« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

スノーボード教程

検定に向けて、何か足りないなぁ~と思っていました



一番大切な教程本を忘れていました

Dsc_0152


初心者がスノーボードを楽しんで、継続できるかできないかは指導者にかかっています

Dsc_0153


両足を固定された状態で立ち上がれなくて、挫折した人も多いんじゃないかな





ターンの導入が上手くいかず、逆エッジを食らってスノーボードから離れた人もいるんじゃないかな

Dsc_0154


「立ち上がる」や「滑る」といった動作は、一旦コツを覚えてしまえば反復練習をするのみです




その動作のきっかけとなる、最初のコツの伝え方が難しい




「指導者という立場」より、「初心者だったころの苦労」を忘れないようにすることが大切かもしれません




初心忘るべからず





何事にも、始めたころの謙虚で真剣な気持ちを持ち続けたいものです

2017年1月30日 (月)

実食!真鱈の子の醤油漬け

先日仕込んだ真鱈の子の醤油漬けが仕上がりました





しっかり醤油だれを吸い込んでいます


Dsc_0132


すくい取ってみると、硬さもちょうどいい感じです

Dsc_0134



ほかほかご飯が止まらないっっっ






最高の旬のご馳走です







ここ酒田は、おいしい食材の宝庫です







この地で生活できることに感謝です

2017年1月29日 (日)

WAX選び

快適にゲレンデを滑るためには、WAX選びが重要です





気温、雪温、水分量などなど、検討することは山ほどあります





以前、プロチームのサポーターがレースで使うWAXを決めるために、雪面に温度計や特殊な装置を突き刺してデータを取っていたことを思い出します





すごい世界ですねー




WAXって適合温度が低くなるほど、硬く溶けにくくなる傾向があります





各メーカーでも、いろいろな特徴があって楽しいですね


Dsc_0151



バッチリ滑った時は快感ですが、滑りがイマイチだとちょっと凹みます





なかなか上手くいかないものです

白藤ドライブイン

天気がいいので羽黒山スキー場にやってきました




めちゃくちゃ混んでますやん





路駐もいっぱいで止めるところがありません






仕方がないので第二駐車場?に止めて、かなり歩いてゲレンデへ


Dsc_0142


スキー大会があるんだね





みんな頑張れぇ~








短期集中で滑り終えて昼食へ






鳥海山が綺麗だねぇ~

Dsc_0143



ドライブイン白藤さんへやってきました


Dsc_0150


メニューが豊富で迷いますね

Dsc_0145



と、いいつつ、やっぱりラーメンを選んじゃいます





ワタシは白藤ラーメン(味噌)

Dsc_0147



奥さんは野菜ラーメン(味噌)

Dsc_0148


どちらものど越しの良い中太麺で、スープとの絡みもバッチリです





とってもおいしいので、近くに来た際には是非お薦めです

2017年1月28日 (土)

新年会

自転車でお世話になっている木戸銭さんの新年会に参加しました





「1人1本のお酒を持参すること」と、事前の連絡を受けていざっ





他県から参加された方も多く、見たことのないお酒がゴロゴロ

Dsc_0135


酔っぱらってしまうやろぉ~






各々の今年の目標を宣言し、シーズンインで一緒に走ることを約束し合いました






もちろんワタシは、怪我しないことを目標にしました






パッと電気が消え、誕生会モードへ

Dsc_0141

ママさんは今日が誕生日だそうです






1月生まれのみなさんも集合して、みんなでお祝いしました





仲間が増えるって楽しいですね





みなさん、今年もよろしくお願いします

2017年1月27日 (金)

真鱈の子の醤油漬け

いつもお世話になっている、みなと市場の宮野浦浜直売さんへやってきました

Dsc_0115


こちらのお店は新鮮なお魚をリーズナブルに購入できるため、結構利用させていただいております





塩引き鮭を作った時も、こちらで購入しました






今回は鱈汁用の鱈を送りたかったのですが、明日になれば新鮮なものが入ると聞き、店主に商品の目利きと発送をお願いして代金をお支払いしました





その後、店内をウロウロ





目に止まったのがこちら





真鱈の子(卵)

Dsc_0113


しょうゆ漬け?








店主に情報を求めると、いくらの醤油漬けの真鱈バージョンとのこと






出来ているのもあるよ~ だって

Dsc_0114


ありがとうございます





でも、せっかくなので・・・


Dsc_0121


作ってみます






鱈やイカには、食中毒の原因となるアニーちゃんが潜んでいる場合があります

Img_2

厚生労働省HPより






間違って食べてしまうと胃壁に潜り込み、激痛を起こすことが知られています





予防は加熱や冷凍です





目視でアニーちゃんを除去することも大切です






真鱈の子を絞り出して、

Dsc_0122


こんなん出ましたけど


Dsc_0124



流水で洗います



Dsc_0125


2回も流せば綺麗になります



Dsc_0128


こうすることで、生臭みが少なくなるそうです





キッチンペーパーで水切りして、


Dsc_0129



日本酒、めんつゆ、みりんを合わせたタレにIN

Dsc_0131



卵が水分を吸い込むので、約3倍くらいのタレが必要だそうです





この状態のまま、1日冷蔵庫で寝かせます





どんな仕上がりになるのでしょう 楽しみですねぇ~





まだ醤油漬けができていないのですが、生の真鱈子が手に入るうちにもう1品作らなければいけませんね





あれですよ。あれ

2017年1月26日 (木)

くらげの水族館

加茂水族館に行ってきました




大きな水槽にクラゲがふわふわと漂っています


Dsc_0105_2


時間を忘れてボーっとするのもいいものです



こちらはウリクラゲ

Dsc_0102

体表のラインが虹色に光っています





クラゲの種類があまりにも多くてびっくりです






クラゲの解説コーナーもありました

Dsc_0100


職員の方が解りやすく教えてくれます





実験室のような設備ですね

Dsc_0101

とても勉強になりました





また癒されに行きたいですね

2017年1月25日 (水)

仮想空間で逢えたら

昨晩もZWIFTで走っていました





マグマの吹きだす激熱区域や、


1485252917639



勾配9.7%の坂を登ったりしていました


1485254907417


坂の勾配を示す指標としては、主に%(パーセント)が使われます




角度じゃないんですねぇ~





勾配の%は、水平100mに対して垂直にどのくらい(m)上がるかで示されます






傾斜9.7%だったら、水平100mに対して9.7m登るってことですね







・・・今、「ふぅ~ん」て思ったでしょ

大したことないなって思ったでしょ





ロードバイク(自転車)で坂道を登るのは、スゲー大変ですから





10%を超えたら、心臓バクバクですから






ちなみに、鳥海山の平均斜度は7.5%  ← 日本最大級の平均斜度です




たまぁ~に、12%?14%?とかの標識があったように記憶しています





そう考えると、10%超えの斜度ってどんなやねんって感じですね






ちなみに、10%を超えると一旦止まってスタートするとき転びそうになりますから






疲れていると、確実に転びますから







マグマを見ながら坂を登って、やっと平地に出たわけですよ







そしたら、後方に居るんですよ






ちゃかふみさんがっ






ZWIFTを始めて、やっと逢えました






と思っていたら、風のように抜き去られました






少し待ってもらって後ろに付かせてもらいましたが、3秒ぐらいでちぎれました







なんちゅうパワーやねん







ちゃかふみさんは3本ローラーを使っているため、乗り始めたら走るしかありません

参考:3本ローラー
1118sanbon


とっても不安定で、ワタシは片手を離す自信がありません




というか、3本ローラーには乗ることができないと思います




走りに集中するちゃかふみさんを目の当たりにした夜でした




ちゃかふみさんは、あっという間に走り去ったとさ

1485256210202a


ちゃかふみさん、お疲れっす






この後、ワタシは早々に自転車を降りましたとさ





めでたし、めでたし

2017年1月24日 (火)

大雪

平野部の雪もパウダー状態

Dsc_0096

スキー場はさぞかし寒いことでしょう





除雪も追いつかず、車の移動も轍に翻弄されます

Dsc_0097


今は寒い寒いと言っていますが、もう1ヶ月もすれば雪解けが名残惜しくなるんでしょうね






人間って、わがままだなぁ

2017年1月23日 (月)

祝!一周年

骨盤骨折から1年が経過しました




思い出の神室スキー場

Dsc_0087


ふとした瞬間に腰回りの張りを感じるためか、負傷した部位を意識しない日はありませんでした





そのためか、この1年がとても長く長く感じます






関節の可動域は若干変化しましたが、それでも2本足で立てることに感謝





頭を負傷しなかった奇跡に感謝





そして何より、回復を祈ってくれたみんなに感謝




もちろん、奥さんにも感謝してもしきれません







「生かされた」というのは大袈裟かもしれませんが、ワタシにできる最大限のパフォーマンスと努力をしていきたいと思います






ワタシが存在する意義を感じながら、1日1日を生きたいと思います







そんなことですから、スノーボードは止めませんよぉ~









新しいことにもたくさん挑戦しないとね

2017年1月22日 (日)

腹くくり、ハルヒルチャレンジ!

迷っても仕方がない





やるといったらやる





行くといったら行く





ハルヒルにエントリーしました

Slide_01


勿論、最長コースの榛名湖コース(16.1km)です






どうせやるなら、長く乗らなきゃ勿体ないと思う性分はどうにかなりませんかね






出場は決まったし、あとは練習あるのみです






練習と言う名のダイエットですかね






ヒルクライムは軽さこそ正義






トップ選手になれば、1gを削る努力を行います







そういえば有名な言葉がありますね






ロードバイクを1g軽量化するには、10.000円のコストが必要である






この言葉はトップ選手が最高の機器を更なる高いポジションに移行するために、精度が高く軽量化された部品に交換することを意味するのですが、財力が限られているワタシのようなポチャスリートには別のお言葉があります。





「機材を検討する前に、痩せろ」 と。







そうです。体重が軽ければ軽いほどよし







機材にお金をかけるのは、もう落とす脂肪が残っていないアスリートの最後の一手なのだから





それはそうとパーツを脂肪に読み替えて、ワタシの現状を考えてみましょうか






2017年1月7日現在


Dsc_0007


一番動けていた高校生時代の体重は68kg当たりだったな・・。






そうすれば、70kg当たりをターゲットにすればいいのかな






仮に9.1kgが減ったとすれば、1g=10.000円だから91.000.000円の価値に相当するってことだよね






金額が大きすぎてリアルに感じられませんが、現状より約9kgも軽ければそれは走りにも影響が出るのは間違いありません







・・・そんなことを考えながら、毎日ローラー台で仮想コースを走っています







継続は力なり







少しでも、毎日毎日の積み重ねです






2017年1月21日

Dsc_0091



体重増えていますけど、なにか??


2017年1月21日 (土)

見積もり

善は急げということで、カタログをGET


Dsc_0094



そして見積もりもGET

Dsc_0092


うん。予想はしていた





良い車だしね







さて、奥さんと作戦会議だな

2017年1月20日 (金)

あの曲なんだっけ? SoundHoundで解決!

なにげなく流れる曲に懐かしさを覚えて、「何て曲だっけなぁ~気になる、気になる」ってことは無いですか





先日、ラジオから流れる洋楽が気になって仕方がありませんでした






演奏が終われば曲紹介があるだろうなぁと思っていたら、まさかのCMへ突入






気になって仕方がありませんでした





何とか調べようと、たどり着いたのがこのアプリ




SoundHound

Commelodismidomimusicidentifiertop


なんと、鼻歌でも曲を探してくれる優れものです

早速サビの部分を鼻歌で歌ってみると・・・






あっけなく探せました







このアプリはお薦めです


ワタシの歌唱力?でもバッチリでしたから


探した曲はこちら










めっちゃ名曲です





あ~、スッキリしました

2017年1月19日 (木)

ハルヒル、レイヒ、レイホ~

頭文字D(イニシャルD)って漫画を知ってますか





↓こんなの

20160114093441
セガホールディングスHPより




ワタシは詳しく知りません




ですが、漫画や車に無頓着なワタシでも聞き覚えがあるくらいですから有名なことは間違いありません





「峠を攻めるぜ」的な漫画だったと思います





さて、その頭文字Dに登場するといわれる坂道を、ロードバイクで登っちゃおうという大会があります



榛名山ヒルクライム。





略して「ハルヒル」


Slide_01


そのコース

Coursemap


あ~





コースを見ただけで、下腹部が「キュッ」となっちゃいます





で、このハルヒルなんですがね、年末の飲み会で、「俺は出る!おまえ(ワタシ)も出ろ」みたいな流れになって、あれ?この流れヤバくね?と直感的に感じたものの酒の勢いは恐ろしく、良く調べもせずに「いいっすね~。榛名山?知ってますよぉ~、群馬県ですよねぇ~。ワタシの相方がぁ~去年1年間群馬でぇ~単身赴任をしててぇ~カクカクシカジカ・・・」


知っているのはハルヒルじゃなくて、榛名山の名前だけでした







行ったことも無いですからね榛名山に。







アホかと。






今、ワタシはそろそろエントリー時期だなぁ~とハルヒル公式HPを開いて、直後に閉じるみたいなことを繰り返しているわけですよ







そんなことをしていると、携帯にメールが






「そろそろエントリーが始まるYO 酒の席での話だから無理は禁物だYO」・・・みたいな






コレ、酒の席あるあるですよ





酔っててごめん的な。。





「酔ってて覚えてないんですぅ~ ヒルクライム 無理ですぅ~」と思っているであろう、ワタシを優しくフォローしてくれるメール






あざっす





でも、ちゃんと覚えていましたからっ






公式HPを開けたり閉じたりしてましたからっ







ん。待てよ






このコースレイアウト、なんとなく鳥海山っぽくないか



鳥海山(遊佐側)のコースマップ

Yuzacourse


つづら折りも入って、まぁなんともクリソツじゃありませんか





標高も似たような感じ






ここでワタシの鳥海山ヒルクライム(自主練)のスペックを確認しよう


鳥海山ツーリング









なんていうの。崖っぷち?絶望感??






はっはっは






そんなの、






そんなの、関係ないんじゃ



ワタシはここ最近、ZWIFTでイメトレしてますから


Strava



これ、順位が出るんだよね



ワタシ、








ビリでゴールしたりしていますから




心、折れまくっていますから








でもね、何かを始めるときのノリは軽い方がいいと思っています








大丈夫でしょ








たぶん

2017年1月18日 (水)

春の足音

春には職場の入口を彩る予定のフリージアとチューリップ


Dsc_0080


昨年の年度末に、花の色などをみんなと相談して球根を植えこみました






フリージアは植えたそばからワサワサと葉が出ていました





雪が降っているけど大丈夫か

Dsc_0081




その脇のプランターを確認すると、緑の小さな芽が出ているじゃありませんか



Dsc_0083


今は大雪で混乱していますが、春は着実に近づいています







あっ、1月に入って、もう18日も過ぎているし




気が付いたら桜が咲いていたなんてならないように、1日1日を充実して過ごさないといけませんね

2017年1月17日 (火)

フルモデルチェンジ

ワタシの愛車であるプラ子(ランクルプラド♀)はシャーシの腐食が激しく、安全性を考えると次の車検は望めないとのこと



14年連れ添い270000Kmを走り、いろんなところに出かけた思い出は数知れず




最高の相棒であり、修理ができるならいつまででも乗っていたい愛車です





でも、車を維持するのはただでさえお金のかかること





年数が経っていれば、その維持費は跳ね上がります






経費の問題もありますがワタシの相方も運転しますので、安全第一で買換えを検討するのが良さそうですね・・





さて、どうするか・・






大きな問題が無ければ、ワタシが購入する車は以後の生涯で2台になるでしょう






計算では15~20年は乗る予定です






そうすれば、車体の耐久性はもちろんですが燃料の問題も考えなければいけません





ここは、軽油で決まりです





あとは車種です





ロードバイクやスノーボードを積めること ゆっくり車中泊できることが必須です






そうなれば、やはりコレか



03_main01_white



トヨペットHPより





しかし、高価だねぇ~





簡単に購入は決められないね






走破性能を考えると、他社のD5もいいのかなぁ~






いろいろ思案していると、ハイエースフルモデルチェンジの文字が





写真はモーターショープロトモデルだそうです


300


ボンネットが付くのね





後ろはミニバンみたいな感じだね


300_2

安全性を考えるとボンネットは必要なんでしょうね






フルモデルチェンジは2019年頃に行なわれるようです







個人的には現行モデルがかっこいいと思っています






まっ、2019年までは待てないのですがね






あ~、身の丈に合った車選びを続けましょうか

2017年1月16日 (月)

仙台ハーフマラソンの抽選申し込み

ネット申し込みが外れ、抽選申し込みに望みを託します




この抽選申し込みですが、簡単には出来ないんですね




まず、大会募集要項を取り寄せます




事務局に返信用封筒を送り、必要部数を返信していただきます



Dsc_0068


念のため、少し多めにお願いしました





もちろんネット申し込みに漏れた、部下のコバの分も入っています




とっても立派な大会要項です

Dsc_0070


この振込用紙に必要事項を明記し、抽選料500円を振り込むとエントリーが終了します



Dsc_0069


当落は郵送で知らされるそうですが、この作業には相当な労力が必要とされると思います




大会事務局のみなさん、本当にお疲れ様です





振り込みを終えて、あとは見事に当選することを祈るばかりです

2017年1月15日 (日)

寒波のスキー場

雷が鳴り止まなくて、ずーーーーーーっと雪が降っています


Dsc_0057


こんな日は家でゴロゴロしたいところですが、スキークラブの講習会がありますのでスキー場へGO






ワイパーは凍るし、道は見えないし、路肩に車は突っ込んでいるし







やっとのことで羽黒山スキー場へ到着です







明らかに雪の神さまがお怒りになっている様子
Dsc_0062


すごく寒いです






どんどん雪が積もるから、ゲレンデ全体が深雪パウダー状態です

Dsc_0063


一瞬だけ晴れました


Dsc_0067




このくらいの視界が確保できれば最高なんですけどね




また雪の中を滑りますか

2017年1月14日 (土)

無念の落選

先日、待ちに待った仙台国際ハーフマラソン大会の申込が行われました


Footer_logo




予定時刻にPC前にスタンバイ





マウスを握る手も汗ばみます


時間となり、いざ、エントリー




・・・繋がりません。







でも焦りません。想定の範囲内です





で、









いろいろやっているうちに、定員に達した模様です





7000人の枠が30分足らずで埋まってしまいました






恐るべし仙台ハーフ







そして、ワタシは残る1500人の枠を賭けて、郵送での抽選に挑むのだった

2017年1月13日 (金)

同期完了(ZWIFT & STRAVA)

ちゃかふみさんからたくさんの助言を頂き、ZWIFTとSTRAVAの同期が完了しました




ちゃかふみさん、いろいろとありがとうございます





さて、同期が完了し友人をフォローするとどうなるか





こうなります

Dsc_0053

お互いのトレーニングログが閲覧可能となるんですねぇ~





すごいですねぇ~





ビックリですねぇ~






「アプリはきちんと使わなければゴミである」






我が家の家訓がまた一つ増えました







さて、トレーニングログが見れるということは、






モチベーションが上がりますやん






そして、自分の練習不足も丸見えです





めっちゃ、パワー不足です





鬼のように脚が攣ります






でも、その甲斐があって、少しふくらはぎが締まった感じがします






気のせいかしら・・・







短時間でも出来る限りローラー台を廻して、トレーニングを継続したいと思います








目指せ ポチャスリート脱出

2017年1月12日 (木)

絶対押すなよ!

昨日からの寒波で、市街は例年の姿を取り戻しました


Dsc_0050


先日までの雪が無い状態が信じられません





道路はツルッツル~で超危ない





転んで病院のお世話にならないように気を付けましょう





いいか!いいか!押すなよ!! 押すなよ!!






絶対押すなよ

2017年1月11日 (水)

試験勉強

3月上旬にスノーボード準指導員を受験します




絶賛練習中と言いたいところですが、雪が少なく近場のスキー場はクローズ状態




まとまった降雪を期待したいものです





さて、試験は実技だけではなく、当然筆記もあります






指導要綱が変わったので、改めて購入しました


Dsc_0038_2



初心者を安全に滑走させるために、動作をわかりやすい言葉で表現する基礎を学びます

Dsc_0039


「上手そうに」滑ることは比較的誰でもできることですが、動きを言葉で表現することは知識と経験を積み重ねるしかありません





ワタシの指導でスノーボードを好きになり、さらに上を目指す方が1人でも増えますように

Dsc_0040_3

日々前進あるのみ





がんばるぞっ

2017年1月10日 (火)

現状確認

今年こそ、シーズンインに向けて体を絞りたいと思います

Dsc_0007

体重は80kgを切っているか・・



でも、体脂肪が24%ってことは、約19kgの脂肪が付いている訳か




ヤバイ。。






そして、基礎代謝は

Dsc_0008


1800kcal/日を下回っているか





まぁ、結構高めな方だと思いますけど油断は禁物です





BMIは見なかったことにしよう





骨格筋は中の下か

Dsc_0010

内臓脂肪はどうにかならないものですかね




トドメは・・・

Dsc_0009



おじさんじゃね~か



おじさん脱却プログラムの発動ですな

2017年1月 9日 (月)

無料トライアル終了(Zwift)

50km走ったので、無料トライアルが終了しました


Dsc_0037



乗り始めるとドンドン引き込まれて、結局1時間近く乗ってしまいますね






ローラー台で練習する時に意識していた「真円に近いペダリング」はもはや遠い存在になってしまいましたが、Zwiftではより実戦に近い「意識」と「筋力」が動員されているように感じます





以前は脚が攣ったり、バイクから降りた時に疲れて転ぶことなんてなかったからね






さくっと課金して、練習を続けましょうか






練習の成果を確認するためにStravaにも登録したのですが、どうも上手くリンクしないんだよね






どうすりゃいいんだろう







ポチポチと原因を探っています

2017年1月 8日 (日)

スキークラブの初滑り

スキークラブの初滑りに参加しました




蔵王には雪がありませんので、秋田の矢島スキー場に向かいます


Dsc_0023

雲一つない快晴です




バスに揺られてスキーができるなんて、とっても贅沢ですね





相方はやる気十分





イメトレを始めています





UP

Dsc_0026



DOWN

Dsc_0027




UP


Dsc_0028



あまりにも天気がいいので、山頂で記念撮影です

Dsc_0031



吸い込まれそうなバーンですね

Dsc_0034


一心不乱に滑り続け、脚はガクガクです






昼食のため休憩所に入ると、





ん?

Dsc_0036

融雪会× → 遊雪会○





この雪不足に、融雪はまずいでしょ~





雪が融ける前に、もう一滑りといきますか

2017年1月 7日 (土)

薪棚の整理

焚き付け用の小さい薪は車庫に置いていましたが、駐車スペースを確保するために薪棚に収めることにしました




端の一角を確保しました


Dsc_0013


薪棚の改良のおかげで、薪入れもスムーズです




後ろから入れて、前から使う的な



Dsc_0012


車庫の全ての薪を収めることができました

Dsc_0015



よし





車庫の掃除を始めようか

2017年1月 6日 (金)

Zwiftへの道③

Zwiftへの道①


Zwiftへの道②




ちゃかふみさんのおかげでZwiftなるものに興味を持ち、着々と準備を進めていたわけですが、体調不良のため初走行を延期しておりました




みなさんも風邪やインフルには十分注意しましょう

さて本日、完璧に体調が戻りましたので、機材のセットアップから初走行までを行いたいと思います
ちゃんと機材は感知するのだろうか

Dsc_3675

早速、センサー類の取り付け
外を走る時期になれば外さなければいけないと思いますので、取りあえず既存のセンサー類をそのままにして取り付けます

Dsc_3677

うむ。





無理でした





既存のセンサーを取り外します

Dsc_3678




そして、ANT+の送信機を装着

Dsc_3679



お待ちかね~ PCの電源をON
来たれZwift

恐る恐るペダルを廻すと、ビンディングの「カチッ」という音と共に車道を走り出したじゃありませんか

Dsc_3680

みなさん見えますか
M.motegiが日本を背負い、世界と戦っております

しかし、コレ・・・






なかなか・・・・







オモシロイ
今までYOUTUBEを見ながらローラーを廻していたのと比ではありません





これで冬期のバイクトレーニングは安泰??でしょうか


Dsc_3683



しかし、これほどパワーが無いとは・・




情けない




頑張れM.motegi(日本)

2017年1月 5日 (木)

エントリー開始!

仕事初めにようやく体調が戻り、人間らしい行動が取れるようになりました




頭はズキズキ、関節はバキバキ、腰も痛くてゆっくり寝れねえ、こりゃインフルじゃねぇ~のと体温を測ると37.2℃




微妙~ってことで医者にもいかず、4日間も寝て過ごした訳です





しかし、年が明けて職場に来てビックリ

ワタシと関わりが濃厚な(会話する回数が多い)事務職の方々が、12月28日の御用納めを境にしてインフルに多数感染していたことがわかりました

症状は、熱はそれほどあがらず、体が重く関節が痛いといったものでした






もしかして、ワタシもインフルだったのではないでしょうか?

相方には何度もアピールしたんですよ






「喉とか関節が痛いよぉ~ ダルイよぉ~」 と。







まぁ、あれですよ。






相方は看護師でありベテランの域に達していますので、その発言の重さが半端ないわけですよ






きっとワタシを心配していたんだと思います。

ワタシ、慰められると心がそっちに引っ張られるタイプなんで・・。

少々強めの言葉で言われたわけですよ。






「あ~、貴方はちょっとのことをおおげさに言っちゃうからねぇ~。ニヤニヤ。」






「あ~、貴方はアイアンマンだけどアイアンマンじゃないけどアイアンマンだからぁ~。ニヤニヤ。」





まぁ、良くわからなくなりましたが、ワタシは今は元気です






アイアンマンの行では、ワタシも言いたいことがあります。






「ウィルス防御では、相方、貴方がアイアンマンだと






小っさい体なのに、めっちゃ丈夫ですやん






「あー、男性と女性、即ちXXとXYは生物学的にも異体なわけだから、貴方が痛みを大きく表現することは私には理解できないけど、XXとしての表現方法としては・・・」





とか、ワタシにめっちゃ気を使って表現してますやぁ~ん






さて、結果としてワタシはインフルだったのでは??と疑問が残る訳ですが、おしんレースにエントリーしました





元気になったし





これは去年の写真



Dsc_1466



今年も、がんばる

2017年1月 4日 (水)

4年目の手作り味噌作り③

体調がイマイチですが、大豆は煮えるわけで・・


Dsc_3653_2

3時間ほどで十分な軟らかさになりました



目安は親指と小指で潰れる硬さがいいようです

Dsc_3654_2

「むちっ」と言う感じで潰れます





これから長期戦になりますので、快適な作業空間を作っておきます

Dsc_3656


では、始めます




ミンサーに大豆を入れてハンドルをクルクルすると・・


Dsc_3663



にゅっと出てきます


Dsc_3664


これを100回くらい繰り返します





この加工の段階を、手つぶし→電動カッター→手動ミンサーと毎年変化させてきたわけですが、手動ミンサー使用2年目にして電動ミンサーの購入が頭をよぎるのはワタシだけでしょうか




あ~辛い、辛い




やっぱり、体調が悪いぞ






鍋の底が焦げていました

Dsc_3665


ま、いいか。この大豆も入れちゃえ





90分でこうなりました

Dsc_3666




これに、塩きりした麹を混ぜます


Dsc_3667



丹念に混ぜて、味噌玉を作ります

Dsc_3668



味噌玉の硬さは、硬めの耳たぶくらいにしました





この水分調整が難しくて、水分が多いとカビが出やすかったりします





しっかりと樽に味噌玉を押し込んで、

Dsc_3669


カビ防止の塩(材料内)を振りかけて密閉します



Dsc_3670

これで今年の味噌作りは終了です

材料費は以下の通りです



・平成28年度北海道産とよまさり 5kg  2,704円


・三重県産こしひかり玄米生麹  8kg  8,640円

・赤穂の天塩            2.4kg  720円



合計 12,064円




これで約23kgの味噌が仕上がる予定なので、1kg当たり約525円の計算になりますね





手間賃を入れるとすれば、650円は頂きたいところです


これほどのお金と手間をかけてワタシが味噌を作る理由は、単純に「どうやって作るかやってみたいから」と「美味しいから」が上位を占めますが、ふと、なぜスーパーの味噌は198円で売れるんだろう?と疑問が湧いてきます





運賃と人件費を引けば、材料費は100円以下でしょう(たぶん)。






コストを抑えるには、国産大豆は使えないでしょう。






どうやって作るんでしょう?



大豆製品に豆腐もありますね。






先日、大手スーパーで1丁16円の豆腐が売られていました。






「お~、安いねぇ~!」と言いながらお姉さま方が購入していましたが、どうやって作るんでしょうね。





薄利多売??



いやいや、現実的じゃないし。






同じ豆腐コーナーに地元のお店の豆腐が150円で並んでいました。





納豆も地元の商品はスーパーのそれと倍以上の値段差があります。



どうやって作るんでしょうね。






そのうちワタシは職業上、A社の豆腐は100kcalでB社の豆腐は50kcal、安全を考えるならC社がお薦めで・・・なんてコトを話すようになるのでしょうか。






現在はそのような線引きはしていませんが、日本の食はどうなるのでしょう。





「私たちは食べたものでできている。」




ワタシの大好きなフレーズです

2017年1月 3日 (火)

4年目の手作り味噌作り②

水に浸して30時間が経過しました





大豆はいい感じに膨らんでいます


Dsc_3633



割ってみると、芯は残っていないようですね

Dsc_3634


それでは着火です


Dsc_3635

なんで薪ストーブを使わないのと言われそうですが、理由は一つ





鍋が二つ乗らないからです





いいんです。豆が煮えれば。






さて、開封を待ち望んでいた麹を開けますよ~

Dsc_3645


8kgあります




塩は保管していたものがあるので大丈夫






と思っていたら、足りませんでした






でも大丈夫





徒歩2分で行けるマート三沢があるから






と思っていたら、休みでした






正月だもんね






ここで作業を中断するわけにいかないので、車で買出しに行きます






はい。塩を買ってきました


Dsc_3648



麹と塩を混ぜて、塩切りします





麹IN

Dsc_3650



塩IN

Dsc_3651



ここから、丁寧に麹をほぐしながら塩を混ぜ込みます






単純な作業ですが、想像以上に体力が奪われます





なんだかイヤな汗が出てきました





やっぱり調子が悪いみたい






ちょっと作業中断です

2017年1月 2日 (月)

4年目の手作り味噌作り①

味噌作りの基本は、乾燥大豆にしっかりと水を含ませることです




ワタシは24~48時間を目処に浸漬しています


Dsc_3624


今年の大豆は、北海道産のとよまさりです





相方から、「あれ 今年はふくゆたかを使うんじゃないの」と言われ、認知機能の衰えを再確認したお正月となりました





まっ、どんな大豆でもいいわけですよ





要は作り手の技術と愛情がものをいいます





しっかりと浸漬しないと、大豆をどんなに長時間煮ても柔らかくはなりません





こんなに小さい豆が2倍くらいに膨らみます

Dsc_3626



しっかり洗って準備OKです

Dsc_3627



そろそろ箱根駅伝のスタートですね





ワタシは布団に入りたいと思います





なぜって、具合が悪いからです






蔵王に行く前から調子が悪かったのですが、温泉に入ってテンションを上げたら体温も上がっちゃったみたいです






なんで具合が悪いのに味噌なんか作るんだよ~、って思うでしょ





ワタシのタイミングじゃないんです






麹が待っているんです





早く使ってくれと、麹が言ってるんです






麹が

2017年1月 1日 (日)

初滑らない

みなさん、明けましておめでとうございます





ワタシは昨日から蔵王スキー場に来ていますが、絶好のスノーボード日和です

Dsc_3623


天気はね





雨は夜更け過ぎに雪に変わることはなく、ある意味Silentなnightを過ごし、Holiyなnightで新年を迎えました




雪が溶けてもカンケーねーここまで来たら、そう、行くっしょ






中央ロープウェイに乗って山頂を目指すっしょ





中央ゲレンデなら雪もタンマリあることでしょう






そう思っていたんです。






朝食までは。







朝ごはんって、宿泊者が集って食べるじゃないですか







そん時にね、かなりベテラン風の方々が一升瓶を片手にもう飲み始めているわけですよ







「昨日もギリギリだったなぁ。はぁ~





「今日は無理だな。はぁ~





もう、自暴自棄ですよ





大丈夫なのかなぁ~と遠くから見守っていたのですが、言葉の端々に決まったフレーズが聞こえるんですよね






「ブッシュの野郎」とか、「また増えてやがる、ブッシュの奴め」とかみんな眼が血走っているわけですよ






ワタシは確信しましたね。





アメリカ情勢の煽りを受けて、株価に影響が出ていることを





その反動から、みなさんは自棄酒なのだと






そんな方々を見ていてもつまらないので、奥さんとゲレンデに繰り出したわけですよ

Dsc_3620


見えますか 






無数のブッシュが

Dsc_3622

ええ。もちろんです。





直ぐ車に乗って帰って来ましたよ







蔵王に温泉旅行なんて、初体験ですからっ






いい湯でしたから

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

日にち

  • イチゴdeカウントダウンブログパーツ

マイワークアウト

Strava

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ