« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

青唐辛子の味噌漬けを作る ~塩漬け~

牛タンの側に必ず添えられている、青唐辛子の味噌漬け


640x640_rect_50894541


めちゃくちゃ辛いですが、クセになる味です




これだけでご飯2杯はイケちゃいます




そんなことで、青唐辛子の味噌漬けを作ってみます





我が家の唐辛子は豊作です

Dsc_3030


赤いところは唐辛子とタバスコ作りで使用します




青唐辛子を選別して、綺麗に水洗い

Dsc_3032




塩揉みして一晩おきます

Dsc_3033


塩の分量は適当です





なんだか水の出が悪いなぁ





一旦、湯通しした方がいいのだろうか






もう少しこのままにして、様子を見てみましょう

2016年10月30日 (日)

チューリップの植え付け

雪が降る前に家庭菜園の整備をしてしまいましょう



まずは花壇から

Dsc_3021


枯れたコキアを抜いて、チューリップを植えます




今年のチョイスはこちら

Dsc_3024

黒いチューリップもあるんですねぇ~




配列に余念のない奥さん

Dsc_3026


ワタシは家庭菜園の片づけを始めましょうか

Dsc_3022

今年の実りに感謝して




そして、来年の豊作に期待して畑を手入れします





大量のもみ殻を投入して、一気に耕します

Dsc_3027


畑作業は腰にくるねぇ




そして、アスパラも片付けます

Dsc_3028


バッサリカットして、冬に備えます

Dsc_3029


スッキリしました





Dsc_3031

IKKO





隠れる場所がなくなっちゃったね

2016年10月29日 (土)

文翔館で会議

今日は文翔館で会議です

Dsc_2988

この建物は旧県庁舎と県会議場事堂で、大正5年に建てられたそうです



昭和59年には国の重要文化財に指定された、とても貴重な建物です


階段からも歴史を感じます

Dsc_2993


各所に細かい彫刻が施されています

Dsc_2994


時代が変わっても、いいものはいいんです





館内は無料で見学することが出来ます

Dsc_2997


大正時代は、それは先進的な洋風建築だったのでしょう

Dsc_3000


その隣で・・・


Dsc_2995



しっかりと前向き発言で頑張りますよ

Dsc_2996

しかし、この建物で会議を行うなんて夢にも思いませんでした

激太りの理由

我が家の周りをウロウロしているIKKO





IKKOとは?




下の写真は6月に撮影したIKKO

Dsc_0884

子猫と呼ぶには大きいかな?





薪棚や玄関先など、気の向くままにゴロゴロするIKKOに奥さんは魅了され、果ては宅急便のトラックに向かって「IKKO~」、テレビに映るTOKIOを見ては「IKKO~」と叫ぶのでした





「それはちゃうやろ」と突っ込みを入れるワタシをよそに、IKKOとの距離を縮めようと画策する奥さんは、愛読書をbq(ビーク)からねこのきもちへ切り替えたのだった






「ミホゴロウ」

ねこのきもちを熟読し、ねこよりねころぶことが上手くなったミホゴロウが生まれた瞬間だった






ミホゴロウはIKKOに近づき、こう語りかけるのだった。

「だいじょうぶだよ。」

な、なんと日本語である!





「ニャー」でもなければ「ウ~」でもなく、「だいじょうぶだよ。」





もうミホゴロウはIKKOとマブダチである





ミホゴロウが差し出した手をIKKOは不思議そうに見つめ、そして互いの手を合わせようとした瞬間、




IKKOは幕之内一歩ばりのデンプシーロールをミホゴロウに繰り広げるのだった

89186f9521f8fdaca4ed3e16367c1722

(はじめの一歩)



こうしてミホゴロウとIKKOの終わりなき戦いは続いていったが、ある暑い夏の日を境にIKKOはピタリと姿を見せなくなってしまった






そう、それはミホゴロウが鷹村守ばりのビートルズアッパーを完成させて間もない日だった。

E0052336_2259462
(はじめの一歩)




ミホゴロウは思った。




IKKOは戦うことを恐れてしまったのだろうか。





来る日も来る日もミホゴロウはIKKOを待った。

雨の日も、風の日も。

だが、IKKOは来なかった。

ミホゴロウは思った。

もう、IKKOはこの世にいないんじゃないか・・・と。





ミホゴロウはIKKO死亡説(仮)を打ち立て、鶏レベルの忘却を自らに課するのだった。





こうして我が家には、ミホゴロウを脱した奥さんが帰ってきた





そして、いつもと変わらない平穏な生活を取り戻したのだった





昨日、外は清々しい空気に包まれていた





ドアを開け、外に出ようとすると、



2


IKKO




デブIKKO

技に磨きをかけて帰ってきたようだ。

2016年10月28日 (金)

干し柿作り

当院のデイケアで、恒例の干し柿作りを行いました





専用の皮むき器を使えば、片手でも皮をむくことが出来ます


Img_3321



さすがみなさん、慣れていらっしゃる


Img_3319


50個あった柿も、一瞬で皮むき終了です





作業のお手伝いをしながら、




「去年の干し柿も美味しかったよね~



と話しかけると、





「食べてないよ」


「えっ


「『食べてない!』」


「ええっ


「『『絶対たべてないよー』』」



 絶句」




利用者みなさんが、口を揃えて食べてないコール





オカシイなぁ。



食べていると思うん・・・





「『食べてない』」







ご、ごめんなさい






今年はしっかり食べていただきますよ

Img_3325


点滴台も、新しい役割を見つけたね

2016年10月27日 (木)

研究会で発表だ

12月に栄養研究会が開催されます

いつもは山形県から始まり、東北(今年は宮城)、そして全国(今年は岡山)と3回発表を行いますが、日程の都合で山形と全国にエントリーしました

32jspen_01

まだ採択の返事が来ていませんが、準備を万端にしておかなければいけませんね


発表を始めて12年。



少しは成長している気がします

2016年10月26日 (水)

書籍で学ぶロードレース

3300kmを23日間かけて走破するツール・ド・フランスは、ロードレース(自転車)に関心が無い方でも一度は耳にしたことがあるだろう



海外では絶大な人気を誇るロードレース



ツール・ド・フランス以外にも数多くのレースが開催され、人々を熱狂の渦に巻き込んでいる



昨今、自転車ブームの再来から、ロードバイクで颯爽と駆け抜ける姿をよく目にする

クッション性の無いサドルはお尻イタイイタイ病を発症し、慣れない前傾姿勢は頸椎ピキピキ病を招く




さらに、ピチピチのウェアで羞恥心は全開だ
とは言え、自身の力のみで加速するロードバイクは多くの人を虜にするのである。






ただ、走り続けるために練習は必須である
辛い練習に耐え、何とかモチベーションを保とうとしている貴方
今すぐ、書店に直行だ





そして、この本を手に取って欲しい

41877inpyol_sx298_bo1204203200_



読み終えた瞬間、自分の役割を模索することになるこの一冊

貴方と次に会う時には、「チーム・オッジ」の掛け声とともに熱いハグを繰り返すことだろう





さあ、次作をワタシは注文したぞ


貴方はどうだ

1

41n71ehvnl_sx349_bo1204203200_




「今日の飲み会は、ラストまでサヴァイブするぜ!」

と言っている人がいれば、そっと手元を見てほしい


グラスをかき混ぜるマドラーは、ケイデンス80回転を確実に維持していることだろう

さぁ、読むなら今だ






ちなみに、自転車に乗っていない人にもお薦めである


新たな世界が広がることを体験してほしい


あと、





言おうか迷っていたけど・・






作者の近藤史恵氏は、ロードバイクに乗ったことも無いし、実際にレースを観戦したことも無いらしい


それなのに、この臨場感




作家ってヤツは、恐ろしい

2016年10月25日 (火)

塩引き道場へ入門

今年も塩引き鮭を作る季節になりました



昨年の仕上がりはこちら



2015年 塩引き鮭作り(購入)


2015年 塩引き鮭作り(塩入れ2回目)



2015年 塩引き鮭作り(干場の確保)




2015年 塩引き鮭作り(塩抜き)



2015年 塩引き鮭(寒風干し)



2015年 塩引き鮭(実食)





と、ここまでは順調でしたが、この後スノーボードで骨盤骨折をしてしまい、入院中に寒風にさらされ続けた鮭はガチガチになるのでした・・。





今月末から来月初めがいい時期かなぁ~





予定を調整して、鮭を入手しなければいけませんね





さて、それとは別に、今年は塩引き鮭の本場、新潟県村上市で開催される「塩引き道場」の門を叩いてみます
732278075cf22ced48e1c1f041ee70fe440




11月中旬に入門しますので、村上式の塩引き鮭を作るのは来シーズンかな






奥さんも一緒に行きたいということで、受付の際に見学者が1名居ることを伝えました







・・・が、作業所が狭く、見学は不可とのことでした







それならば、







奥さんにも塩引き鮭作りを体験していただきましょう






2名参加で、予約確定です

2016年10月24日 (月)

芋煮会やりましょ。山形へ帰りましょ

楽しい時間は、あっと言う間である

みんなと別れ、ワタシは奥さんと共に山形を目指します

東北道を走っていると、須賀川市の当たりではウルトラマンの露出が非常に高くなる

Cgu2yhrueaeevq


カントリーサインにも、ウルトラマンである




それもそのはず。




何を隠そう須賀川市は、ウルトラマンの生みの親である円谷英二氏の生誕の地である





昼食を取るために立ち寄った安達太良SAでは、まさかのウルトラマンティガがお出迎え

Dsc_2968

近づくと、カラータイマーが鳴っている



ヤルなら今しかない




今となれば冷静に、シャッターチャンスとばかりにティガによじ登っていただろう





しかし、この時ばかりはティガをカメラに収め、満足げに立ち去るのだった





腹が減っていたのか・・




それとも、前日の疲れを引きずっていたのだろうか   il||li _| ̄|○ il||li





悩んでいても仕方がない




不安要素は片っ端から片付けるのみだ





そんで、鶏飯セットを注文

Dsc_2970

最高においしそうです





鶏はジューシー、ごはんもホクホクです

Dsc_2971


ココでも奥さんは一番人気の鶏飯を回避して、牛タン飯をチョイスするのだった





自分を見失わず、終始意思を貫く姿はサムライのソレである





ブレっブレなワタシは、この旅で何度襟を正しただろうか。

北上するにつれ、山々は色調を濃くしていく


Dsc_2972


月山湖付近は、絶景が広がっていた

Dsc_2976



楽しい時間は、あっと言う間である




気付かないうちに、時間は走り抜けていく。

ワタシも気が付けば42歳。

残された時間は長くても、もう40年。

歳を重ねるごとに行動パターンは固定化し、出会う人は月日に比例して少なくなっていくだろう。

そう思えば、今回福島でお逢いできたみなさんとの出会いは、ワタシの人生に大きな変化を齎してくれた。






「人との出会いは宝である。」






ワタシは、そう強く思っている


そして、「出会い」や「変化」を得たいと願うなら、忘れてはいけないものが2つある。




Imagination means nothing without doing.


《行動を伴わない想像力は、何の意味も持たない。》

常に前へ!





そして、

A day without laughter is a day wasted.

《無駄な一日。それは笑いのない日である。》




常に笑いを!



Charlie Chaplin の言葉を胸に、今を全力投球するのみである

2016年10月23日 (日)

芋煮会やりましょ。豪華絢爛 貸別荘

奥さんの友達「ユミちゃん」のお誘いを受け、福島の貸別荘ダービーハウスに到着したワタシ達

Dsc_2962

~これまでの軌跡~

①芋煮会やりましょ。福島で!



②芋煮会やりましょ。魔の国道13号線




車を駐車し目の前のガラス窓の右上を見た瞬間、ワタシはピンと来たのである

壁付けされた、不審者をキャッチする防犯カメラ

山形で防犯カメラにお目にかかれる場所は、コンビニ 銀行 金持ち宅 と決まっているのである。

さらに、さらにである。

窓右下には赤いステッカー

そう、山形県民憧れの「SECOM」である

SECOMと金持ちは同義であると、ワタシは信じてやまない





これだけでも証拠は十分であるが、ふと入口の看板を思い出し、ワタシの思いは核心に変わるのだった

「ダービーハウス」

きっとワタシに似合う言葉は「ブービー」だろう。

そして、家を「ハウス」と呼んだあかつきには、顔面は紅潮し脈拍は急上昇し、生命の危機に陥るかもしれない。

そのくらい縁遠い言葉、「ダービーハウス」

玄関に防犯カメラを設置し、その上にSECOMである。そして、別荘の名前はダービーハウス。

間違いない 

金の匂いがする

ここは、金持ちの巣窟ではないか

玄関を入り、客間と思われる広大な部屋に足を踏み入れた時、ひとつの思いがよぎった

Dsc_2967

奥さんも同じく感じたようである





二人は一目散に壁に飾られたムチを目指し、走り出すのだった





「叩くか叩かれるか」

そう、そこはお笑いのパラダイス

互いの尻を打ち合い、フィニッシュは「ヒヒ~ン」で決まりだ!

奥さんは、「藻」事件で頭に血が上り、力の限りワタシの尻を打ちのめすはずだ!

そこで、仕上げの「ヒヒ~ン」だ!





笑いは二人の手中にあった







・・・が、

Dsc_2966


・・・大井?    ・・・優勝??




ムチはただならぬオーラを纏い、下品なお笑いを画策する二人を跳ね除けるのだった






それならばと、バスルームに向かう

Dsc_2953


ムチがダメならバスである






檜が香る大浴場

Dsc_2954


「広すぎて寒い」 





9割の山形県民は負け惜しみたっぷりにそう答えるだろう。







湯船がまたデカイ

Dsc_2955


これは一家が一度に入れるように設計されたものだろうか。





まさにギリシャ神話クラスである





「水が勿体ない」

65歳以上の山形県民は、口を揃えてそう言うだろう。






ちなみに奥さんはこの湯船に果敢に挑んだらしい






蛇口を捻り、死体のように微動だにせず仰向けでスタンばっていたそうだが、湯は一向に溜まる気配を見せなかったらしい。

我慢の限界を超えるころ、湯はぬるま湯と化し、横たわる体のくるぶしまで到達したそうだ。


奥さんは何を考え、後頭部を濡らしていたのだろう・・。





つくづくワタシは、この女性と結婚して良かったと思う。




そう言えば、バスの入口にもう1つ扉があった

Dsc_2951

ワタシもここは察しが付く

そう、サウナだ







手触りのいいドアノブに手をかけ、一気に開放する

Dsc_2952

惜しい!




ココはタオルではなく、ムチが欲しいところだった・・。

そろそろみんなは気が付いただろうか?

ワタシの口から、「バス」と発せられていることに。





解っている。心配ない






通用するのはココだけである。






山形で「バス」と口にしたなら、次の瞬間には庄内交通の時刻表を差し出されることだろう






サウナの脇には洗面台である

Dsc_2956



勿論、このタイプを山形で拝見するには、高級スナックをしらみつぶしにアタックする必要があるのは言うまでもない。

Dsc_2957



一通り見学を終え、BBQの仕込みに入ったものの、陽は暮れ秋風が我々の行く手を阻んでいた




山形県民でさえも、外に出るという選択肢は薄れていた。




ここで、オオカワ夫妻は「BBQは屋内で!」という、来季の夏に流行りそうな標語風の神判断を下すのだった






テーブルを囲み、宴会モードは最高潮である





奥さんの芋煮も飛ぶように売れた

Dsc_2934


福島での芋煮会は、まさに絶頂を迎えようとしていた






庄内の日本酒を楽しみながら、時は流れてゆく






酒は飲まれてなんぼ





ワタシの座右の銘であるが、同じかおりの漢がもう一人。

ハセクン

Dsc_2938

その横顔からは、夢でも絶賛宴中であることが容易に想像できる




実に、実に楽しそうである





隣のケンちゃんを他所に、ウィービングを始めるハセクン

Dsc_2942


ハセクンの戦いは始まっているようだった





ボディだ、ボディいけ、ハセクン




しかし、ハセクンの才能を持ってしても、見えない敵はあまりに強すぎたようだ

Dsc_2935



ハセク~ン


Joelastanime

(ブログ 語り部のほとりで より)





勝負は残酷だ。






戦いを終えたハセクンは、オオカワのダンナとユミちゃんに支えられリングを後にするのだった。

Dsc_2936

この焼酎の減りを見る限り、ワタシも相当足に来ていることは間違いではない。





スマホの写真がブレブレであることから、この緊急時にもワタシは笑いながらシャッターを切っていたのだろう






ハセクンが去った後には、丹下段平(ニシ君)が不敵な笑みを浮かべていた。

Dsc_2941a


その笑みは何なんだ





遠のく意識の中、ワタシは眠りについた







「ズバズビガg、ゴガprオオオオ





暗闇を切り裂く叫び声は、ハセクンが誰かに助けを求めているようだった

Dsc_2945



大丈夫かっ





ハセクン


Dsc_2946

がっちりとエア4の字固めを決められるハセクン





ワタシはタオルを投げ入れるべきだろうか。






いや、よく見てほしい







こっ、これは、4の字固めを「決めている」のだ






その証拠に、ハセクンは拳を突き上げ勝利を確信しているのだった


Dsc_2947

何と言う強靭な精神力だ




最後まで戦いを諦めない漢、ハセクン。




この漢との出会いは、ワタシの人生にとてつもない影響を与えることは今後の報告を期待して欲しい




そして、この結果を予言していたかのような立ち振る舞いをみせたニシ君。





そこには、真の友情をはるかに卓越した、漢と漢の闘いを垣間見た気がした。








なにはともあれ、とても充実した芋煮会でした

1


企画していただいたユミちゃん、そして我々を快く迎え入れて下さったみなさん、本当に本当にありがとうございました


2


都内に伺うことがあれば、必ず連絡します






もし時間が合えば、ディープな浅草de昼のみツアーに連れて行ってください






それではみなさん、またお逢いしましょう







最高に楽しかったです






ありがとうございました

2016年10月22日 (土)

芋煮会やりましょ。魔の国道13号線

美味しいラーメンを食べて、お腹は大満足





あとは、みんなと合流するためにイオン白河西郷店に向かうのみである

長距離のドライブは、奥さんとゆっくりと話ができる貴重な時間だ

仕事のことや家族のこと、いろいろなことを話しながら時間は過ぎてゆく





米沢から福島へ抜ける国道13号線は山を縫って走るため、この時期は紅葉がとても綺麗である




それは、同時に待避所やコンビニが少ないことを意味していた





変わりゆく山並みを見つめ車を走らせていると、

「あっ!薬の時間だ!!」

と奥さん。

そう言うと薬を取り出し、車内に置かれたペットボトルのお茶を一気に飲もうとし、、、

「待って!色が濃くなって悪くなっているから!」

ワタシの静止で奥さんはお茶を飲むことは無かった





悪い癖なのだが、ワタシは飲みかけのペットボトルを車内に置きっぱなしにしてしまう

捨てるのは次に飲み物を買う時だから、下手をすれば1ヶ月以上も放置されていることもある





いやぁ~危ない!良かった、良かった






「うめぇ~






ちょ、ちょっと 奥さん、飲んでますやん





ダメだって

そういうワタシに奥さんは一言。

「私は大丈夫。あなたは腹が下るだろうけど

はい

ワタシのお腹は奥さんのソレよりも、6割ほど弱いことは過去の経験で実証済みである






薬を取り出し、先ほどよりも勢いよくペットボトルを口に運ぶ奥さん

連続するカーブが続き、運転に集中しようとした次の瞬間

「ん~ ん~ ん~

驚きと怒りが入り混じる、大きなうめき声の主に眼をやると、

口から(茶色の)藻(みたいなの)がぶら下がっている

その瞬間、ワタシの脳内にはエクソシストが鮮明に映し出され、失禁を回避すべきお尻の穴に全力で力を込めるのだった






「笑ッタラ、殺ス

奥さんの眼はマジだった。






そして、躊躇なくワタシの愛車のシートに、(茶色の)藻(のようなもの)を吐き出す姿は、現代の男子が忘れかけている男気そのものであった。





その時、ワタシは思った。

この女性と結婚して良かったと。

そして、幸運は続かないものだと。





この時の衝撃を例えるなら、「お前のおじいちゃんはミッキーマウスだよ」などと言われることの比ではない。





車内では口に違和感を覚えた女性と、眼に薄らと涙を浮かべ肩を小刻みに揺らし続ける男性が遠く福島を見つめていた






途中の記憶が無いのは気のせいだと思われるが、無事にみんなと合流することができた






3ヵ月前と何も変わらず、みんな元気そうである






一気にパーティーを編成し、イオンを攻め入る





勇者・戦士・武闘家・以下 遊び人という強力な布陣で戦いを挑む姿は圧巻である

Dsc_2929

買い物を終え、我々は「抽選券」を手に入れた!!

Dsc_2932


勇者は「うんのよさ ほぼ0」の奥さんを指名した!




テレレッテッテッテ~

Dsc_2930

「奥さん は イオンしょうひんけん 1000えんぶんを げっとした!」





ボクサーのみんなは、ぜひ対戦者を前に同じポーズを取って欲しい。

ワタシはこの短時間に、奥さんの幸運と地獄を行き来した貴重な姿をとらえることに成功したのだった





買い物を終え、向かうは本日の宿







こんな坂を上った静かな場所に・・

Dsc_2958



ありました  ダービーハウス

Dsc_2959


貸別荘なんですねぇ~





デカいですねぇ~


Dsc_2960


表札ですねぇ~

Dsc_2961

こちらのオーナーは、宿泊者が居る時に戻ってこられるそうです





しかし、スゲー

Dsc_2962


外壁は全て天然石だそうです。→オーナー談


Dsc_2964

扉を開け、足を踏み入れた先には、

つづく

芋煮会やりましょ。福島で!

奥さんが群馬県で学んでいた一年間が、もう遠く昔のように感じる・・



奥さんが群馬県に居たおかげで、ワタシはいろいろなことに挑戦できました




【輝かしい?戦歴】


①2015佐渡ロングライド準備編 ~揺れ動くチキンハート~



②佐渡ロングライド(新潟市街へ)



③佐渡ロングライド(佐渡へ)



④佐渡ロングライド(出走)




勝手に!ツール・ド・群馬① ~酒田市→小千谷市~

勝手に!ツール・ド・群馬② ~小千谷市→前橋市~





その他、いろいろな事がありました




楽しかったなぁ~





ワタシも充実していましたが、奥さんはそれはもう、毛根が失活するほど悩み、苦しみ、もがき、それはもう、ドキがムネムネする毎日だったようです





大人になって学ぶと言うことは、それはそれは大変なことで・・・




それ相応の覚悟が必要な訳で・・・
決死の覚悟で挑んだ入学面接で奥さんは、面接官(教授)の「一番心配なことはナニ?」との問いに、




「一人暮らしです
と声高らか答え、驚異の殺笑能力を武器に入学の権利を得たのは周知の事実である。
奥さんの学校生活は非常に興味深いものがありますが、それはまたの機会に説明しようと思う





さて、今日は奥さんが群馬の学び舎で共に語り、共に悩み、共にもがいた(かどうかは不明)友達のユミちゃんのお誘いを受け、福島の地を踏むことになったのだ





ユミちゃんは付き合いの長い友人のみなさんと年に数回旅行に行っているそうで、今年の7月には山形県酒田市に遊びに来てくれたのだった
その時ワタシは、小児糖尿病サマーキャンプの運営の傍ら、酒田の海を楽しんでもらうべく準備を進めていた。





・・・にも関わらず痛恨の雨・雨・雨
雨で観光が絞り込まれ、泣く泣く船下りを選択することになったのである
その後の宴でワタシは、「山形と言えば芋煮っショ」 「庄内は豚肉の味噌味っショ」 「絶対に旨いっショ」 とサブリミナル効果を期待して、これでもかと発言を繰り返したのだった
これにより、この度の芋煮会が行われる運びとなったかは定かではない
確実なところは、「ユミちゃんのお友達との旅行に我々がほぼ強引に合流する」と言ったところだろう
さて、芋煮会といえば山形
具材も山形県産をお届けしたい
福島の里芋を使用することは許されないのである  無いかもしれないしね



前日に芋煮の具材を調達して、残るワタシの使命は「料理人 奥さん」を無事に芋煮会場にお届けするのみである
さあ、出発だ
いつの時代も、遠出は楽しいものである





みんなとの待ち合わせは15時
時間に余裕があるので、ちょっと下道を通って辛みそラーメンの有名店、龍上海でお昼にしましょう







・・・・。







めっちゃ並んでますやん






急降下する奥さんのテンションを水面ギリギリですくい上げ、通ってきた道沿いの空いているお店へGO


Dsc_2927



「龍上海じゃないならドコでも同じだよ」と、奥さんから快諾をいただいての入店です

Dsc_2926


あ~、緊張しますねぇ~




これで美味しくなければ、芋煮の仕上がりに支障が出るかもしれません





奥さんは味噌野菜ラーメンを選択

Dsc_2925

※写真はワタシが注文した辛味噌野菜ラーメン




ズズズーーー






ウマ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

奥さんも大満足です





食事を始め時間が経つにつれ、店内はお客さんで溢れています






こりゃ、いいお店に入ったんじゃね





幸先のいい出来事に、幸運はいつまでも続くと2人が錯覚した瞬間だった。

2016年10月21日 (金)

ROSSIGNOL RACE V.A.S 146

ヤフオクにて、よさげな商品を発見


Ojoj_daikokudouimg600x4401452388739


時間を見てはヤフオクを見ていたけど、なかなかこの手の板が出てこないんだよね





・・・サイズが





やっと探したこちらの板





ROSSIGNOL RACE V.A.S 146

Ojoj_daikokudouimg545x5991452388739


たぶん、96-97当たりのモデルだと思う





相当古いよね


手に取ってみると、状態はさほど悪くは無いみたい






まずは奥さんに乗ってもらって、「板の違い」を感じてほしいと思います





この板が良いとか悪いじゃなくて、滑りの変化を求める場合はアイテムの選択が重要だってことに気がついてほしい

そんで、近いうちにNEWモデルに乗る日が来ればいいなぁと思っています






「今の板はスゲー アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!! 」ってビックリすると思います





楽しみだなぁ~




今年は飛ばしていきますよ~







ん?

こちらの板のお値段?

送料の方が高かったです

2016年10月20日 (木)

早起きを日常に

体を絞り、来年の佐渡国際トライアスロンに向けた体力作りをしようと考えています





ですが、何をどうすれば時間が作れるのか悩んでいます

以前、暗闇を走って転んだ経験があるので夜道のランは禁止です

そんなことで、夜の時間はスイムに充当






バイクは室内でローラー台を回します 



これはスイムの休養日か休日に行います





それじゃ、ランは






ワタシが出した答えはコチラ


51okupwaj5l_sx339_bo1204203200_



早く起きて走ればいいよね





これから雪が降れば、除雪もしなければいけないから一石二鳥(なのか?)






以前買った、冬用のランシューズもあるしね






夜型を朝型にシフトできるよう、早寝してみます






綺麗な朝日を見ながら、一日をスタートさせます

Imga4373cabzikbzj


目標は早朝の飲み屋街を、酔っ払い観察をしながら颯爽と駆け抜けることです

2016年10月19日 (水)

光回線終端装置(ONU)の交換

光ケーブルを交換しても状況が変わらず・・・




こりゃダメだ





NTTに電話して、ONUの交換をお願いしようと思います





24時間対応しているようですが、通話可能時間は9時から17時までとのこと




それ以外は留守電になるようです







早急にお願いしたいので通話可能時間に電話をしましたが、







全然繋がりません






時間帯を変えて、何度も電話をかけましたがダメ







どうしようかな・・・   







そう言えば、DoCoMo光プランに変更したことを思い出しました






善は急げでDoCoMoに電話します






直ぐに繋がった






今までの苦労は何だったんだ   il||li _| ̄|○ il||li







状況を話すると、ONUを送ってくれるとのこと






そして、早速取り付けました


Dsc_2914



無事に作動して一安心です






やっぱりDoCoMo 頼りになります

2016年10月18日 (火)

降雪予想

家庭菜園の茄子にカマキリの卵が産みつけられていました


Dsc_2906




地上から約1mくらいの場所です

Dsc_2908


今年の冬はこのくらい雪が積もるんでしょうか






嬉しいような、そうでもないような・・・








でも、カマキリの巣での降雪予報はガセとの噂もあるようです







結果はどうなるでしょう







冬が楽しみですね

2016年10月17日 (月)

にんにくの植え付け

種用に取り分けておいたにんにくから芽が出てきました


Dsc_2887


これが植え付けのサインです







早速、家庭菜園の一部を耕します


Dsc_2888



今年は約40個のにんにくを植えました

Dsc_2889


来年のにんにくの出来はどうかな






でっかく成長しますように

2016年10月16日 (日)

薪の片付け

先週、久しぶりに薪作業を行ってひと段落していました




一冬そのままでいいよ というお言葉に甘え、片付けるのは桜の咲く季節だね~・・・





と思っていたら、「近所から苦情が出たから早く片付けてくれ」とのこと







マジか







仕方がないので、マラソン終了後に薪作業開始です






結構な薪の量


Dsc_2903

今回も頼れる住宅屋さんのモリワークスさんから、軽トラをお借りしました







忙しい中、モーリー師匠からも手伝っていただきました







モーリー師匠、いつもありがとー



Dsc_2902


上の写真を見てほしい





手首を180°回転させて、柔軟性を競っている・・・   訳ではナイ






薪を運ぶという重要な局面において、モーリー師匠は右手一本で勝負に出ようとしているのだ





何と言う強靭なメンタルだ






自らハンデを作り立ち向かう姿は、トップアスリートのメンタルを彷彿ささせる





そして5~6kgはあろう未乾燥の薪を、右手一本で軽々持ち上げるモーリー師匠





何と言う握力だ






今日帰宅したら、「スーパーサイヤ人を見てしまった」と奥さんにお伝えしなければならない。






一見、無意味に思える左手の軍手。






無論、左手に着用されているソレは、右手用のスペアであることは語るまでもない。







さぁ、本気で作業に入ろう


Dsc_2904





みんなもモリワークスに行って、ゴールデングンテを手にして欲しい



Dsc_2905


極上のフィット感は、直ぐにでも薪を掴みたくなることだろう




・・・といった感じで作業を進め、無事に薪を撤収しました








モーリー師匠、本当に助かりました ありがとうございます







次からは、余裕を持った作業を行うようにしたいとおもいます

つや姫マラソン

超快晴です


Dsc_2893


今年最後のイベントとなる、つや姫マラソンに参加しました





最近、自転車にばかり乗っているのでうっかりしていましたが、実は佐渡トライアスロン以来、全く走っていませんでした





こんな感じじゃ怪我しちゃうよね






まずは、完走を目指して頑張りますか

Dsc_2896



海岸沿いのコースは、酒田らしさを感じます

Dsc_2900

青空が気持ちいいです





周りの景色を楽しんで、無事に完走できました

20161016_1155011





来年に向けて、トレーニングを始めなければいけませんね






参加賞の芋煮とつや姫のおにぎりをいただきました

Dsc_2901


塩分補給に最適です




つや姫は本当においしいお米ですね





天気に恵まれて、気持ちよく今年最後のマラソンを走ることが出来ました

2016年10月15日 (土)

芋煮会

研修会を終えて、ダッシュで帰宅





なにを隠そう、職場の芋煮会が絶賛開催中なのだ






ワタシが所属するサークルが主催する芋煮会なのですが、どうしても丸1日の時間が取れないため今日になってしまいました





絶好のロケーションです


Dsc_2882



外で芋煮会をするのは何年振りだろう





ワタシが到着した時には、みんなのお腹はパンパンでした

Dsc_2885



秋風に吹かれながら、話は尽きません

Dsc_2880


まだまだ陽は高い




寒くなる前に、二次会に突入だ

研修会

今日は秋季研修会




山大の先生をお招きして、認知症の基礎を学びます




会場は新庄駅に隣接する、ゆめりあを使用します


Dsc_2874



なんと、今日はお祭りじゃないですか

Dsc_2875

タイミングが悪いなあ




まあ、研修会が終わったらお祭りにでも行ってみましょうかね





今日使用する会場は初めて使用する場所です







入ったことが無い会場なのでどうなることかと思いましたが、

Dsc_2878


なんと、映画も上映されるホールでした




スゴくいい環境です



心地よい暖房と、すわり心地のいい椅子、そして適度に響く音響。





こりゃ、寝るな

2016年10月14日 (金)

光回線終端装置(ONU)の故障?

注文していた光回線ケーブルが届きました

Dsc_2868


これでネットにも繋がるはずです





やあ、どうも

Dsc_2870






こんにちは ピョコ

Dsc_2871


こんな仕組みになっているんだね





ケーブルを繋いで、ONUの電源を入れてみます


Dsc_2873



いろんなランプが点滅して綺麗ですねぇ~




・・・こりゃ、故障だな




早速、サポートセンターに連絡だ

2016年10月13日 (木)

初焚き

冷え込みが激しくなってきたので、試運転を兼ねて初焚きです

Dsc_2852

来年は古い薪棚を撤去して、約1.5倍の収量となる薪棚を新設しようと考えています




出来るだけ簡単に作業できるように、薪の使い方(置き方)を考えながら焚いて行こうと思います

Dsc_2853


薪ストーブに火を入れると、一年の早やさをヒシヒシと感じます

2016年10月12日 (水)

光ファイバーケーブルが断線

最近、Wi-Fiの接続が悪く悩んでいました




ネットも繋がらないしぃ~





どうした




新手のウィルスか






ワタシの個人情報はどこまで流れてしまうのでしょう





あっちを引き抜き、こっちを引き抜き、いろいろとやって解ったこと






それは、








断線しとるやんけ



Dsc_2864



光ファイバーケーブルがプッツンです

ネットで調べると、家電量販店では取り扱いが無いとのことですが、とりあえず近くのヤマ○電気に在庫確認

「すみません。光ファイバーケーブルの在庫はありますか?」





「はっ?」 ←若い女性

「外から引き込んだ光ファイバーを、回線終端装置に接続するケーブルなんですが・・・」





「はっ?ルーターならLANケーブルって言いますけどっ!」

なんか、怒ってる。。

「いや、違うんです。光ファイバーのケーブルなんです。」








「ナニとナニを繋ぐんですかっ!どんな時に使うんですかっ!」








こりゃだめだ・・






「もういいです。結構です

疲れました






まさに反面教師。「人の振り見て我が振り直せ」ですよ






やっぱ、最終的にはAmazonに行っちゃうね

八光電機製作所 曲げフリー 宅内光配線コード 5m 両端SCコネクタ付 自動開閉シャッタ構造 曲げフリー光コードN5m

Photo

512an8yuqdl



これで解決すればイイよね

2016年10月11日 (火)

ストチュウトラップ

家庭菜園の憎き敵であるヨトウムシを根絶するために、ストチュウトラップ を仕掛けていました

Dsc_2842



効果のほどはというと


Dsc_2844


スズメバチがめっちゃ入ってる




ヨトウガの姿は少ないですね




これは、配合を見直さないといけませんね

2016年10月10日 (月)

初冠雪

天気が良かったので、奥さんと紅葉狩りにやってきました


Dsc_2859


鳥海山は絶好の紅葉狩り日和です





昨日、10月9日に初冠雪があったそうです

Dsc_2860


現在地の気温は8℃





自宅周辺とは約10℃の差がありますね





これから日に日に寒くなることでしょう






昨年は怪我のためスノーボードを中断したので、いつにも増して雪が待ち遠しいです


Dsc_2861

雪よ いつでもいいぞ

2016年10月 9日 (日)

久しぶりの薪集め

住宅地の樹の処分をお願いされました





なかなか時間が無くお断りしようと考えていましたが、高齢者がナタで大木に向かっている姿をみたら・・・  ねえ



断れるわけがアリマセン






住宅に生える樹には魂が宿ると言われるじゃないですか





ちなみにワタシは信じる派です






そんなことで、伐採だけは他の方にお願いしていただきました






どんな感じかなぁ~


Dsc_2845


  il||li _| ̄|○ il||li





こりゃ、かなりの苦戦を強いられそうです







そしてこの場所、住宅が密集しているのでチェンソーの音にも苦情が出そうです






考えた挙句、強風上等雨天決行ってことで、あえて天気の悪い日を選んで作業開始です





チェンソーの音も、強風に紛れることでしょう





早速、切って切って切りまくれ


Dsc_2846



うお~ 次はこっちだ

Dsc_2848



切って切って切りまくれ

Dsc_2849


この現場は交通量が多い細い道に面しているため、路駐ができません





そのため、モリワークスさんから軽トラックをお借りしました





奥に見える素敵なカラーの軽トラックが見えますか





最高に乗りやすい車です





急なお願いにも迅速に対応していただき、本当にありがとうございます





そんで、「後から手伝いにいくよぉ~」って、モーリー師匠、あんたはどんだけいい人なんや




いつもお世話になりっぱなしです






切り終えた樹を集めて・・・


Dsc_2851



この後、モーリー師匠から薪割機をお借りして全て割りました





モーリー師匠のおかげで、短時間で終えることが出来ました




ありがとうございます






さて、一時は雪解けまでこの場所に置いてよいとの話でしたが、状況が変わりました






近所の方から苦情があり、早急に撤去して欲しいと先ほど連絡が入りました






週末のハーフマラソンが終わったら、作業したいと思います






モーリー師匠、また軽トラック貸してくださーい

2016年10月 8日 (土)

自転車の反省会

先日、初の団体戦であるツール・ド・東北を無事に完走しました




その2週間後、ちゃかふみさんと息子のそら君はサイクルフェスタ丸森という70kmを超える距離のイベントに参加したのでした





どんだけタフやねん





この大会が年内最後と言うこともあって、ちゃかふみさんのお宅で反省会を開いていただきました



Dsc_2840

ツール・ド・東北を一緒に走ったカドタさんは所用のためご一緒できませんでしたが、ちゃかふみさんと共にサイクルフェスタ丸森を走ったシラハタさん、ちゃかふみさんの弟のナオキさん、ミウラさん、ちゃかふみさんの同級生のマツモトさんと楽しい時間を過ごしました





ちゃかふみさんのご厚意でワタシもお招きいただいたのですが、「自転車に乗っていなければ」 「ツール・ド・東北に出ていなければ」 「ちゃかふみさんと面識がなければ」 ・・・何一つ欠けてもみなさんとお会いすることはできませんでした






この歳になると行動範囲や友人が固定されつつあるため、行動パターンを変えるか新しいアクションを起こさなければ、人と知り合う機会が無くなります






快くお招きいただいたちゃかふみさんご家族、そしてちゃかふみさんの人脈に感謝です





自転車で繋がった縁を、これからも大切にしていきたいです




ちゃかふみさん、みなさん、楽しい時間をありがとうございました

2016年10月 7日 (金)

カーボンホイールが帰ってきた

メーカー保証がギリギリ切れていたカーボンホイール






マスターが日本の代理店に連絡してくれて、何とか何とか特別なルートで交渉を続けてもらっていました





そして、この度戻ってまいりました

Dsc_2863


修理ではなく、新品が装着されているようです




なんと修理費は0円






保証が切れているから、実費は覚悟していたんだよ






いやぁ~感謝感謝です






マスターと代理店さんに、少しばかりの御礼をしないとね







ちなみに、このホイールが直ってこなかったら、ワタシのカーボン人生は終了していました

2016年10月 6日 (木)

HAPPY LENS

SPY SNOW GOGGLE



Spybravo1



先シーズン、イントラ講習を受けていた時にすごいレンズがあることを教えてもらいました



そのレンズの名前は「HAPPY LENS」





HAPPY LENS とは

「人体に有益な光の伝達をもたらすようデザインされたレンズ」とのこと。

これだけを聞いていると「?」な感じですが、うつ病などの治療に役立てられている光療法にも用いられるロングウェイブ(波長800m以上)のブルーライトを取り込めるような仕組みになっているそうです。

人体をこのロングウェイブブルーライトにさらしていると、生理的にも人体が良く変化して、気分が向上。

目にも脳にもよく、自律神経のバランスも保たれるようです。

その他にも、ショートウェイブブルーライト、その他の有害な太陽光線を遮断。

Povflathappypersimmon




脳の働きに影響するってすごいですねぇ~





このレンズを通してゲレンデを見たときの衝撃は忘れられません





凹凸丸見えっ

2016年10月 5日 (水)

室内練習場

朝晩の冷え込みが秋を感じさせます





この時期、ワタシは一年で最も多忙となり、ポッケの中に忍ばせてあるTO DO リストと時計を睨みながら走り回っている





それほどまでやることがあるのか?






そう人は言う。







答えは、YESだ







まずは、きのこ狩りだ




徒歩3分の松林に群生するアミタケを塩漬けにし、お正月にはきのこ汁にきのこ雑煮、はたまたきのこ炒めを堪能したいと思っている。




年賀状の返信が届かない場合には、イレウス(腸閉塞)で入院していることが予想されるので、その当たりはご容赦願いたい






秋は産卵の季節である





待ちに待った鮭が母なる川を目指して、一気に遡上を開始するのだ






その鮭を塩引きに加工するのは毎年の恒例行事だが、今年は塩引きの本場として名高い、新潟県村上市の塩引き道場で指南頂きたいと思っている。





絶賛予約受付中のようだが当方のスケジュール調整がままならず、絶賛待機中であるところは優しく見守っていただきたい。








この頃、熊や鹿の出没が相次いでいる






彼らは自然界で共存すべく大切な仲間であるが、同じくしてライバルでもある






冬へ突入する今、皆が紅葉を楽しんでいる山々で食糧の争奪戦が勃発している。





銀杏の収穫期が迫っているであろう今日、ワタシは気が気ではない。






まさか、収穫を共にしているモーリー師匠は銀杏の事を忘れているのではないだろうか。



嗚呼、心配だ、心配だ。






銀杏に関する、何気ないキーワードをモーリー師匠に語り、それでも思い出せない場合は然るべき処置を取る覚悟でいる。







MRIのスペシャリストであるコレクター先輩に混みいる予約をすべてキャンセルしていただき、最優先でモーリー師匠の海馬を中心とした精密検査をお願いしたい






きっと退院する頃には、一面銀世界が広がっていることだろう







そういえば、室内で練習を始めました

Dsc_2816



ネタが無いことに免じて、モーリー師匠とコレクター先輩には寛大にお許しいただきたいと切に願っております。

2016年10月 4日 (火)

安易な判断でガクブルった件

容姿は時間の経過とともに変化する。




事実、ワタシは1年1kg増というミッションを確実に守り抜き、今年85kgに届きそうな勢いである。





仲間内にも、「現在成長中です。横に。」なんてダダ滑りのギャグも言えるようになってきた。





42歳。小学生からみれば、ただのジジイな年ごろだ。





そういえば・・と、今年で14年の付き合いになるヤツのことを思い出した。





そいつはかなりデカい体の割に繊細で、事あるごとに迷えるワタシに緻密で的確な情報をくれる。






そして最後には、必ずワタシをゴールに導いてくれる。





ふと思った。






そいつは14年前に出会った頃と何も変わっていない。





まぁ、たしかに、年相応のシミはあるけど肌の艶は悪くない。






前歯は梨畑で仕事をしている時に石にぶつけて少し欠けたようだけど、それほど気にならない。






視力矯正をして夜間のジョギングも快適そのもの。





無論、力の強さは今も群を抜いている。






底がツルツルの靴を履いているから、そろそろ買いなって会うたびに言っているけど・・。






強いて不安なところと言えば、骨密度だって。






定期健診を1度はギリギリクリアしたけれど、2度目は無いと言われたらしい。





もう全身ボロボロで、いつポキッといってもおかしくないそうだ。





そんなあいつが、最近妙に弱気なんだよね。






会う度に、「来年の6月まで持つかなぁ・・」って。






オレ、すっかり忘れてた。






あいつが女子だってこと。






齢を聞けばあれ?って思うけど、独身だし、パッと見りゃまだまだイケる。







なんでそんなに弱気になるんだよ。









 

プラ子。。

Dsc_2819

お前がどこかに行っちゃうって思ったら、居ても立ってもいられなくてオレやっちゃったよ。







ネットサーフィン









お前らの仲間ってスゲーな。







オレ、ネットでお前の仲間と友達になりたくて、性格の良さそうなヤツを探したんだ。








そしたら、「お会いするには、相応の金額が必要です。」とか言うんだよ。







参ったよ。








だって、オレの土地を買った金額と同じだぜ。








そりゃムリだろぉ~。







あまりにも無茶な事を言うもんだから、オレも考えたよ。









「一括査定」





イヤイヤ、プラ子を値踏みしたわけじゃないんだ。







ただ、ただ、軽い油を食うヤツがモテるっていうから、ちょっと興味があっただけなんだ。








ちょっと情報を入れて、ポチッとしたらさ、












そうしたらさ、














電話が鳴り止まねーんだよ

Screenshot_20161005124246




10秒で第一報が入り、








その後、ずーっと電話は鳴りっぱなし。








15分後には、不在着信がまさかの170件超え。









電話が燃えそうなくらい熱いんだよ








それでも電話が鳴るんだよ。








ヤベーよ、ヤバイ。








プラ子、ごめんな。









本当にごめん。









 

そして、

 

誰か助けてくれぇ~ぃ。

 

電話を止めてくれぇ~ぃ。









それではみなさん、よいお年を。

2016年10月 3日 (月)

ロードバイクのスピード感で仕事を捉え自身を考える

ロードレースの物語「サクリファイス」




ネットで、ロードバイクをやっているなら楽しさが倍増するから読んどけってことで購入

41877inpyol


ロードバイクに関わる物語ということは推測できる




早く走ることに近道は無く、日々地道に努力した者が先頭の静かなポジションを得ることが出来る




だが、少しでも努力を怠れば、いとも簡単に自身の立ち位置は変わってしまう





いつも感じていることだが、ロードバイクと仕事は通ずるところがある





一歩前に出るのも、歩みを止めるのも自分次第。





仕事も練習もがんばろう





と言うことでこれから雪が降り、室内での単調なローラー台を続けることになるため、「続ける意識」を掘り起こすため購入





次。




ワタシの仕事は楽しいのか?






何を求め、何を求められているんだろう






結論は自分の中にあるということを教えてくれる一冊


51pl4r4ql_ac_ul320_sr220320_

1が面白かったので、2も購入







最後。



02756635_1_1

今のワタシを形成した、最も尊敬する上司の一言がいつも頭から離れない。





ワタシの、「上司とは?」の問いに、





「孤独なもの。」と、その上司は答えた。





その一言に【決定】と【葛藤】と【選択】を繰り返した、真に戦っている漢の姿を見た。





ワタシには見えていない、「見えないものを見る」ために購入



さぁ、読書の秋に突入だ

2016年10月 2日 (日)

トキワマンサクの移植

トキワマンサクで作った生垣が、一部枯れてしまいました




写真中央の部分です

Dsc_2809



今が植え替えの適期ということなので、気合を入れて移植作業にとりかかります




自宅の角に植えているトキワマンサクを移植します

Dsc_2810



できるだけ根を残して、繊細に且つ大胆に作業を進めます






さぁ、どうですか

Dsc_2812


ん?あまり変わらない??




しっかり根を張って、元気に育ちますように

2016年10月 1日 (土)

職場菜園の芋掘り

一年間お世話を重ねた職場菜園の結果発表です




さつま芋の葉は茂り、さぞかしたくさんの収穫があることでしょう

Dsc_2790




10月は行事がたくさんあるため、全てのメンバーが集まることはできませんでした

Dsc_2799


みんなで力を合わせ、芋を探します





パワーのある大人は、畑の畝造りへ

Dsc_2801



にんにくを植えました

Dsc_2805

にんにくが一番安定していると思うのはワタシだけ?





さて、今年のお芋は甘いかな





デイケアの利用者さんや職場のスタッフに、焼き芋を作って食べさせたいなぁ





昨年は段ボールに4つ収穫できました








今年は大いに期待できそうです






さあさあ





さあ

Dsc_2806



マジか   il||li _| ̄|○ il||li





こりゃ、メンバーに配るだけで終了だな・・

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

日にち

  • イチゴdeカウントダウンブログパーツ

マイワークアウト

Strava

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ