« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

佐渡国際トライアスロン大会の申し込み

早いもので明日から、佐渡国際トライアスロン大会のエントリーが開始されます


Dsc_0333



昨年は酷暑の中で奇跡的に完走し、医務室で点滴を御馳走になる始末でした





今年は日中の気温上昇を想定して、ロングライドを決行したいと思います






その前に当選することが大前提ですね






明日はエントリー開始、そして大安







こう見えて、ワタシ縁起を担ぐタイプです








ビシッとエントリーします

2017年2月27日 (月)

想定外

今週末にSAJスノーボード準指導員検定会が、福島県のあだたらスキー場で開催されます





そのうち詳細が送られてくるだろうとゆっくりていましたが、さすがに一週間前に知らされていないのはオカシイ・・・




確認すると、メールが未送信だったとのこと





いやぁ~、危ない危ない






届いた要項を確認すると


Dsc_0327




ん?


Dsc_0328


実技も理論(筆記)も一日目で終わりじゃねぇ~か





というのも、以前受験した方の情報では、一日目に実技の確認(事前講習的なもの)をやって、午後に理論の講習をやって筆記テストを実施





二日目に実技のテストをやって、午後に結果発表だったよと聞いていました






理論は講習で重要部分を話するから、事前の勉強はマジ不要なんて言っていたのですが





これじゃ、講習ナシのモロ試験じゃないですか   il||li _| ̄|○ il||li






じゃ、やりますか






一週間前のラストスパートです





数年前に他県で行われた試験内容を参考に、勉強を進めます


Dsc_0329


ムムっ

Dsc_0330


ムムムっ






やっべーぞ

2017年2月26日 (日)

スキーツアー2日目

昨日、ジュネス栗駒で滑り終え、そのまま岩手県の水神温泉 山照園にお邪魔しました


Dsc_0320


しかし、さすがは夏油 雪の量が半端ねぇ




これでも例年よりは少ないのでしょうケド





しっかり温泉と宴会で盛り上がり、朝一でGETOスキー場へ


Dsc_0321


天気も最高です




デカいスキー場ですねぇ~


Dsc_0324


難易度の高いツリーランを堪能して、脚はブルブルです





コース設定も、とても面白かったです





スキーツアの〆は反省会





バスでお店に来てるし

Dsc_0326


しっかり滑ることができたので、問題なく来週の準指導員検定に臨むことができそうです





みなさん、ありがとうございました







最後になりますが、今回のお宿「山照園」さんの入口にはクマがいます

Dsc_0325



その下にはトカゲ?のぬいぐるみです






クマの首に巻かれているのはヘビでしょうか?





壁のトラのマスクもどうなんでしょ?





なかなかいい味出してるお宿なので、一度は訪れてみてはいかがでしょうか






温泉は熱めですよ

2017年2月25日 (土)

スキーツアー

お世話になっているスキークラブのツアーに参加しました




一日目は秋田県のジュネス栗駒で滑り込み


Dsc_0304


締まったバーンに30cm位の降雪があって、プチパウダーなゲレンデになっています


Dsc_0314


天気にも恵まれてサイコーです


Dsc_0316



参加されたみなさんと記念撮影

Dsc_0311



みなさんは指導員や検定員の資格を持っていますので、滑りも超一流です





かっこいいですねぇ~



3時には滑り終わって、岩手の夏油に向かいます





さあ、温泉だ温泉だ

2017年2月24日 (金)

異常なし

ローラー台を回し続けて約2ヶ月が経過しました




背中のお肉が少し減った感じがします





それでは、お楽しみの体重測定をやってみましょう



Dsc_0300


あっ、100g減ってる

Dsc_0301


変ってないね


Dsc_0302


うん、変ってない





背中が薄くなったのは気のせいかもしれません

2017年2月23日 (木)

大人の階段

小学生の頃は1,000円札を手にすることなど夢のまた夢で、お年玉で目にする5,000円札は所持するだけで逮捕されるのではないかとオドオドしたものである







中学生になると手にするものが準大人様に変化し、物品も高額になっていく。
物によっては10,000円を超えるようになってくるが、思考は子供のままで金を稼ぐという実感が無く、ただただ親に欲しい物ねだりを繰り返す。
通学用自転車とか部活のシューズとかね







高校受験を前にすると、私立だ公立だとお金の問題が急浮上する
勉強しなかったことを最初に悔むのはこの時か。。





運よく入学した高校の生活も終盤となり、就職活動が盛んに行われてくると「就職先=稼ぎ」という図式を猛烈に意識し始め、お金問題を自分の事として認識し始める。





と同時に、無事に卒業できて社会人のスタートラインに立った瞬間、親の苦労やありがたみを噛み締めるのである






まさに、感謝しかないのです






さて、お金問題







言い換えれば大人の階段である

Yes we can!   





Just do it! 






もう一度言おう。





Yes we can!   





Just do it! 







さぁ、始めよう

1つはシューズだ


Zootsolana2

種目別に作られたシューズは体の負担を軽減し、見えないゴールをより近くに意識することができる



ちなみに、コノ商品はトライアスロン専門ブランドが作ったランシューズである






何度でも言おう





Yes we can!   





Just do it! 







そして、もう1つ。







GPSウォッチだ




S_20160623221220




今、ワタシの左手首を見る時ではないだろう






Yes we can!   





Just d・・・・・・







コレのナニがスゴイって、手首に装着するだけで心拍を計測できるんだな







今までは胸に心拍を受信するバンドを装着しなければならず、汗で透けたTシャツから見えるその姿は、まさにブラ○ャーを付けたおっさん





女装疑惑がちらほら聞こえてくるのは時間の問題である






奥さんに無用な心配をかけることはできないのである








さぁ、奥さん





せぇ~の





Yes you can!   





Just do it! 

2017年2月22日 (水)

春がそこまで

少し寒さが緩んだかと思えば、急激に雪が降りだしたりしています




こんな感じで春に近づいているんだなぁ・・としみじみ





雪が消えた我が家の花壇にも、春の足音が


Dsc_0297



チューリップの球根が、続々芽を出しています

Dsc_0298



気が付けば、もう2月ですか





今年も残り10ヶ月だなぁ・・

2017年2月21日 (火)

ロードバイクで坂を登る(ダンシング再考)

毎晩、仮想コースをロードバイクで走っています





汗をかいている姿を横目で見ている奥さんが、「段ボールじゃなく、給水マット敷けや (# ゚Д゚) ゴラッ フローリングが剥げるんじゃ ボケッ (`ε´)」とか言ってますからね。




もう、滝のように汗をかくわけですよ





はたから見れば移動もせずにチャリを漕いでいる状況は異常なわけで、時折、「負けねーぞ オラぁぁぁ~」と奇声を発するダンナを、白い眼で見守ってくれる奥さんには感謝の念を抱かずにはいられません





さて、最近までずーっとシッティング(座ってこぐ)で走っていました



でもワタシ、気が付いてしまったんです




立ちこぎ(ダンシング)しないと、坂道を登れないって






固定ローラーにカーボンフレームを使うことはあまり良いことではないと言われながら(衝撃の関係か?)、とうとうワタシは立ち上がったわけですよ

Ob_d42cd2_alevalalconvu1414

ダンシング



ですが、ダンシングをすると大腿四頭筋(腿の前側)が10秒も持たずに攣るんです






もう立ち上がれないくらい、ヘロヘロになるんですね






どうしたものかと、いろいろ調べました





そしたらですよ、




上腕に体重がかかる乗り方はいけないんですね

P47img02_r2_c4
CYCLE SPORTS.JPより



あー、まさにこんな乗り方をしていました






正確には、シッティングから上に立ち上がってバランスが取れるところがポジションらしいです

P47img02_r2_c5

CYCLE SPORTS.JPより





手を離して立ち上がれるポジションで、脚を踏むらしいです







慣れないので、「スカッ・・・、スカッ・・・」って感じでペダルがギクシャクしています







これも練習ですね






今宵も坂を登りましょうか

1487674685632


この山なんですけどね、早い人だと20分を切って登る訳ですよ






車か!と






ワタシは50分を超えるわけですよ



乳児か!!と

2017年2月20日 (月)

非常備蓄食品の入れ替え

当院には240食/回、3日分の非常備蓄食品が配置されています


Dsc_0293


もちろん、患者さんと職員は食べる物が違うため商品数が多くなり、結果として賞味期限の管理がかなり煩雑となってしまいます





患者さんと職員の食べる物が違うというのは、美味しさとかに差がある訳ではありません





これはワタシの経験でしかありませんが、この非常備蓄食品に手を付ける事態の時には、相当な混乱が生じているはずです

患者さんは恐怖に震え、近隣住民も病院に駆け込むはずです





職員は病院に駆けつけ、看護や救護に当たります





患者さんには非常食が配られ、空腹や寒さをしのぐ対策が取られます





さて、その準備に当たるのは誰だ






病院職員です







そのため、職員用の1食目の非常食は、水(ペットボトル)、カロリーメイト、梅干しです





タイミングを見て、ポケットから取り出して食べてください

※患者さん用は、もっとおいしいものですよ




きっと、今みんなに話をしたらコロされるかもしれません





でも、そのぐらい混乱するということです

休憩所を設置するなんてことは、災害から6時間から24時間も経過しないと叶わないと思います






施設によっては、「100人分のお粥を一気に焚くことができます!」といった非常食を準備している所もあります






でも、でもですよ 熱源は? どこで調理する? 中? 外? 雨は? 雪は? 






風が吹いて、調理したものがこぼれたらどうしましょう






盛付けはどうしましょう? 器は? 箸は? スプーンは?






寝たきりの患者さんに誰が食事を届けるんでしょう?






もし、途中でつまずいて、誰かに食事がこぼれたらどうしましょう?





夏季は食中毒の危険も高まりますね







いろいろなシュミレーションの結果、当院は缶詰です






段ボールで配れるし、落としても大丈夫






何より衛生的なところがよいです







まぁこれも、担当者が変われば内容も変わるんですがね






ただ、ワタシは最悪な事態を想定できている方だと自負しています






万が一に備えて、万全の態勢で管理します




賞味期限が切れた水は、捨てちゃいけませんよ

Dsc_0294

手洗い、洗浄用に、出来る限り保管しておきましょう







次の課題は栄養士が到着していない時でも、誰でも同じように作業できる体制つくりだね

2017年2月19日 (日)

リフレッシュタイム

気分転換にお風呂にやってきました


Dsc_0286


最上川と庄内平野を一望できます


Dsc_0288

いい眺めですねぇ~




浴槽と洗い場だけのお風呂ですが、ゆっくり景色を眺めるには最高の場所です





隣接するスキー場には、多くのスキーヤーが

Dsc_0285


なかなかいい斜度ですね





余力があるときに、一度は滑ってみたいものです

2017年2月18日 (土)

下期ブロック会議

北海道・東北ブロック会議が仙台で行われました





地元と違って、空が高いっっ

Dsc_0278


会議会場も高いっっっ

Dsc_0280


17階のフロアで高さに怯えながら、ソワソワしながら会議を続けます





平成30年には診療報酬の改訂が予定されていますので、早々に対策することが必要ですね





数年後には、入院中の食事代についても値上げが検討されているようです





現在は、一般的な所得の方の食事自己負担額は360円/食です






高いですか?安いですか?妥当ですか??





コンビニやファーストフードが溢れる今、360円でお腹を満たすことは可能ですが病気の治療となると、しっかりと管理された食事が必須です





「病院食はまずい」と言われることがありますが、そりゃ、病気する前に食べていた食事とは違うでしょう




肉は出ないのか 焼肉だ、寿司だ、ビールだと騒ぎ立てる方がたまにいらっしゃいますが、なぜ病気になったのかを理解できないのかと・・。




エネルギーコントロールして、脂質も制限して、荒れた胃腸を観察しながら提供できる食事は粥しかなかろうに





一様にこういったやり取りが繰り広げられるのは、ある程度元気になってからなので安心は安心なんですけどね



ワタシも豪華な食事を提供したいけど、病気の治療をするにはコレしか方法がないんです





節制ですよ せ・っ・せ・い





「病気が治ったら好きなものを食べれますからねぇ~。でも、節制しないとまた入院しちゃいますからね」なんてやりとりをするんですがね





でも、こんなやりとりが繰り返されるのも、「食事の在り方」を十分に伝えきれていない我々の力不足だなあと感じます





がんばらないといけないね






会議終了後は、仙台名物のせり鍋に舌鼓

Dsc_0282



この根っこがおいしいんだって

Dsc_0283


具材は鶏もも肉とせりのみの超シンプル





素材のおいしさが際立ちます





こりゃ、奥さんにも食べさせてあげないとね





元気いっぱい、またがんばりますか

2017年2月17日 (金)

運の貯金

仙台国際ハーフマラソン大会の2次募集結果が届きました


Dsc_0268



さて


Dsc_0269

Dsc_0270


落ちとるがな




まぁいい。





ここで運を使うわけにはいかないのだよ






運を貯金したんだよ

2017年2月16日 (木)

到着!フィジークサドル

待ちに待ったフィジークサドル ANTARESが到着しました


Dsc_0263


箱に書かれた文字を見て、気分も高まります


ヘイ! 超高性能な上級者向けサドルだぜ



Dsc_0264


我が人生、ロードバイクと共に・・・ 的なっ





すげー分厚い説明書も入っていました

Dsc_0266


日本語の部分は4ページでしたけど





それだけ世界中のサイクリストに愛されているブランドということでしょう






ん~ コレコレ、この形

Dsc_0267


使用感はどうなんでしょう





早速取り付けしてみます






しかし、この間、奥さんは微動だにしませんね






奥さん?







奥さん??







ちょ、息してるの

2017年2月15日 (水)

学会発表の準備が整いました

2月23日、24日に岡山県で開催される、日本静脈経腸栄養学会のポスターが完成しました



1


例年この学会が年間行事の締めのようになっています





今年も無事に業務を終えることができました





よかった、よかった







と言いながら、実は日程の関係上、ワタシは出席することができません






ここまで仕上げて発表できないとは、無念の一言です






我が職場は少数職場なので仕方がありませんね






あ~、でも、発表したかったなぁぁぁ





来年は横浜で開催予定と聞いていますので、ワタシも参加できるでしょう






気持ちを入れ替えて、早速研究ネタを探しましょうか





今回の岡山へは勉強のために部下のコバが参加しますので、ワタシの代わりに発表してもらいます








シッカリ発表練習ヲシテモライマスヨ。

2017年2月14日 (火)

お見積り

営業時間が過ぎていますが、ジャックロードさんの特別な計らいで車の相談です


Dsc_0257


ある程度のオプションは相談していましたが、ここにきて衝撃の事実が






「助手席のエアバックは、全車種オプションなんだね。」






「後部ドアを自動スライドにすると窓が付かないんだね。」








仲間の力を借りて、見落とし部分を修正中です







あれもこれも欲しいけど、自分がどんな使い方をするか冷静にならないとダメだな、こりゃ






ハイエースはやっぱりバンなんだなぁ・・・、と実感しました

2017年2月13日 (月)

ヒルクライム

張り切っていってみよう





今日もZWIFTで山登りです


1486891551705



負荷が増えるわけでもないのに、画面が傾斜になるだけで心拍が上がりまくります






「意識」ってすごく大事だなぁと思います






はい こげこげぇ~

2017年2月12日 (日)

否定的な思考

マザーテレサの名言がありますね



思考に気をつけなさい、
それはいつか言葉になるから。



言葉に気をつけなさい、
それはいつか行動になるから。



行動に気をつけなさい、
それはいつか習慣になるから。


習慣に気をつけなさい、
それはいつか性格になるから。



性格に気をつけなさい、
それはいつか運命になるから。





言葉の持つ力は想像以上に大きい







・・・と信じることで、運や日々の出来事が変わっていくのかもしれないね







できない、やれない、わからない、





でも、だって、とりあえず、しょうがない。








こんな言葉は排除して、どうせやるなら明るく前向きに






「はい。やります」と言っておきたい






できるかできないかじゃない







やるかやらないかだから



144592526_624

2017年2月11日 (土)

大山新酒酒蔵まつり

噂に聞く大山酒祭りに、初めて参加しました


Dsc_0226


ちなみにワタシ、日本酒を飲むと早々にオネムになりますので、無事に帰れるか不安いっぱいです





大山駅にはJRで乗り込みます





この熱い熱気とみなさんの満面の笑顔が眩しいです


Dsc_0219


スゲー人だぜ






大山駅にも初めて立ちました





巡回バスに乗り、商工会へ直行です

Dsc_0221




ココでは4つの酒蔵の代表的なお酒を頂くことができます



Dsc_0228



スゲー人だぜ

Dsc_0230


日本酒と人混みで、酔いもグングン上昇中です





もう眠い





でも、誰も待ってくれないし





酒蔵が開放される時間が迫っていますので、急いで加藤嘉八郎酒造さんへ並びます

Dsc_0238

大粒の霰が顔面を直撃します




痛いし寒いよー




約30分並んで、ようやくたどり着きました

Dsc_0241


おちょこでクイッと引っかけて、次を急ぎます






・・・が、スゲー人
Dsc_0252


列の中間に居た知り合いに状況を聞くと、約1時間は並んでいるとのこと





我慢してなら・・ぶ??






並ぶのはムリでした

Dsc_0250


酔いも回っているし、一旦休憩で鈴木屋さんへ





さっぱりしたおいしいラーメンでした





写真撮ってないし






体も温まって気合も十分に酒蔵を目指しますが、どこも一杯で大渋滞です






それではと、お酒の神さまである松尾神社に参拝です

Dsc_0253




もう終わりに近いこともあって、役員のみなさんとお話ししながらたくさんお酒を頂きました


Dsc_0254

帰りは電車が40分以上遅れる状況でした





記憶を辿りながらなので、所々怪しい文章もありましたが言えることはただ一つ、








スキーウェアを着て行った方がエエで






庄内の2月をなめるでないぞ

2017年2月10日 (金)

サドル選び(FIZIK ANTARES)

「お尻イタイイタイ病」と「尿道痺れ病」を併発し、ロードバイクのサドル変更を検討しています




各メーカーに独自の理論があり、その形状は様々です





そんな中、ワタシが注目したのはFIZIK(フィジーク)というメーカーです






ここまで決めるのに、予想以上に時間を使ってしまった





でも、それほど神経質になるくらいサドル選びは重要だと感じています







痛みや痺れが続くと大きなストレスを抱えることとなり、その結果、ロードバイクを降りることしか考えられなくなります





集中力を欠くことは事故に直結しますので、出来る限り回避しなくてはいけません






メーカーHPより

フィジーク(FIZIK)とは

1996年にイタリアで設立した自転車パーツブランドfizik(フィジーク)は自転車に乗る人とサドルのフィット感にこだわりました。
サドルと人が接する面積が広い事が快適性に繋がるとし、体に接する面積が減ってしまう穴空きサドルは作らないなど、製品にポリシーを持っています。
また、乗り手の脊髄の柔らかさにより大きく分けて3タイプのサドルを用意しています。


アニマルタイプとは
アニマルタイプとは、サドルを選ぶ際に目安となる体の柔らかさを動物の名前に例えた分類の事です。
前屈をしてストレス無く指が足のつま先を触れるかどうかで判断します。
アニマルタイプは、体が柔らかい順に「スネーク」「カメレオン」「ブル」の3種類となります。
これを試してから、サドルを選択する参考にしてください。



Spevo_002


脊髄の柔軟性を指標にしているので、自分に合ったサドルを見つけやすいです






そして何より、納得して商品を買うことができます






ワタシの柔軟性は・・・・

Animaltype_camaleonte



中間のカメレオンですかね





そんなことで、ワタシの脊髄の柔軟性から導き出されたサドルはコチラ





FIZIK VERSUS ANTARES(フィジーク バーサス アンタレス)です

00630502_a


同商品でもラインナップが多数あり、素材の違いや軽さで金額は大きく違います







まずは、こちらを試してみたいと思います

2017年2月 9日 (木)

業務スーパーで買出し

明太子作りのために、真鱈の卵を冷凍保存しています





その間に、材料となる唐辛子を入手しなければいけません





市内のスーパーを回りましたが、置いてあるのは辛みの強い普通の唐辛子ばかり





理想的なのは、辛みとコクのバランスがよいキムチ用の唐辛子なんですが・・・





これは通販に頼るしかないのでしょうか





しかし、最後の手として立ち寄った業務スーパーで一気に問題解決です





ありましたぁ~


Dsc_0185


容量の割に値段が安いので多少不安感がありますが、まずはコレでやってみましょう






店内をぶらぶらして、おやつもGET

Dsc_0187


タイのえびせんだね

Dsc_0188


成分表示を見てください ピンボケでごめんね






成分表示の脇に(%)と書いてありますが、これは1日必要栄養量に対する割合なんですねぇ




表示は商品が発売される国に準じますので、タイの方の摂取基準ということになりますが





意外かもしれませんが日本より成分表示が厳しい国は多くて、脂質も不飽和脂肪酸やトランス脂肪酸など細かく分類されたりしています






このえびせん、お酒のおつまみでもイケそうです





そして、調味料コーナーでコレも調達しました

Dsc_0189


ナンプラーです





この匂いだけを嗅ぐと食欲が激減しますが、適量を使用するだけでいつもの料理がエスニック調に変化します





旨いんだなぁ~コレが





ワタシは辛い物とエスニック料理が大好きです





ナンプラーを使ったスープなんてイイですねぇ~






あっ






ナンプラーを使って、エスニック鍋なんて美味しそうですね






最後にライムかレモンを絞って完成!みたいな






ん?このレシピ、どこかで見たのかな・・・





ワタシの発想には無い感じです

2017年2月 8日 (水)

続・かんずり作り②

市内のスーパーで麹を入手しました


Dsc_0205



この麹に塩を混ぜて、塩切りを行います

Dsc_0209


そして、出ました赤唐辛子


Dsc_0210


念のため匂いを嗅いでみます





フゴッ こr$&%#♂~






最悪です





鼻の粘膜がヤラレマシタ






麹と赤唐辛子の融合

Dsc_0213



よーく混ぜて仕込みは完了




~原材料~


麹:400g

赤唐辛子:150g(水でふやかしたもの)

天然塩:50g

水:150cc



麹が多めでかんずりとは呼べないかもね





かんずり(風)調味料ってところかな。




妙に偽物っぽいけど




仕上がりは2020年2月を予定しています





オリンピックイヤーだね





これを食べながら、オリンピックを観戦しましょうか





がんばれにっぽん

2017年2月 7日 (火)

サドルが尻に突き刺さる

佐渡国際トライアスロンAタイプ(バイク190km)や佐渡ロングライド(210km)を完走し、ゆっくりですがロングライド恐怖症を克服しております





ですが、時々訪れる「お尻イタイイタイ病」にどのように立ち向かうのかが直近の課題でした




正確には、「尿道シビレ病」でしょうか



ジーンジーンと遠く彼方から忍び寄り、気付いた時には手遅れなあの痛みは、男子ならば一度は経験しておいて損はないと思います





そんな男子の悩みを解決するべく、各メーカーは昼夜を問わず開発に勤しんでいるわけです





発明とは素晴らしいもので、負荷のかかる部分に穴を開けたサドルやゲルを入れたタイプなど、それはそれは人類の発明は留まることを知らない訳でありますが、ナニを選べばいいのかワタシには全く分からない訳であります





そんなワタシがPCに向かい、「サドル 痛い トライアスロン」や「サドル 尿道 痺れる」といったキーワードを入力すると、日本国民が総出で情報を提供してくれます





得た情報を集約し上位3位までに商品を絞り、金銭事情を勘案した結果に得たサドルはこちら





左:新しい      右:今まで

Dsc_3139

ポジションから乗り方までが全て違うので躊躇しましたが、多くのレビューを参考にし、「尿道の痺れとおさらば!」が決定打となりコレに決めました









昨年11月に購入し、約800km(主にローラー台)を乗った感想ですが、







尿道の痺れは無くなったけど、坐骨がメッチャ痛いってことです


9c7387f6137557380c27d0db7230e73a102

ストレッチポール公式ブログより





丁度、坐骨の出っ張りがサドル先端にちょこんと乗る形になるため、乗り始めから「ズーン」という痛みが脳天に走ります






サドルを上げても下げても、前に出しても引いてもダメ






はい

分かってます









このサドルはエアロポジションで最高のパフォーマンスをするものだと

Medium_6074256473




骨盤が倒れた状態だとイイ感じなんですねぇ~







実際、下ハンを持ってローラー台を回すと、全く痛みはないですからね






じゃ、エアロポジションで乗ればいいって思うでしょ






そうなんですが、そうじゃないんです


エアロポジションを取らないロードレースやヒルクライムでは、このサドルは使いにくいってことです






そんなことで、サドル探しの旅に毎晩出かけています

ナニがいいんでしょ


金額もピンキリだし




悩むね

2017年2月 6日 (月)

明太子作り

旬の食べ物編で真鱈の子の醤油漬けを作りましたが、忘れちゃいけないモノがもう一品あります




前日に漁が行なわれていることを願って、行きつけのみなと市場へ


Dsc_0175


開店と同時(9:00)に滑り込み、お目当ての食材を目指します





宮野浦浜直売さんは、地元の新鮮な魚を取り扱っています

Dsc_0173



水揚げされたばかりの新鮮な魚が並びます

Dsc_0171


そして、スーパーよりも断然安いのです





魚は魚屋で買うのが一番ですね






お目当ての食材は・・・






あった

Dsc_0170




タラちゃんでーす



Dsc_0177


コンニチワー




とっても立派ですねぇ~

Dsc_0179




表面に見える血液は、出来るだけ取り除きます

Dsc_0180


細かい作業ですが、こうすることで生臭みを抑えることができます






アニーさんとの遭遇を避けるため、一旦冷凍します

Dsc_0184

本日の作業はここまで





今更ですが、なぜ明太子を作ろうと思ったかをお話ししないといけません。





一般的な明太子はスケソウダラの卵を使います





真鱈のデカい明太子は誰でも一度は作ることがあると思いますので、今回の目的はサイズじゃないんです






デカいデカいと騒いでいるだけじゃないんです




明太子って、「添加物のデパート」って言われているじゃありませんか





スゲー多くの添加物が使われているわけですよ





それ自体が悪いわけじゃないんです


ただ、明太子ってシンプルな食べ物なハズなんです


卵、塩、酒、唐辛子、昆布だし・・ このくらいあれば完成するハズです






美味しいものは自分で作らなければいけないってコトです







そして、そこに真鱈の子があったってコトです






良くわからないけど、次は塩漬けだね

2017年2月 5日 (日)

続・かんずり作り①

先日、雪さらしを行った赤唐辛子をすり潰します



Dsc_0195


すりこぎに入れて、ハイパワーでゴリゴリ

Dsc_0196

全く潰れる気配がありません





それならば、細かくして再挑戦

Dsc_0198


爪の間がジンジンします





良い子は手袋必須ですぞ





さて、気分を変えてゴリゴリ


Dsc_0199


ゴリゴリ・・






ゴリゴリ・・







ゴリゴリ・・









こんなんできましたけど

Dsc_0200


まだ皮が残っていますが、このくらいで許してやろう





すり潰しに要した時間は2時間です






もう疲れたヨ~





すりこぎに水を足しながら、赤唐辛子のペーストをタッパーに移します


Dsc_0202

ぐぉぉぉ





想像を絶する刺激臭に悶絶です






良い子は鼻ティッシュとゴーグル必須ですぞ







麹が入手できたら、今回の赤唐辛子ペーストと混ぜていきます

2017年2月 4日 (土)

りんごの樹の剪定

天気がいいので、りんごの樹の剪定を行います



幹も大分大きくなったね

Dsc_0190


実が成る枝は花芽と言います




注意すると葉だけが成る枝と見分けることができます

Dsc_0192


花芽を見極め、葉が成長した時に日光が良く当たるようにイメージして作業を進めます

Dsc_0193


今年はこれだけの枝を切りました

Dsc_0194



狭いスペースに植えたためエスパリエ仕立てにしていますが、これからどのようにしていくか模索中です





剪定作業は奥が深いです

2017年2月 3日 (金)

かんずり作り

「かんずり」とは、新潟県妙高市の有限会社かんずりが商標登録している唐辛子調味料である



材料には、赤唐辛子、麹、塩、柚子を使うらしい ポチッ



なぜ、かんずりを作ることになったかと言えば、我が家の唐辛子が豊作だったから




青唐辛子は味噌漬けにして、赤唐辛子はかんずりにしようと試みたのです






そういえば、青唐辛子の味噌漬けの味見をしていなかった






これは後程報告します





さて、かんずり作りですが塩漬けした赤唐辛子を雪にさらす、「雪さらし」という行程があるそうです


D4c0fc585866c88c4752ebbdf84734bc

有限会社かんずりHPより






狙ったように寒波がやってきましたので、我が家でも雪さらしをやってみます






まずは、塩漬けした赤唐辛子を取り出して、

Dsc_0157



ふむ。塩漬けだね

Dsc_0158


この赤唐辛子を酷寒の雪空に放り出すのは心が痛みます






・・・が




セッティング


Dsc_0160






赤唐辛子を適当にザルにあけます


Dsc_0159


暴風で赤唐辛子が飛んでいかないように、キレイな?雪を被せます


Dsc_0161



さあ、どのような変化を遂げるのでしょうか





雪さらしを終えたら、麹を買って次のステップに進みます





楽しみですねぇ~

2017年2月 2日 (木)

冬のピーク

冬型が少し緩んだと思ったら、一気に逆戻り


Dsc_0156


冬の庄内を満喫できます



今朝の気温は-4℃




内陸部では40㎝の降雪が予想されています

青空が顔を覗かせては猛吹雪の繰り返し

Dsc_0155


話は変わって、2月4日は立春ですね





もう春はそこまで来ています





卒業、就職、入学など、春は人生の転機でもありますね





立春と言えば、「立春大吉」という言葉を聞いたことがあるでしょうか





その一年がいい年であるようにと願いを込めて掲げる言葉ですが、この文字を縦に書くと何か気づきませんか









は真ん中に線を入れると左右対称なんですね




立春大吉にはこんな逸話があります。




その昔、立春大吉と書かれたお札が貼ってあった家に鬼が入り込みました




鬼がふと振り返ると、家に入る時に見えた立春大吉の文字が見えるじゃありませんか




この時、鬼は立春大吉の文字を裏側から見ていたんですね





あれ?オレ、まだ家に入ってなかったっけ?と鬼は思い込み、家から出て行ってしまったそうです





そんなことから、立春大吉のお札を貼っていると厄除けになると言われているそうです






全ての事には理由があるんだなぁと感心しました

続きを読む "冬のピーク" »

2017年2月 1日 (水)

一ヶ月終了

2017年の年明けから、あっという間に一ヶ月が経過しました



時間を意識して生活しないといけませんね



さて、年明けから始めたことにZWIFTがあります



仮想空間を自転車で走る訳ですが、雪が多いこの地方にはもってこいのトレーニング方法だと思います



そこでワタシは、10%越えの山岳を走ったりしているわけですよ

1485863765872


いちいち記録が出るんですが、昨日登った山はケツから数十番目でしたから




タイムを比べると、トップと30分の差がある訳ですよ





キミたちは車かと・・・





重力とかは関係ないのかと・・・





まぁ、ワタシはダイエットを目標に走っていますからタイムは二の次なんですけど、後ろから隣国の方が追いかけてくるとダッシュで逃げるわけですよ




→ 逃げる → 捕まる → 抜かれる → バテる → 凹む   みたいに繰り返す訳です





さて、一ヶ月の成果はどんなもんでしょう




距離:527km

走行時間:24時間



累積標高:6000m




ん~





プロになると、3000km/月くらいは走るそうです





キミたちは車かと・・・





まだまだ走りが足りないね





ちょっと背中のお肉が薄くなった気がするけど、気のせいかな






体重減ってないし






今月は、600kmを目標にしよう






RIDE ON

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

日にち

  • イチゴdeカウントダウンブログパーツ

マイワークアウト

Strava

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ