ロードバイクに乗るようになり、そのパフォーマンスを最大限に引き出すためにはウェアが重要であることを知った

そう。あの、ピチピチとボディーにフィットするアレである

トライアスロンなどの限られたスペースで、参加者や観戦者が全て理解のある状況であれば問題ない

だが、単独で練習する時などは、若干周囲の眼が気になっていた

山形(酒田)から群馬(前橋)までロングライドを決行する時には、とても控えめなジャージをチョイスして周囲の関心を引かぬよう、細心の注意を払って行動した




好奇心旺盛な小学生や、酔っ払いのおやじのおもちゃになっては大変なのだ



その報告はこちら

勝手に!ツール・ド・群馬①


勝手に!ツール・ド・群馬②





そんなワタシもジャージは体の一部となり、ジャージを着用しないことの方が羞恥心を駆り立てるようになってきた




『環境は人を変える』 

まさに、その通りなのだ




ジャージにも使用感が出てきて、そろそろ2枚目の購入を考えながらネットサーフィン

個人的にはチャンピオンシステムのロゴが好きです

20130815_68b2f3ret



このジャージも候補に入れながら、更にネットサーフィン





すると、一枚のジャージが目に留まった

Dsc_2138

「サウニエルデュバル」
スペインの給湯器メーカーだそうです

Dsc_2139
ポッポー 鳩サブレマークが超かわいい








ツール・ド・フランスのチームスポンサーであるサウニエルデュバル






・・・だった。





2008年開催のツール・ド・フランスにおいて、チームメンバーのドーピングが発覚




メインスポンサーのサウニエルデュバルはそのチームメンバーを解雇し、さらに開催中のツール・ド・フランスから撤退




そのままスポンサーも降りてしまった

悲しいかな。。今は存在しないプロチームのジャージです




日本では知名度の低いスポーツですが、国外ではそれはそれは大変人気のある「ロードレース」




胸に大きく刻まれたスポンサーネームは、トップ選手であれば4~5時間もテレビ中継に出続けることになる





それだけ広告効果は絶大です






一方で、紳士のスポーツと言われるロードレース界において、選手がドーピングに手を染めることはファンへの冒涜であり、そのチームスポンサーへの影響は計り知れないものがある

自身を支えてくれるスポンサーを、自らの手で失うことになるのもロードレースである

このケースに限った事ではなく、ロードレースのスポンサーを降りるという話は度々話題に上るものである




それは、メインスポンサーの意向がチーム運営に反映されなかったり、スポンサー企業自体の経営不振によるものだったりする

なかなか難しい世界だね





鳩サブレジャージを手に入れてから多くを学んだワタシですが、ジャージ(上)があれば(下)も欲しくなるのが男子というもの





ええ。探しましたとも

Dsc_2140


なんと、初体験のビブショーツタイプ





ズレ落ちないように肩ひもが付いているタイプだね

ロードレースでは一般的なこのタイプのジャージも、一見すると人気アニメに間違われそうである



Hentaikamen4

「HK 変態仮面アブノーマル・クライシス」オフシャルサイトより




こんなことを妄想しているからダメなんだ   il||li _| ̄|○ il||li





まさか、ワタシがビブショーツを購入するとは思ってもいませんでした 





恐るべし、鳩サブレジャージ

Dsc_2141

 

腰の部分にも、ポッポー

 


着用してみると、これまたピッタリ

Dsc_2145


早く走れそうな気がす~るぅ~




ジャージのロゴを見ると、「SCOTT」の文字がありますね





これは、このチームに機材を提供している自転車メーカーのロゴです

巷では、バイクとジャージは同一メーカー(又はスポンサー名)がよろしいとされているようです





ですが、ワタシは気にしません

ワタシのバイクはFELTですけど、な・に・か?






現段階でワタシはどの企業ともスポンサー契約を結んでいませんので、何を着ようが何に乗ろうが自由だと考えています

ワタシの周りに、そんなことを気にする人はいませんけどね

もし、ジャージとバイクが合っていないと言われたら、こう言ってあげます

「鳩サブレ、かわいいでしょ」って

そんで、その人より早く走ることを目標にします






あっ、そういえば、このジャージは関係者にだけ配られる非売品なんだそうです

この場合、レプリカジャージって言うのかな?

 

« ヨトウガの捕獲 | トップページ | 乾燥塩わらび(完成) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

今週末にでも、パットの塩梅とか確認してみます!

かっこいいではないですか。

あと一ヶ月ってとこだもんね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロードバイク レプリカジャージ?を購入:

« ヨトウガの捕獲 | トップページ | 乾燥塩わらび(完成) »

日にち

  • イチゴdeカウントダウンブログパーツ

マイワークアウト

Strava

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ