« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

今年の年末スキーはココだ

今年の年末スキーは蔵王スキー場に来ました



すごく雪が少なくて、滑れるコースも極極限られているようです


Dsc_3611


今日のお宿はこちら、「ぼくのうち」にお世話になります

Dsc_3612


センタープラザ前にある、最高に立地の良いお宿です




今日は体調があまりよくないので移動のみ






到着後、間もなくして夕食です

Dsc_3613


メインは鴨鍋ですね~





暖かくて元気が出ます


Dsc_3614


年越しなので、お蕎麦も振舞われました


Dsc_3615


コシがあっておいしいです





ごちそうさまです





こちらのお宿は、お風呂が源泉かけ流しなんです






熱湯コマーシャルも真っ青な温度にヤられました





一息ついて夜の蔵王を散策です





山のてっぺんに見える明かりは、樹氷のライトアップかな

Dsc_3618



我々は別の明かりに誘われて、年越しの食材調達です


Dsc_3619

さぁ、今年はどっちが勝つのかな

2016年12月30日 (金)

Zwiftへの道②

待ちに待ったANT+の送信機が届きました


Dsc_3604


そうか、これを取り付けるんだね


Dsc_3605


年末が近くてバタバタしていますので、今日は開封のみでゴメンナサイ





年明けから走れるように、早めにセッティングします

2016年12月29日 (木)

羽黒山へ

年末の恒例行事となった御札の購入のため、羽黒山にやってきました


Dsc_3593

めちゃくちゃ雪が少ないんですけど




地面が見えますね

Dsc_3592



今年は雪が多いと聞いていましたが、どうなんでしょうね





社務所で御札をお願いしていると、見慣れないモノがあるじゃありませんか





これも時代なのかなぁ~と感じました




抑えられない興味に駆られ、その卓上熊手を入手しました

Dsc_3607


来年も元気に暮らせますように

2016年12月28日 (水)

大掃除

御用納めなので、職場の机周りを掃除しました




年内の仕事はまだ続きますので、正月ムードはお預けですけどね






「いるもの」  「いらないもの」   「いるもの」  「いらな・・・・






仕分けしていくと、歴代の健康診断の結果が目に留まりました






健診結果は勤務してから毎年保管しています





ワタシがココに勤務し始めたのは23歳だったね


Dsc_3589


体重70.8kgって  細っそ




視力悪いし







改めて今年の診断結果を見直してみる

Dsc_3590


約20年前との比較ですが、体重が9kg増ですか・・





筋肉ガ増エタノカナ??  違うか





中性脂肪や肝機能にチェックがやたらと入ってますね




これはまずいですねぇ~




来年の目標の一つに、「肉体改造」を入れることが決まりました

2016年12月27日 (火)

手作り味噌の材料調達

今年の大豆は、「北海道産とよまさり」をチョイス



Pack5kg

5kgをお願いしました





そして、麹は初めて使用する「コシヒカリ玄米麹」です

Gennmaikouji2


いつもは白米麹を使用していますが、玄米麹は独特の風味と香りがあるらしいです





どれほど違うのか興味があったので使ってみます






大豆5kgと玄米麹8kgで、約25kgの味噌が完成します







味噌の仕込みは、年明けの2日あたりかな


2016年12月26日 (月)

イルミネーション?

自宅近くにある火力発電所の煙突の色がいつもと違う


Dsc_3583


Xmasイルミネーション?

Dsc_3584


この照明の変更や決定も、トップの判断によるものだと思います






ユーモアを忘れず、機転の利いた大人になりたいものです


2016年12月25日 (日)

年末のご挨拶

今年は3回作ることになった塩引き鮭


Dsc_3580

一番最後に作ったものが仕上がりましたので、これを持って年末のご挨拶に伺います




ビシッと乾燥して、ジックリ熟成されています

Dsc_3581


きっと喜んでもらえるでしょう

2016年12月24日 (土)

クロネコ参上

ご近所さんからはたはたを頂いたので、寒風干しにしてみました






その下には、お約束のようにクロネコがスタンバイしています


Dsc_3578




飛びついて諦めたのか、まだ気が付いていないのか・・・



Dsc_3579


猫と魚を奪い合うなんて思ってもいませんでした

2016年12月23日 (金)

Zwiftへの道①

先日、ZwiftのエントリをUPしました



いろいろ機材が必要でワタシには無理だなぁ~と諦めかけていたところ、ちゃかふみさんからANT+の受信機をいただきました




ちゃかふみさん、いつもありがとうございます

Dsc_3573



びっくりするほど小さい





そしてちゃかふみさんから話を聞くと、精度はどうあれANT+の送受信ができればZwift

を体験できるらしいじゃありませんか



その前に、PCで登録してみるといいのでは?とアドバイスを頂き、即実行しました






その結果・・・

Dsc_3574



ワタシも仮想空間に登場することができました





ホラホラ、ご覧下さい

Dsc_3575



ペダルを回しても送信機がないのでピクリともしませんけどね





もうテンションが上がっちゃって、ポチッとしちゃいました

Echowellsensor_combom


まずは一番お金のかからない方法でtryします

2016年12月22日 (木)

冬至のゆず湯

昨晩は冬至でした





冬至は昼が最も短いことが知られていますが、それ以外にも南瓜やゆずが思い浮かびます




でも、なぜゆず湯に入るのでしょう



中国や日本では、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が甦ってくると考えます。そこで、冬至のことを陰が極まり再び陽にかえる日という意の「一陽来復(いちようらいふく)」といい、この日を境に運も上昇するとされています。また、悪いことが続いても、回復してよい方向に向かうという意味もあります。
古代には冬至を1年のはじまりとしていた時代もあり、冬至に未来への希望をつないだのでしょう。
本来は、運を呼びこむ前に体を清めて厄払いするための禊(みそぎ)です。昔は毎日入浴する習慣がなかったので、「一陽来復」にそなえて身を清めていたのでしょう。現代でも、新年や大切な儀式に際して入浴する風習がありますね。昔から、強い香りがする植物で邪気をはらう風習がありますが(端午の節句の菖蒲湯など)、冬が旬のゆずは香りも強く、邪気ばらいにぴったりです。


ゆず湯の由来とやり方より





そんなことで、我が家でもゆず湯に入りました

Dsc_3570


これで運気・体力もUP間違いなしです






料理用にゆずの皮を少し貰いましたが、これはご愛嬌ってことで

Dsc_3571

2016年12月21日 (水)

面白そうだぞ! Zwift(ズイフト)

ロードバイクと薪ストーブ仲間であるちゃかふみさんのブログに、バク転で吹っ飛びそうなオモシロネタがUPされていました

その名はZwift(ズイフト) ←ちゃかふみさんのブログにぴょ~んします





Zwiftとはなんぞな






興味があったので、少し調べてみました






簡単に説明すると、「自転車とローラー台を使って仮想空間を走るゲーム」のようです






こんな感じになるらしい



Zwift03

オフィシャルブログより









画面にはローラーを廻している方々が、タイムリーに映し出されます

20150228_0810260

オフィシャルブログより





海外の方とトレインを組んで走ることも夢ではありません

・・・ただ、参加するにはPC環境を整える必要があります

PC音痴のワタシには、多くのブログを読み漁っても理解できない言語が並んでいます

Ant+?? なんて読みますの?






送信機と受信機間のデータをやりとりする規格?みたいなものでしょうかね

良くわからないけど、まぁいいっか

そのAnt+ってのを買って、適当に取り付ければいいのかな?








そんな訳はない そんなに甘くはないみたい   il||li _| ̄|○ il||li

ワタシの固定ローラーはMINOURAのV130なのですが、これの機種はZwiftに対応していないようなんだよね

Minoura_v130




使うローラーによって走行強度の精度が変わるらしいので、買い換えるならより楽しく走れる商品がいいよね







リアホイールを取り外して接続する、ダイレクトトランスミッション方式が良さそうだぞ

Elij135003



買えませんけどね








まだまだ下調べをする必要がありますが、メインのHPが英語なんですよね


良くわからんし


修理や復旧が上手くできないのも困りますからね







というか、今でさえ乗らないローラー台に、Zwiftを投入したからと言って毎日乗るのかな




ん~






ん~ ん~









はらたいらさんに3000点


2016年12月20日 (火)

1500エントリ達成

2010年8月27日から開始したブログ「休日は薪集め」ですが、この度1500エントリを達成しました

クリスマスや元旦に向けて調整しようと考えたこともありましたが、毎日エントリすることを継続する方が意味深いと考え今日になりました







シーラカンスの日という以外に話題性のない12月20日ですが、ワタシにとっては大きな大きな記念日になりました


ブログを始めたきっかけは、まさに「薪集め」でした



その後、薪棚の製作など思い出深いエントリもありました




自作薪棚








みんなから助けてもらって、日々いろいろなことに挑戦してきました









みんな、ありがとー










そして、約2年前までは不定期更新だったブログに転機が訪れました







奥さんが群馬の学校に入学したのです


1年間を離れて暮らすことになるのですが、友人も土地勘も無い場所で不安と闘う奥さんに少しでも気分を紛らわしてもらおうと、そのころから毎日エントリを重ねていきました







仕事のこと、食べたもの、行ったところ・・・ いろんなことをエントリしました







すぐにエントリが途切れてしまうかと思いきや、それが今日まで続きました







諦めないことと、継続することは誰にでもできることだなぁと思います






今となっては、とてもいい思い出です



明日からは「一日一新」を含めて、自分自身を高めることを意識したエントリをたまに書きながら、細々と更新を続けたいと思います







ワタシに残された時間は、もう40年ぐらいかな






精一杯楽しみたいと思います

2016年12月19日 (月)

カラスが見てる?

自宅周辺にカラスがたむろしています



Dsc_3565


まさか、まさかキミたちも、わらさを狙っているんじゃないでしょうね






今度は空の攻撃に備えなければならないのか







忙しくなるぞ~


2016年12月18日 (日)

わらさの塩引きが「おいしく」できました とさ

年末を控え、くろねこの巡回が頻繁に行われています


Dsc_3561


くろねこです

Dsc_3562


別に薪に乗るくらいならいいでしょう






全く問題ありません






ワタシはくろねこにかまっている暇はないんです






ねこ避けを完璧に施した薪棚に、わらさを干して数週間



そろそろ仕上がりが気になるじゃないですか






わらさに近づくと・・・






ん?







わらさがデカくなってないか







ってか、






わらさに足が生えてないかっ

Dsc_3550



↓ここ

Dsc_3550a

OH Illusion






It's Show Time





いやいや、おかしいだろ





なんで、くろねこが中に入っとるんじゃい






そっと近づくと、くろねこがわらさにダイブしているじゃありませんか







「ハグハグ、モグモグ






超喰ってる




わらさに顔をうずめて、ワタシにすら気が付きません








・・・おまえねぇ







まさか、さっきIKKOが玄関にいたけど、見張りとかダミーなんじゃないでしょうね


Dsc_3552



IKKOが気を引かせておいて、くろねこが獲物を狙う・・・みたいな







いや~、なんて賢いねこちゃんでしょう







わらさも完璧な仕上がりだったようで、さぞかしおいしかったでしょう


Dsc_3554

今度、残った一匹を大切に食べてみます



さぞかしおいしいことでしょう

2016年12月17日 (土)

研究会で発表してきました

毎年恒例ですが、研究会で発表してきました



Dsc_3556


内容はこちら





フロアからの質問で、「看取りの定義とは?」がありました。



ワタシは、「本人、家族が急性期病院での治療終了を受入れ、その段階で生命予後が短いことが予想されるが、自宅や施設に退院することが困難であり、さらに医療行為(点滴や酸素吸入)が必要であるため、ある程度の期間受入可能な施設に入院する状況。もちろん、回復すれば自宅での生活が可能になる状況も含む。」と話しました。






研究会が終わってからも、ずっとその答えに違和感があって考えていました。



もしかしたら、たぶん、「看取りの状態」を当院で表現するとすれば、「がんと老衰」にほぼ限定できるのかもしれません。



そう考えると、相当具合が悪くて入院してくる一割の人が退院できる施設ってすごくないですか







研究をしなければ、この結果を目にすることは無いんですよね







たま~に、「あれ?元気になって帰っていく患者がいるなぁ~ よかった、よかった」って具合で、自分たちの仕事の凄さに気が付かないんです







患者のために、病院が一丸となって協力する




これこそが、医療の原点だと思います







結果を示すために、これからも研究を続ける意義がありますね







さて、今年最後の大仕事が終わりましたので大反省会です


Dsc_3557


深い夜へレッツゴー





山形市街は大雪だなぁ

Dsc_3558

来年の課題を話し合いながら、深い夜は続きます





話をした内容を忘れませんように・・

2016年12月16日 (金)

準指導員検定の勉強

来年3月に準指導員検定が行われます





筆記と実技があるのですが、特徴的なのは2日間連続で行うところです



普通ならば筆記試験に合格して、実技試験に挑みそうなものですけどね






でも、日程がまとまっていることで忙しい人にもチャンスがあり、受け手にとっては大きなメリットとなります






そろそろ勉強しようかな~と考えていたら、「教程が新しくなっているからね」と教えていただきました





どのように変わっているのでしょう

51e3b3hmcbl_sx353_bo1204203200_


とても興味があります





もちろん、実技に関しても最新の情報を得る必要がありますね

51m3ebtm1gl_sx351_bo1204203200_



しっかり読みこんで、練習を重ねますか

2016年12月15日 (木)

PRIZMレンズ

そろそろ初滑りに行きたいなぁ~




その前にゴーグルの買換えを考えないとね





やっぱり、「SPY」のハッピーレンズ搭載モデルかなあ

Povsunnyhappybronzegreenspectras


こんな感じに見えたら、さぞかし気持ちよく滑れることでしょう





さて、レンズが決まったので、次はフレームを検討しましょうか






いろいろあって迷いますが、レンズを一瞬で交換できるBRAVOが良さそうですね



Sim




こんな感じで、パチ~ンと交換できるようです

Spy_prodtech_locksteady



もし大転倒して、レンズがパチ~ンとはじけ飛んでしまったら、ミニオンみたいになるんだろうなぁ・・と、一人想像して吹きだしてみる





~ ミニオン ~

Ec_minion
ユニバーサル・ピクチャーより









さあ、早速注文だ





と、行きたいところですが、何点か問題が。








それは、


「試着してなくね?」







あとね、






「本当にレンズ交換すんの?」







高価な商品だし、ましてアイウェアがフィットしないなんて笑い話にもほどがあるよね







そして、レンズ交換はいつするんだ?って話








スペアレンズを持って滑るんかいって話ですよ


・・・そんな訳ありません









いろいろ考えて、ふと我に返る







「ワタシが求めているものはクリアな視界、ただそれだけじゃないか

冷静になれ







ポチるのはまだ早い






冷静になるんだ








そんなことで、ワタシが愛用しているゴーグル『OAKLEY』のサイトへGO

そしたらですね、新しいレンズが開発されていたんです






その名は、PRIZMレンズ

Oakley_top_2




もうちょっと調べたら、ワタシの愛用しているモデルのレンズも発売されていました




Dsc_3539



レンズは、曇りからナイターまでカバーできるピンクをチョイス


Okly0700129m01



どピーカンだったら、滑る前に偏光レンズに交換すりゃいいよね





こりゃ、また滑るのが楽しくなってしまうやろぉぉ~

2016年12月14日 (水)

発表用スライドを修正しました

研究会を明後日に控えて、発表用のスライドを最終チェック





H爪先生からご指導いただき、修正を加えました




1

2

3

4

5

6

7

8




この一年の取組みを形にし、その経験を広く発表することは、自分のためだけではなく患者さんの利益にも必ず繋がるはずです





継続は力なり ですね

2016年12月13日 (火)

雪が降ったのでWAXがけ

平野部にも雪が積もり、続々スキー場openの知らせが届いています





しっかりメンテナンスをして、初滑りに備えましょう

Dsc_3519



今年は怪我無くシーズンを終えることができますように

Dsc_3520



体調を整えて、出番を待ちますか

2016年12月12日 (月)

せいさいを漬ける(本漬け)

塩漬けしていたせいさいを本漬けします





塩漬けの状態です

Dsc_3527



取り出してみると、きれいな緑色が残っています


Dsc_3528


よしよし ここまでは順調だ




この色が、せいさい漬けのおいしさの一つでもあるよね





早速漬け込みたいところですが、重要な作業が残っています






それは、茎の根元のごみ取りです





せいさいは折れやすいので、塩漬けした後に洗います





根元のこんなところを洗います

Dsc_3529



2回ほど洗ったら、1時間程度塩抜きをします

Dsc_3531


例年はそのまま漬け込みますが、今年は塩抜きします





いろいろ試しておいしさを追求します






その後、しっかりと水を切ります






奥さんのお気に入りのベンチも大活躍です

Dsc_3533



おいしいせいさい漬けが仕上がれば、怒られることも無いでしょう





さぁ、本漬けですよ

Dsc_3534



今年の漬けだれは、白だし2L:りんご酢1L:ざらめ500gです




唐辛子を少し加えて風味をプラス


Dsc_3535

年末には食べごろになるかな





あとは、味噌づくりだな

2016年12月11日 (日)

わらさの塩引き

一週間前に仕込んだわらさを寒風干しにします





まずは塩抜きから


Dsc_3517

ちょろちょろと水を流しながら、5時間ほど塩抜きします





昨日から雪が降ってきました 外の作業は体に堪えます

Dsc_3518


でも、この寒さが魚を熟成させるんだよね






塩抜きが終わりました

Dsc_3521


鮭ほど身の戻りはないのか・・・。






そして、鮭の隣に干します


Dsc_3522


どんな味になるのか楽しみです






鮭もいい塩梅に仕上がって・・・・







ん?


Dsc_3523



んん??

Dsc_3524


くろねこか





こりゃ、作戦を練り直さないといけないね


2016年12月10日 (土)

凄すぎて訳がわからん




Vittorio Brumotti (ヴィットリオ・ブルモッティ)
自転車でのギネス世界記録を数々もち、イタリア人初のバイクトライアル世界チャンピオンに輝いた天才





あまりにも簡単に技が繰り出されるので、ワタシにもできそうな錯覚に陥ってしまう




全く訳が分からん
雪が降ったら、密かにチャレンジしてみたいと考えている今日この頃。。

2016年12月 9日 (金)

大黒様のお歳夜

庄内地方に古くから伝わる行事で、大黒様が妻を迎える夜とされています。

今夜はどの家庭でも、豆料理やはたはたの田楽を食べて豊作と子孫繁栄を祝います。





今日は、入院患者さんにも大黒様のお歳夜を楽しんでいただきました

Dsc_3514


はたはたは大変高価ですが、患者さんの笑顔には代えられないでしょう





奮発して2匹じゃぁ~



Dsc_3515



来月の請求がちょっとだけ心配です






患者さんの早期回復を願って



どうぞ、召し上がれ

2016年12月 8日 (木)

IKKOおじさん

最近めっきり姿を見せないIKKO





7月頃の写真ですが、小さい体で「にゃ~」と鳴く姿に癒されました


Dsc_1425




そのIKKOが、先日玄関先に登場



3_36


圧巻のダイナマイトBodyです





背中をちょいちょいと触っても、「んぁ」って感じで少し振り向くだけ






猫って、こんなに成長が早いんですか






というか、もうおじさんじゃねーか

2016年12月 7日 (水)

チャリダー

Cx_9prucaacqy


ツール・ド・東北に一緒に出場したちゃかふみさんから、映像を見せていただきました






スタート地点では、しっかり映りこんでいました




それもそのはず





うじきさんの傍をピッタリマークしていたもんね~(たまたまですが

Dsc_2539


映像を見てあの熱い一日を思い出し、被災地の現状を奥さんにも伝えることができました




現地のみなさんが一生懸命応援してくれる心温まる大会でしたが、応援のみなさんも参加者のワタシたちも、お互いに「ありがとう」と心で会話していたような気がします






とてもとても貴重な経験をすることができました






これも全てちゃかふみさんのおかげです







本当にありがとうございます






これからも被災地を忘れずに、ワタシにできることをコツコツとやっていきたいと思います

2016年12月 6日 (火)

塩ぶりを仕込む

先週末、魚屋さんに行ってきました


Dsc_3484


荒天が続いていたため海の漁は出来なかったはずです





土曜日は少しの晴れ間があったので、漁が行われたと予想してお店にやってきたというわけです






目指す食材は「ぶり」です






きっと、もう一生作ることは無いと心に決めて入店します







あった




1mを超える大型のぶりが鎮座しています








その前で悩むこと10分







どうしてもGOが出せません




なぜって??




それは、








高いんです






1万5千円って妥当ですか?どないですの?







悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで・・・・








結果的にこうなりました


Dsc_3485



ワラサでーす





こんにちはー

Dsc_3486




身長は60cm、体重は3㎏くらいかな

Dsc_3487


やっぱ、ぶりは無理だろ~






脂の乗りが違うと思うけど、わらさいいだろぉ~







誰かぶりを釣ったら1本ください





美味しい塩ぶりに加工して、お届けしますんで






さて、手早く加工しますよ

Dsc_3490


えらを取って、血合いをきれいにします




鮭と違って身が軟らかいのね

Dsc_3492



慎重に塩をすり込みます


Dsc_3495



腹の中も丁寧にね

Dsc_3496


2匹並べて冷所保管します

Dsc_3498



作業中もハエがブンブン飛んできます





これも温暖化の影響なのだろうか






気温が安定しないと干しの作業に影響が出そうです






心配だなぁ

2016年12月 5日 (月)

塩引き鮭を干す

先週仕込んだ鮭を寒風干しにします




水分がしっかり抜けて、身が締まっています

Dsc_3482


いつもは流し水をしていませんが、物は試しです





今回は8時間流し水で塩を抜きます

Dsc_3483



8時間経過後・・・


Dsc_3510


魚体が一回り大きくなっていないか






塩抜きは水温や魚体の大きさによって調整が必要です







ひとつの目安として、身が塩漬け前の軟らかさに戻ることがあるそうです






うんうん。ばっちりです





風向きを考えて干します

Dsc_3511




まだハエがウロウロしていますので、ネットは必須ですね




仕上がりに期待しましょう

2016年12月 4日 (日)

ロードバイクの走り納め

この小春日和に黙っているわけにはいきません





ロードバイクと奥さんを引っ張り出して、走り納めです






コースはゆりんこから杉沢を越えて、八幡に抜ける予定です





鳥海山も雪化粧を始めています
Dsc_3502


目の前の山を越える予定です

Dsc_3503



久しぶりの走行ですが、奥さんは楽勝ですね


Dsc_3504

フォームもかっこよくなったね





山の中腹には、夕日絶景ポイントがありました



Dsc_3506


本当にきれいな景色が広がります





山を下り始めると、風景が一変します





なんじゃこりゃ


Dsc_3507


山が削り取られてソーラーパネルで埋め尽くされています





こうやって自然が変わっていくんだね






奥さんの爆走は続きます

Dsc_3509

来年は、100kmライドに挑戦するのかな

2016年12月 3日 (土)

銀山温泉に行こう

今日は銀山温泉に行ってみたいと思います




ワタシも奥さんも、初銀山温泉です




山形県民ですがナニか



日帰りですがナニか






その前に、白糸の滝ドライブインで腹ごしらえ



Dsc_3444




マッシュルーム天



Dsc_3445


舟形町ではジャンボマッシュルームが栽培されていますが、その関係もあるのでしょうか





珍しいものやその地でしか食べられないものは、極力食べるようにしています





その経験こそが、人間の厚みの材料だと信じています






で、どうよ

Dsc_3447


さくさくと歯切れよく、きのこ特有の香りも少なく食べやすかったです





久しぶりの立ち食いソバも美味しかったです




ご馳走様です







銀山温泉に直行して、駐車場に車を止めます






銀山温泉は日帰り客は手前の駐車場に車を泊めて、歩いて温泉に行くようです





道が狭いもんねー

Dsc_3449


10分も歩くと、前方に温泉街が見えてきます

Dsc_3451


冬場も徒歩で向かうのだろうか・・・





銀山温泉と言えば、このアングルでしょう


Dsc_3457


宿の玄関に書かれた宿泊者を見ると、県外はもちろん海外からも大勢の方が訪れているのがわかります




雪が降ると一層観光客が増えるのでしょう





温泉街を歩いていくと、奥には滝がありました


Dsc_3467

白銀の滝と呼ばれているそうです




神秘的な光景に、疲れも吹っ飛びます






こちらは有名なカレーパン屋さんですね

Dsc_3470

以前、職場に出張販売されていたのを買ったことがあります






温泉街をブラブラして、お風呂は趣のあるこちらに決めました




Dsc_3458

古勢起屋別館です






銀山温泉は千と千尋の神隠しのモデルになったとか、そうじゃないとかいわれますが、このタイムスリップした感覚は一度は味わってほしいものです






日帰り入浴はワタシだけなので、写真を撮らせていただきました




階段を下っていきます

Dsc_3473



扉を開けると小さめの更衣室が現れて、その先に湯船があります

Dsc_3475


お湯は無色透明で、とても軟らかい感じでした





体の芯まで温まって、リフレッシュできました






お昼ご飯は大石田で蕎麦をいただきました

Dsc_3481


やっぱり山形の蕎麦はうまい





山形は最高にいいところですね


2016年12月 2日 (金)

発表用スライドができました

今月発表予定のスライドが完成しました





間に合わないかと思ったよ







看取りとは : 食事が食べられなくなったら鼻から管を入れて栄養投与する(強制栄養)ことを行わず、自然に最期を迎えること。手術や延命処置を行わないことが前提となる。

1

2

3

4

5

6

7

8




通常、看取りと診断された場合は、食事摂取を開始したり鼻から管を入れて栄養剤を入れることはありません。


それは、口から物を食べたり胃に栄養剤を入れることで誤嚥や窒息を起こし、予後を短くする可能性があることも含まれます。



看取りと診断された場合、患者さんやその家族には2つの選択があるように思います。



1つ目は出来るだけ穏やかに、静かに少しでも長い時間過ごしてほしいと願う場合。


この時は、最小限の点滴を行い、肺炎などを起こさないように食事や栄養投与は控えます。




2つ目は、患者が喰いたいって言ってるんだ、ここまで頑張ったんだ、最期は好きなものを食べて逝っても本望だ!と患者や家族が攻めを選択する場合。



この場合でも、それじゃお好きにどうぞってならない所が病院です





明らかに飲み込めない患者に、餅を喰わせるわけにはいかないよね



そこで医療者の出番なのですが、ここでも2つの選択が出てきます。

1つ目は、危ないからやめた方がいいよ。と止める場合。

もう1つは、患者と家族が望む方向はわかった。その希望に応えるように頑張りましょう。でも、食べられるか確認して、安全な食材を選定していきましょう。そのために、病院スタッフが総力を挙げてバックアップします!と言う場合。





今回の報告は、看取り患者の復活劇ではなく、見過ごされている患者や家族の声を聞き、もう一度療養期のあり方を考えましょうと言う思いでまとめました。

発表では会場のみなさんと、多くの意見交換ができればいいと考えています






ちなみに、岡山県で行われる全国学会にも演題採択されましたが、スケジュールの都合で参加が難しそうです



あー、きびだんご食べたかったなぁ~

2016年12月 1日 (木)

骨盤骨折から完全復帰

本日、予定の受診を行い、晴れて完全復帰いたしました






主治医に写真撮影の許可を頂きましたので、事の詳細を報告いたします





受傷当日(平成28年1月23日)




左側の骨盤を写したレントゲン写真です

Dsc_3438


丸く映っている所が、大腿骨の根元の大腿骨骨頭と呼ばれる部分です






その大腿骨骨頭をくるん!と包み込んでいる所が、寛骨臼(かんこつきゅう)と呼ばれるところです








そこが、ピーーーーーーーーッと割れているんですねぇ


(赤線 = ヒビ)

Dsc_3438a





別の画像で見てみましょう





矢印の方向から寛骨臼に向かって外力が加わりました

Dsc_3441a




下の写真は寛骨臼をCTで3D撮影したものです




大腿骨骨頭を除いて、寛骨臼の内側だけを見れるようになっています

Dsc_3442



赤線のようにパックリ割れています


Dsc_3442a



こんな画像が撮れるんですねぇ





医学の進歩は素晴らしい






でも、これだけの画像を撮影するには、相当の経験が要求されるそうです






主治医が何度も何度も言っていました。




「これだけ診断的価値の高い写真を撮れる放射線技師さんが怪我をした日に居て良かったね」 と。






そうなんです。ラッキーだったんですワタシ






その放射線技師さんは、紛れもなくコレクター先輩なのだから






ワタシがね、逆の立場ならこう言ってますよ。






「ワシが仕事してるときに滑って怪我するとはナニごとじゃ、ワレ 写ルンですで撮ったろかぁ~、ワレ」 とね。







本当にコレクター先輩には感謝しています







そのまま帰って自転車屋さんの忘年会に行こうとするワタシを引き留め、入院と決まった際には「一人でサインするから大丈夫!」と言って聞かないワタシに、「入院には連帯保証人が必要だよー。」と諭すように教えてくれ、奥さんや母親に連絡を取ってくれました






コレクター先輩が居なければ、ワタシは急患室で夜を過ごしたのでしょうか






嗚呼、本当にありがとうございます






そして、入院中にお見舞いに来てくれたみなさんにも、大きな大きな力を頂きました





本当にありがとうございました






それから群馬で勉強中の奥さんにも、毎週帰省をお願いすることになってしまいました





本当に助けられました ありがとう







自分は無力だなぁ・・と、心底感じた4週間でした。







そして、時間は限りあるものだなぁとつくづく思いました







これからは、猪突猛進、全力で頑張ります









そして本日のレントゲン写真

Dsc_3439

ヒビはふっついているそうです


よかったよ~





これで心置きなく、滑りに行けるぜっ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

日にち

  • イチゴdeカウントダウンブログパーツ

マイワークアウト

Strava

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ